いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

skin by illcommonz
▼じゆうと へいわの ための きょうだい ゆうしの かいの せいめい

じゆうと へいわの ための きょうだい ゆうしの かいの せいめい (こどもばん)

わたしの『やめて』

くにと くにの けんかを せんそうと いいます

せんそうは 「ぼくが ころされないように さきに ころすんだ」
という だれかの いいわけで はじまります
せんそうは ひとごろしの どうぐを うる おみせを もうけさせます
せんそうは はじまると だれにも とめられません

せんそうは はじめるのは かんたんだけど おわるのは むずかしい
せんそうは へいたいさんも おとしよりも こどもも くるしめます
せんそうは てや あしを ちぎり こころも ひきさきます

わたしの こころは わたしのもの
だれかに あやつられたくない
わたしの いのちは わたしのもの
だれかの どうぐに なりたくない

うみが ひろいのは ひとをころす きちを つくるためじゃない
そらが たかいのは ひとをころす ひこうきが とぶためじゃない

げんこつで ひとを きずつけて えらそうに いばっているよりも
こころを はたらかせて きずつけられた ひとを はげましたい

がっこうで まなぶのは ひとごろしの どうぐを つくるためじゃない
がっこうで まなぶのは おかねもうけの ためじゃない
がっこうで まなぶのは だれかの いいなりに なるためじゃない

じぶんや みんなの いのちを だいじにして
いつも すきなことを かんがえたり おはなししたり したい
でも せんそうは それを じゃまするんだ

だから
せんそうを はじめようとする ひとたちに
わたしは おおきなこえで 「やめて」 というんだ

じゆうと へいわの ための きょうだい ゆうしの かい

------------------------


# by illcommonz | 2015-07-30 12:30
▼「安倍政権NO!☆0724首相官邸包囲」

▼「安倍政権NO!☆0724首相官邸包囲」予告篇


http://abe-no.net/
# by illcommonz | 2015-07-22 23:29
▼[旧国立競技場問題] なにを勝手にきめて、なにを犠牲にしたの、恥もしらず

▼松任谷由美 「ノーサイド、夏、空耳のホイッスル」 (in 旧国立競技場)

 彼は目を閉じて
 枯れた芝生の匂い
 深く吸った

 彼はもう二度と
 嗅ぐことのない風
 深く吸った

 なにをゴールにきめて
 なにを犠牲にしたの
 誰も知らず

「森氏、自らの責任否定 新国立競技場問題」
 「2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相は21日、東京都内の会合で、新国立競技場の総工費が大幅に膨らんだ問題に関し「組織委はどこで競技をするかを決めるのであって、競技場を造る立場にはない」と述べ、自らの責任を重ねて否定した。」(共同通信 2015年7月22日)

 なにをいまさら、勝手にきめておいて、どれだけのものを犠牲にしたんだ、この恥しらずども。
# by illcommonz | 2015-07-22 01:34
▼「安倍首相へのメッセージ」 イルコモンズ(現代美術家)

▼「安倍首相へのメッセージ」トップページ
http://abe-no.net/approval/


【宛名:安倍晋三】
たかが、そうりだいじん、ごときの、ぶんざいで、けんぽうを、かってに、かえようだなんて、おもいあがるのも、いいかげんにしたまえ、あべくん。もういちど、いおう。た・か・が・そ・う・り・だ・い・じ・ん・ご・と・き・の・ぶ・ん・ざ・い・で、けんぽうを、かってに、かえようだなんて、おもいあがるのも、いいかげんにしたまえ、あ・べ・く・ん。

イルコモンズ(現代美術家)

# by illcommonz | 2015-07-20 14:08
▼「安倍の夏、辞任の夏」

▼「安倍の夏、辞任の夏」(音楽 ヴィヴァルディ作曲「四季」より「夏」)

▼「安倍内閣、不支持が上回る」 
 「毎日新聞は4、5両日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は5月の前回調査から3ポイント減の42%、不支持率は同7ポイント増の43%で、2012年12月の第2次安倍内閣発足後初めて、支持と不支持が逆転した。」(毎日新聞 2015年7月6日)

