Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼もくもくモブ専用パッケージ
d0017381_16583645.jpg
今日の「もくもくフラッシュモブ」では、いつも自分が吸ってる、ふつうのタバコを、いつものように、ふつうに吸うつもりなのだが、JTの宣伝はしたくないので、自前のパッケージをこしらえた。いまはもう販売されてない、昔の「いこい」の広告をアレンジしてつくってみた。イルコモンズの祖母はたしか、この「いこい」を吸ってた、いや、ちがった、祖母は「たばこをのむ」とそう云ってた。これをデザインしながら、「おや、おまえもたばこをのむようになったかね」ということばを思い浮かべていた。そういえば、アフリカにいたとき、たばこは人にあげたり、人からもらったりするものだった。たばこを持ってるのに、人から「たばこをくれ」といわれて、たばこをさしださない人間は、「けち」や「人でなし」だといわれる。たばこは天下のまわりものなのだ。たばこの火もそうで、火はたばこの先から、たばこの先に移して、分かけあうものだった。反G8デモで逮捕されて札幌の留置所にいたとき、「運動の時間」というのがあった。それは、屋内のちいさな運動場に腰をおろして、たばこを吸う時間のことだった。たばこを吸いながら、外の世界ではあまり縁のない人たちから、いろいろおもしろい話をきくことができた、と、そんなことをぼんやり思い出しながら、のむのが、たばこである。昔の文化人類学者のように「たばこは文化である」とか云うつもりはないし、たばこが「煙たがられる」のは、たばこというものがもつ本来的な宿命で、それは仕方ないとは思うが、たばこを吸う人間は鬼でも悪魔でもない。ごくふつうの人間で、ただちょっと「こまった嗜好」をもってるというだけのことだ。と、そんなふうに、たばこについては、いろいろ考えがあるので、そういうことを「もくもくモブ」の場でゆっくり話してみたい。そもそも、たばこを吸うのに、あまり力をいれる必要はない。軽く口にくわえて、ほんのちょっと息を吸うだけである。そうしないと、「いこい」にならない。要するに「上」からの一方的な「禁止」で、うばわれたくないのは、「いこい」なのである。きりきりと正論を吐くだけでは息がつまるし、息がぬけない。たしかに、たばこは「こまったもの」だし、病気の原因になりかねない「イルなもの」だとは思うが、それを承知で、清濁あわせのみながら生きてみたい。このパッケージのような顔でおおらかに生きてみたいと思う。あいにくの雨だが、今日の「もくもくフラッシュモブ」が、「いこい」のあるスローモブになればいいなと思っている。

d0017381_1882755.jpg
[PR]
by illcommonz | 2009-09-30 17:33
<< ▼さらば五輪よ ▼[フラッシュモブ] スーパー... >>