いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼【おしらせ】 この投稿記事には東京電力の電気は一切含まれておりません。
d0017381_17345883.png
【おしらせ】 この投稿記事には、東京電力の電気は一切含まれておりません。

 小売電気事業者:東京ガス株式会社
 契約成立日:平成28年1月23日
 需給開始日:平成28年4月21日
 料金メニュー:ずっとも電気1
 供給電圧:単層2線式100V・200V
 契約電流:30A


 さよおなら、さよおなら、さよおなら、東京電力、ひゅぅうぅぅうぅ。。。。
# by illcommonz | 2016-04-30 17:35
▼[ただいま、Twitterにきりかえています]
d0017381_1353755.jpg
https://twitter.com/illcommonz
現在、Twitterに一時的にきりかえています。

--------------------------

【日本国内のスマートフォン契約台数】
 2011年3月 東日本大震災 発災時 約10,000,000台
 2016年4月 九州大震災 発災時  約70,000,000台 (約7倍増)

【Twitterの国内ユーザー数】
 2011年3月 東日本大震災 発災時  約6,700,000人
 2016年4月 九州大震災 発災時   約35,000,000人(約6倍増)
# by illcommonz | 2016-04-30 13:54
▼[おぼえがき] 子どもと支援者のこころのケア
d0017381_2142911.jpg
【子どものこころのケア】

 「子どもは、自分のこころの状態を客観的に把握することが難しく、自分からこころのケアが必要であると言い出すことは困難です。また災害に際して、子どもたちは何が起こっているのかを理解しにくく、そして今後どうなるのかについての見通しも立てにくいことから、大人とくらべても、ストレスの度合いが高くなります。

 しかし、こうした状態をうまく口にできないため、災害を体験した多くの子どもたちのこころと身体には、たとえば、「赤ちゃんがえり」や「おねしょ」といったいろいろな変化が起こります。一方で、安心して安全に遊べる場を確保し、そこでの遊びを通して気持ちを発散することで、安定したこころの状態を取り戻すことができるのが、大人との大きな違いです」

[対応方法]

・行動に変化があっても、むやみに叱ったり、つきはなしたりせず、受け止めてあげましょう。

・ 気をつかうがんばり屋のお子さんは、負担が大きくなりすぎないよう気をつけてあげてください。

・現在起きている症状は、誰にでも起きるもので、その子のせいでないこと、恥ずかしいことではないと説明しましょう。

・一緒にいる時間を増やしましょう。

・子どもが話すことは、否定せずに聴いてあげましょう。

・ただし、話したくないときには無理に聞き出さないようにしましょう。

・抱きしめてあげるなど、スキンシップの機会を増やしましょう。

・災害体験を遊びとして繰り返すことは、本人が落ち着いていくプロセスです。無理に止めないようにしましょう。

d0017381_21444580.jpg
【支援者のこころのケア】

 「被災者のケアにあたる支援者は、自身が被災者であることも多く、また外部から入った支援者についても、災害体験を被災者から聞き、悲惨な状況を目撃することで精神的打撃を受け、こころや身体に様々なストレス反応がでることがあります。被災者と同様、支援者には、以下のような反応が生じることがあります」

・熟睡できない、眠れない等の睡眠障害

・動悸、胸痛、胸苦しさ

・ものごとに集中できない

・気分の落ち込み

・イライラしやすくなる

・涙もろくなる

・食欲不振/食欲過多

・疲れやすくなる

・強い罪悪感を持つ

・無力感を感じる

・頭痛や胃腸の調子が悪い等の身体症状

 「災害時に、支援者にも不安や抑うつの反応が生じることは、恥ずべきことではなく、適切に対処すべきであることを承知しておくことが有効です」

[出典] 「被災者のこころのケア 都道府県対応ガイドライン」(内閣府 平成24年3月作成)
(PDF版) http://www.bousai.go.jp/taisaku/hisaisyagyousei/pdf/kokoro.pdf
# by illcommonz | 2016-04-25 21:46
▼大妻女子大学 メディア文化演習「震災の文学をよむ」
d0017381_14373379.jpg
[左] 藤田東湖「天祥正氣歌」[右] 島崎藤村「夜明け前」

▼「日本書紀」(→推古地震 599年)
 「推古天皇七年夏四月乙未朔辛酉 地動 舎屋悉破 則令四方 俾祭地震神」(七年の夏四月の乙未の朔辛酉に地動りて舎屋悉に破たれぬ則ち四方に令してなゐ(地震)の神を祭らしむ) 【地鎮】

..................................