▼「内閣支持率急落35% 不支持51%」
 「毎日新聞は17、18両日、安全保障関連法案の衆院通過を受けて緊急の全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は今月4、5両日の前回調査より7ポイント減の35%で、第2次安倍内閣発足後で最低となった。不支持率は前回より8ポイント増の51%と初めて半数に達した。」(毎日新聞2015年7月19日)
# by illcommonz | 2015-07-19 15:44
▼(3連休中)

# by illcommonz | 2015-07-19 13:48
▼[リア篇] シールズvsアベ 【スコアボード】 (第2ステージ 2015年7月15日調べ)

# by illcommonz | 2015-07-19 09:47
▼おしらせ

# by illcommonz | 2015-07-16 08:06
▼「民主主義ってなんだ」「民主主義ってこれだ」

▼石田昌隆@masataka_ishida
「国会前。「強行採決絶対反対」「憲法守れ」「安倍は、やめろ!」「言うこと聞かせる番だオレたちが」「なんか自民党感じ悪いよね」「民主主義ってなんだ」「Tell me what democracy looks like?」(石田昌隆 2015年7月15日)




# by illcommonz | 2015-07-16 08:03
▼KEEP CALM AND OVERFLOW

ゆっくりと、しずかに、でも、確実に。
うらみではなく、民主主義への愛をこめて。

(こどもたちの安全を優先で)
# by illcommonz | 2015-07-15 19:57
▼NHK終了

NHKは、本日正午に終了いたしました。この国にふたたび民主主義がもどるまで、みなさま、ごきげんよう、さようなら、ザーーーーーーーーーーーーーーーー

NHK、質疑生中継せず 安保法案、特別委
 「NHKは15日午前、安全保障関連法案の審議が行われた衆院平和安全法制特別委員会の質疑の模様を生中継しなかった。採決の様子は正午のニュースを延長して伝えた。NHKは委員会中継について「国民的な関心が高い重要案件を扱う委員会の質疑であることや、各会派が一致して委員会の開催に合意することなどを適宜、総合的に判断して放送している」と説明。「審議の内容は各時間帯のニュースで詳しく伝える」としている。一方、衆院のインターネット中継にはアクセスが集中し、つながりにくい状況が続いた。」

# by illcommonz | 2015-07-15 12:28
▼ディス・イズ・ワット・クーデター・ルックス・ライク

もちろん、その「最高責任者」は、あべしんぞう。ぜったいに責任をとらない、最低、最悪、最劣の愚相。



# by illcommonz | 2015-07-15 12:00
▼民主々義の夜のルックス


 このとき、ヘリで中継していた白石さん(アワプラネットTV)が、思わず「すごいきれい」って口にしたけど(3分6秒目)、ほんとに、きれいだと思う。そして、まさにこれが「ディス・イズ・ワット・デモクラシー・ルックス・ライク(=民主主義のすがたってこういうもの)」だと思う。
# by illcommonz | 2015-07-15 01:46
▼[連続ドラマ] 「民主々義(みんしゅしゅぎ)の風景(ふうけい)」

「あら、こんな時間に、親子でどちらへおでかけ?」
「いやね、うちの坊主が「国会前にいきたい」っていうもんで、これから国会前にね。」
「あら、まぁ、いいわね、いってらっしゃい、ほんとの民主主義をみてらっしゃい。」
「うん。」


「おかあさん、あのねぇ、、、、わたし、、、」
「いわなくたって、わかってるわよ、国会前に行きたいんでしょ、いっといで。」
「ありがとう、おかあさん。」


「きみたちには、まだ話してなかったけど、先生はね、、、」
「知ってるよ、「安全保障関連法案に反対する学者の会」なんだろ。」
「クラスのみんな知ってるよ。」
「そうか、では、あとは察してくれたまえ、今日のお昼の授業は、」
「おやすみだね、いいよ、がんばれ、せんせい!」
「あべはやめろ!あべはやめろ!」


