Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「警告!騒がないものは全員逮捕する!」
d0017381_1817255.jpg
「全員に警告する、おとなしくするな、騒がないものは、みんな、この場で逮捕する!」

「この世に違法な音などひとつもない、すべての音は等しくウルサイ」。ただ、それを楽しめない連中がいるだけだ。したがって我々は警告する。静かな通りではとびっきり派手に警笛を吹き鳴らすこと。誰にむかって?それは、おとなしく、お上品で、お行儀のよいジェントルな街にむかってだ!警笛を鳴らせ!ドラムを打ち鳴らせ、そのiPodとかいうシャカシャカいう耳栓をはずし、いま・ここにある音を聞こう。ハイホー!騒げ、踊れ、たのしめ、バカになれ!こどもたちはみんな目をまるくしろ。そして、ママとパパたちにいいつけろ。「私もあれがしたい!僕もあれがしたい!と」!・・・というのが、ラディカル・マーチングバンドの年に一度の路上の祭典「ザ・ホンク・フェスティヴァル」(*「ホンク」は「警笛」の意味)。



d0017381_1961194.jpg
d0017381_1963370.jpg
d0017381_1965542.jpg
d0017381_1971890.jpg
d0017381_1975053.jpg
d0017381_1981348.jpg
「ここに集まってるのは、だいたいみんなアクティヴィスト、プロテスター、あと、結構マジなアナーキスト、それと、ストリートミュージシャンたち、基本的にみんなアマチュア、でも、それがデモクラシーなんだよ。」「ウィー・シャル・オーバー・カム」なんてもうやりたくないのよ、なんか、こう、もっと、みんながワーっと情動的にもりあがる、そういう音がいいのよ。」「こどもたちがみんな、こんな顔して見てるの。」と、だいたいそんなことを云ってる。ウソだと思うなら、いや、ウソだから、自分の目でみてごらん、自分の耳できいてごらん。

▼「HONK! No Noise is illegal」
http://irregularrhythmasylum.blogspot.com
(IRAブログ「 HONK! No Noise Is Illegal (違法な音なんてない) 」より *動画あり)

そう、これが民主主義。車ではなく、民が主である、路上の民主主義。
自民党の"民"や民主党の"民"とは何の関係もない、ほんとの民主主義。

おとなしくするな、騒がないと逮捕するぞ!

こういう常識や規則の反転こそ、カーニヴァルの醍醐味。
いいな、参加したい。パパとママにいいつけて、参加したい。
[PR]
by illcommonz | 2009-09-12 19:20
<< ▼「新型インフルエンザ反対!ウ... ▼セプテンバー・フィフティーンの後に >>