▼鴨長明「方丈記」(→京都大地震 1185年)
 「山くづれて川を埋み、海かたぶきて陸をひたせり、土さけて水わきあがり、いはほわれて谷にまろび入り」

 「人皆あぢきなきことを述べて、いささか心のにごりもうすらぐと見えしほどに、月日かさなり年越えしかば、後は言の葉にかけて、いひ出づる人だになし」(同上) 【記憶の風化】

..................................

▼島崎藤村「夜明け前」(→安政地震 1855年)
 「寅年六月の地震の時だって、こんなじゃなかった。」
 「いや、こんな地震は前代未聞にも、なんにも。」
 天変地異に驚く山の中の人たちの間には、春以来江戸表や浦賀辺を騒がしたアメリカの船をも、長崎から大坂の方面にたびたび押し寄せたというオロシャの船をも、さては仙洞御所の出火までも引き合いに出して、この異変を何かの前兆に結びつけるものもある。夜一夜、だれもまんじりとしなかった。翌日は雪になったが、揺り返しはなかなかやまなかった。
 「九太夫さん、どうもわたしは年回りがよくないと思う。」
 「どうでしょう、年を祭り替えることにしては。」
 「そいつはおもしろい考えだ。」
 流言。流言には相違ないが、その三月は実に不吉な月で、悪病が流行するか、大風が吹くか、大雨が降るかないし大饑饉が来るか、いずれ天地の間に恐ろしい事が起こる。もし年を祭り替えるなら、その災難からのがれることができる。こんなうわさがどこの国からともなくこの街道に伝わって来た。」【流言】
..................................

▼藤田東湖「天祥正氣歌」(185X年)
 「天地有正氣 雜然賦流形 時窮節乃見 一一垂丹青」(天地には、正気(せいき)がある。それは雑然として、かたちをなさないまま、この世にある。しかし、動乱の時代には、正気をもととする節義があらわれて、そのひとつひとつが歴史に残る。 【節義】

..................................

▼夏目漱石「人生」(1896年)
 「もし人間が人間の主宰たるを得るならば、もし詩人文人小説家が記載せる人生の外に人生なくんば、人生は余程便利にして、人間は余程えらきものなり、不測の変、外界に起り、思ひがけぬ心は、心の底より出で来る、容赦なく、かつ、乱暴に出で来る、海嘯と震災は、ただに三陸と濃尾に起るのみにあらず、また自家三寸の丹田中にあり、険呑なる哉」 【思いがけぬ心】

..................................

d0017381_1438174.jpg
[左] 田山花袋「東京震災記」 [右] 村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」

▼田山花袋「東京震災記」(→関東大震災 1923年)
 「自然というものは、どうしても深く考えて見なければならないものである。自然を考えずに、人間のことばかりを考えると、理想にばかり向って進んでいると、こういう災禍に接した時に、天を恨んだり神を呪ったりしなければならなくなる。」【人間と自然】

..................................

▼寺田寅彦「震災日記より」(→関東大震災 1923年)
 「帰りに追分辺でミルクの缶やせんべい、ビスケットなど買った。焼けた区域に接近した方面のあらゆる食料品屋の店先はからっぽになっていた。そうした食料品の欠乏が漸次に波及して行く様が歴然とわかった。帰ってから用心に鰹節、梅干、缶詰、片栗粉などを近所へ買いにやる。何だか悪い事をするような気がするが、二十余人の口を託されているのだからやむを得ないと思った。」【罪悪感】

..................................