「それでは、まいりましょうか。」
「はい、おねえさん」


「自民党って、なんか感じ悪いよね。」
「SEALDsって、なんか感じいいよね。」
「あたしらも、国会前、いっちゃおうか?」
「うん、いこう、いこう。」


「ねえ、おねえちゃん、ぼく、大きくなったら、SEALDsになるんだ。」
「あたしも!」


「国会前に、いくぞ、みんなついてこい!」
「うおぉおおおぉぉ!!!!」


(都内の大学は臨時休講か短縮授業)


(家でお留守版のおばあちゃんは、自民党本部にガンガン電話)

という感じで、全世代・全クラスタの大人たちも、若者に「UNITE」しましょう。



------------------------------------
[追記1] 以上は、下のツイートをみて想像したことをヴィジュアル化したものです。

いま、日本のあちこちで、こういうちいさなドラマが展開してると思うと、眠れません。みなさんも、ぜひ、やってみませんか。簡単にできますよ。そして、泣いても笑っても、最後に勝つのは、どこにでもいる、わたしたち、「民」なのです。

----------------------------------
[追記2]
もし「とりもどしたい日本」というものがあるとすれば、こういう感じかな。
# by illcommonz | 2015-07-14 22:29
▼「安倍晋三劣伝」

「宮崎駿監督が安倍首相を批判「歴史に名前を残したいのだと思うが、愚劣だ」
 「沖縄県名護市辺野古への米軍普天間飛行場の移設に反対する「辺野古基金」の共同代表に就任したアニメ映画監督の宮崎駿さん(74)が7月13日、東京都内で記者会見を開いた。質疑応答で、記者から安保法案の成立を急ぐ安倍晋三首相について問われると、宮崎さんは「憲法解釈を変えた偉大な男として歴史に名前を残したいのだと思うが、愚劣なことだ」と批判した。
 宮崎さんは「となりのトトロ」や「千と千尋の神隠し」などのヒット作で知られる映画監督。2013年に長編アニメの制作からの引退を表明したが、現在は「毛虫」をテーマにした短編アニメの制作に取り組んでおり、「引退前とあまり生活は変わっていない」という。
 今年5月には、辺野古移設の反対運動を支援する「辺野古基金」の共同代表に就任した。宮崎さんは「沖縄の人の過半数以上が辺野古に基地を作ることに反対している。これから困難な道があるが、永続的にあらゆることをやっていく」「僕は辺野古に埋め立ての基地をつくることは反対だ」と述べた。
 会見の質疑応答では、憲法違反の指摘を受けながらも、安保法案の成立を急ぐ安倍首相について、記者から質問が出た。宮崎さんは「私と逆の考えだ。軍事力で中国の膨張を止めることは不可能で、もっと別の方法を考えるために、日本は平和憲法を持ったのだと思う」「憲法解釈を変えた偉大な男として歴史に名前を残したいのだと思うが、愚劣なことだ」と語った。
 さらに、「なぜ日本人は憲法を大事にしているのか」という質問に対しては、「15年にわたる戦争は、惨憺たる経験を日本人に与えた。平和憲法は光が差し込むようなものだった」「平和憲法は(第一次大戦後の)不戦条約の精神を受け継いだもので、必ずしも、歴史的に孤立したものだったり、占領軍から押し付けられたものとはいえない」と答えていた。」




「山口二郎法大教授「安倍首相は劣情で国民を道連れにするな」

 安保法制の原動力は、外務省と安倍首相、2つの劣等感なんですよ。

―安倍首相の劣等感とは、やはり祖父を何としても超えたいというコンプレックスですか。

 そう。グランドファザー・コンプレックスとでもいうのかな。安倍首相は一族内ではお利口サンではないから、幼い頃から周囲にバカにされてきたんじゃないですか。その積年の恨みを祖父を超えることで晴らしたいわけです。祖父がやりたくても出来なかったことを実現することでね。そんな個人的な劣等感と、武力行使を放棄した戦後日本に対する劣等感とが、安倍首相の心の内でぴったり融合しているような印象です。

―となると、安倍首相を突き動かしているのは何でしょうか?

 劣情です。参加しなくてもいい戦争に進んで参加し、無駄に敵をつくっていけば、いつか必ず日本の国内でもテロが起きますよ。安倍首相が劣情を抱くのは勝手ですが、国民を道連れにするなと言いたい。」
# by illcommonz | 2015-07-13 23:52
▼7月15日、この日なんの日

 「政府の強硬な姿勢を受けて、反安保闘争は次第に反政府・反米闘争の色合いを濃くしていった。岸は「国会周辺は騒がしいが、銀座や後楽園球場はいつも通りである。私には“声なき声”が聞こえる」と沈静化を図るが、東久邇・片山・石橋の3人の元首相が岸に退陣勧告をするに及んで事態は更に深刻化し、アイゼンハワーの訪日は中止となった。
 6月15日には、ヤクザと右翼団体がデモ隊を襲撃して多くの重傷者を出し、国会構内では警官隊とデモ隊の衝突により、学生の樺美智子が圧死する事故が発生。
 6月15日と18日には、岸から自衛隊の治安出動を打診された防衛庁長官・赤城宗徳が拒否。安保反対のデモが続く中、一時は首相官邸で実弟の佐藤栄作と死を覚悟する所まで追いつめられた。
 6月18日深夜、条約の自然成立。
 6月21日には批准、昭和天皇が公布した。新安保条約の批准書交換の日の6月23日、混乱の責任を取る形で岸は閣議にて辞意を表明する。
 7月14日、岸は暴漢に刺され、重傷を負った。
 7月15日、岸内閣は総辞職した。岸は「安保改定がきちんと評価されるには50年はかかる」という言葉を残している。」(ウィキペディアより)



 因果はめぐる。

----------------------------
「<安保関連法案>15日の衆院委で採決へ 谷垣氏表明」
 「自民党の谷垣禎一幹事長は13日の党役員会で、集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案を15日の衆院平和安全法制特別委員会で採決する意向を表明した。政府・与党は16日か17日の衆院本会議で採決し、参院に送付する構え。野党側は採決の強行に強く反対しており、与野党の攻防はヤマ場を迎えている。
 安倍晋三首相は役員会で「私も丁寧に説明してきて、理解は進んできたと思う。各議員の協力でさらに理解を得られるようにしていきたい」とあいさつした。
 谷垣氏は役員会後の記者会見で、「もう論点は出尽くしている。賛成と反対の視点が固まっていれば、同じ事の繰り返しになる」と語り、採決の環境は整ったとの認識を強調。15日中に採決するか問われ、「そろそろそういう日程かなと思う」と答えた。衆院での審議時間は政府・与党が想定していた80時間を上回り、110時間を超えた。これに対し、民主党の枝野幸男幹事長は記者団に「到底採決なんかできる状況じゃない。各地で安保法制止めろというのが大きなうねりになっている」と述べ、採決は時期尚早と主張。共産党の山下芳生書記局長は記者会見で「今週中に強行しようとしているのは言語道断だ。憲法違反の法案はいくら審議しても憲法違反で合憲に変わることはない」と訴えた。
 関連法案を審議している特別委は13日の理事会で、14日午前に一般質疑を行うことを決めたが、民主党と共産党は同日が委員会の取り決められている開催日ではない火曜であることを理由に欠席。与党は14日の理事懇談会で、15日の締めくくり質疑と採決を提案する予定だ。14日午後には、自民、公明、維新の3党が維新の対案について2回目の協議を行う。維新は13日、自公両党に対案の修正を説明したが、自民党幹部は「まとめる、まとめると言って先延ばししているだけだ」と受け入れに否定的な見方を示した。」(毎日新聞 2015年7月13日)
# by illcommonz | 2015-07-13 23:17
▼SEALDs「戦争法案強行採決に反対する国会前緊急抗議行動」

UNITE! The People UNITED Will NEVER NEVER NEVER NEVER be defeated.
(つながろう、人びとがつながれば、決して、決して、決して、決して、まけることはない)