▼村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」(→阪神淡路大震災 1995年)
「そんなことを言い出したら、もっと前に報いを受けて然るべきだったのだ。僕のまわりでこそ、都市は激しく崩れ去るべきだったのだ。」【報い】

..................................

▼村上春樹「カタルーニャ文学賞受賞スピーチ」(→東日本大震災 2011年)
「今回の大地震で、ほぼすべての日本人は激しいショックを受けましたし、普段から地震に馴れている我々でさえ、その被害の規模の大きさに、今なおたじろいでいます。無力感を抱き、国家の将来に不安さえ感じています。でも結局のところ、我々は精神を再編成し、復興に向けて立ち上がっていくでしょう。それについて、僕はあまり心配してはいません。我々はそうやって長い歴史を生き抜いてきた民族なのです。いつまでもショックにへたりこんでいるわけにはいかない。壊れた家屋は建て直せますし、崩れた道路は修復できます。結局のところ、我々はこの地球という惑星に勝手に間借りしているわけです。どうかここに住んで下さいと地球に頼まれたわけじゃない。少し揺れたからといって、文句を言うこともできません。ときどき揺れるということが地球の属性のひとつなのだから。好むと好まざるとにかかわらず、そのような自然と共存していくしかありません。」
【共存】
# by illcommonz | 2016-04-25 14:41
▼大妻女子大学 映像・演劇の世界「震災時のMAD映像をみる」
d0017381_13542297.png
【総統閣下シリーズ】(そうとうかっかしりーず)
 「総統閣下シリーズとは、2004年のドイツ映画「ヒトラー最期の12日間」に「嘘字幕」や「空耳字幕」をつけたMAD動画の連作である。映画の中で、追いつめられたヒトラーが側近たちとの会議の席で激昂するシーンがパロディの素材として使われている。当初、ドイツ語を英語字幕に置き換えた動画がYouTubeに投稿されて話題となり、一時は著作権法違反のクレームにより禁止の動きもあったが、2010年10月にYouTubeは、方針を転換し、これらの動画をブロックすることをやめた。監督のオリバー・ヒルシュビーゲルは、一連のパロディ作品に対して好意的な姿勢を示しているという。日本では「総統閣下シリーズ」と呼ばれ、社会やネットで話題となっている時事ニュースや流行などをとりあげた風刺作品やナンセンス作品が数多く存在する。」(ウィキペディア他から抜粋)


▼「総統閣下はスマホにお怒りのようです」(2012年)


▼「ヒトラー最期の12日間」オリジナル日本語字幕


▼「ヒトラー最期の12日間」予告編 
 「過去、長きにわたって、独裁者ヒトラーの人間性を正面から描くことは、世界中で暗黙のタブーだった。そのタブーを、当事国のドイツが自ら破った問題作。1945年4月20日、ソ連軍の砲火が押し寄せるベルリン。ヒトラーとその側近たちは、総統官邸の地下要塞に避難していた。もはや敗戦を疑う者はいなかったが、正常な判断力を失ったヒトラーは、わずかに残った軍勢に戦況の挽回を命じ、惨状をさらに悪化させてゆく。狂気の独裁者を前に、選択を迫られる側近たち。」


▼「くまモン総統閣下は自公政権の熊本地震対応にお怒りのようです」(2016年)
 「映画と同様、ブルーノ・ガンツ演じる「総統閣下」の人間性を描くことは、このシリーズの暗黙のタブーだった。そのタブーを破った異色作」

[参考2]
d0017381_1341295.jpg
▼米国TV番組「ザ・デイリーニュース」のテロップ
 「この番組は、ニュース・パロディであり、事実確認は取れていません。リポーターはジャーナリストではありません。ここでの意見は完全に考え抜かれたものではありません。」(「ザ・デイリー・ショウ」)

[参考2]

▼「うちのぽぽぽぽーんがおかしい、」(2011年)
 ※東日本大震災の際につくられたMAD動画
# by illcommonz | 2016-04-25 14:01