# by illcommonz | 2015-07-13 23:10
▼ジャポニカ学習帳「みんしゅしゅぎ」

これでつくりました。

▼ジャポニカ学習帳ジェネレータ
http://genege.net/?p=206

-------------------
[追記] 自分としてはこれも好き。



# by illcommonz | 2015-07-13 22:59
▼「安倍政権NO!0724首相官邸包囲」予告篇


▼「安倍政権NO!0724首相官邸包囲」予告篇
[監修] Misao Redwolf
[映像] 首都圏反原発連合/正しい報道ヘリの会/The River/UPLAN
[編集] イルコモンズ
[制作] 安倍政権NO!☆実行委員会

 実行委員会から依頼されて、一晩でつくりました。この予告篇をみて、あの夜のことを思い出したり、あるいは、この予告篇をみて、そんなことがあったということをはじめて知り、24日はもちろんのこと、今週の国会前抗議にも足を運んでくれる人がいたらいいなと思いながら編集しました。拡散おねがいします。

--------------------------
[追記] 映像はすべて使用許諾済みです。使用した楽曲は、「KLF(=著作権解放戦線)」のマキシシングルCDに収録されていた「AMRICA NO MORE」で、このCDは海外でも国内でもずっと廃盤なので、著作権侵害のない音源です。後半のMCは、3月の「安倍政権NO0322大行動」のときのSEALDs(当時はSASPL)のホンマくんのスピーチ。
# by illcommonz | 2015-07-13 13:30
▼シールズvsアベ 【スコアボード】(リア篇/ネト篇)

▼[リア篇] シールズvsアベ 【スコアボード】 (第1ステージ 2015年7月10日調べ)

「安保関連法案:シールズの国会前集会に1万5000人以上」(※注目動画あり)
 「安全保障関連法案に反対する大学生らで作る「自由と民主主義のための学生緊急行動(SEALDs=シールズ)」が呼びかけた国会前集会が10日夜、あった。子連れから学生、高齢者まで、幅広い世代が国会正面近くの歩道にあふれ、主催者発表で1万5000人以上が集まった。参加者らは「GIVE PEACE A CHANCE」と書いたプラカードを手に「戦争法案反対」などと声を上げた。学生らは毎週金曜日の午後7時半から抗議集会をしているが、強行採決が予想されることから15日の午後6時半からの国会前での集会を急きょ計画している」(毎日新聞 2015年7月10日)


「国会前で大学生ら抗議 「安保法案、強行採決許さない」
 「与党が安全保障関連法案の衆院での採決を目指すなか、都内の大学生らでつくる「SEALDs」が10日、東京・永田町の国会前で「強行採決は許さない」と訴えた。国会議事堂前から左右に続く歩道は「PEACE NOT WAR」などと書いた色とりどりのプラカードを持った参加者で埋め尽くされた。若者だけでなく、子どもを連れた母親や高齢者の姿も見られた。千葉市内の高校生、長谷川祐佳さん(16)は初めて来た。「テレビで国会審議を見ていても、政治家が命を軽く見ているような気がして怖くなった」と話した。午後10時が近づくころ、現場では「(参加者は)1万5千人を超えました」とアナウンスがあった。京都市内でも10日、関西の学生を中心とした「SEALDs KANSAI」が街宣活動をした。」(朝日新聞 2015年7月11日)



▼[ネト篇] シールズvsアベ 【スコアボード】 (第1ステージ 2015年7月10日調べ)

 このスコアで、よくそんなことがいえるもんだ。

「安保法案採決へ「議論深まった」…首相が認識
 「安倍首相は10日、衆院平和安全法制特別委員会の集中審議で、安全保障関連法案について、「(与党が採決の目安としていた)80時間を超える審議を通じて議論が深まった。決めるべき時には決めていただきたい」と述べ、採決環境が整ったとの認識を示した。政府・与党は早ければ15日の特別委採決、16日の衆院通過を目指している。民主、維新両党は、自ら提出した対案のさらなる審議を求めており、採決日程を巡る与野党の攻防は来週ヤマ場を迎える。この日は法案審議と並行して、対案についての初めての質疑も行われた。グレーゾーン事態への対処について定めた民主、維新両党による領域警備法案について、首相は「新たな法整備が必要とは考えていない」と述べ、現行法の運用改善で対応可能との認識を示した。」(時事通信 2015年07月10日)
# by illcommonz | 2015-07-11 21:29