Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼現代世界の昔ばなし:資本主義時代のフォークロア
d0017381_16164136.jpg
▼「現代世界の昔ばなし:資本主義時代のフォークロア
 マンガ・文学・童話でよむ消費文化の光と影」(日本篇)
 (「文化人類学解放講座」配布プリントより)

 今週の「文化人類学解放講座」は先週のつづきで、二〇世紀の消費「文化」について学びます。現代の消費文化について、大学の先生や研究者たちが書いたものには、みなさんがよんで共感できるものが少ないので、同時代のマンガ家や文学者、表現者たちが書いたものを、「資本主義時代のフォークロア」としてよみ、消費文化の光と影について考えます。なお、来週は学園祭で休講なので、いつもよりたくさんプリントをくばります。プリントをよくよんで・みて、よく予習・復習をしておいてください。

 「1989年の秋に僕の海外生活は終わりを告げた。日本を離れたのが1986年の秋だったから、ちょうど三年間ヨーロッパをうろうろしていたことになる。たしかにこの三年間でずいぶんいろんなことが変わってしまったように思う。でもそれについてあれこれ結論じみたものを書くのはまだ時期尚早であるだろうと思う。ただひとつ僕にはっきり言えることは、この三年のあいだに日本の社会における消費のスピードが信じられないくらいドラスティックに加速されたということだ。久し振りに日本に戻ってきてまず最初に感じたのがそれだった。僕はその凄まじい加速度を目にして本当に、何の誇張もなくただ唖然としてしまったのだ。思わず立ちすくんでしまったのだ。それは僕に巨大な収奪機械を想起させた。生命あるもの・ないもの、名前を持つもの・持たぬもの、かたちのあるもの・ないもの、そういうすべての物事や事象をかたはしから飲み込み、無差別に咀嚼し、排泄物として吐き出してゆく巨大な吸収装置だ。それを支えているのは、ビッグブラザーとしてのマスメディアだ。まわりを見回して目につくものは、咀嚼され終えたものの悲惨な残骸であり、今まさに咀嚼されようとするものの嬌声であった。そう、それが僕の国なのだ。好むと好まざるとにかかわらず」(村上春樹「遠い太鼓」より)

 「東京は資本主義の夢の島。何でも売ってて何でも買える。買わないと殺される(でも一体に誰に?)負けないぞ!買って買って買いまくってやる!なんたってオレ達は…この日出処の消費の島国の王子様と王女様なんだから」(岡崎京子「我買うゆえに我有り」より)

 「ある晴れたすてきな日曜日、すてきな男の子がすてきな女の子とすてきな車に乗ってデートしている。彼らの乗っているすてきな車を造っている会社は実はすてきな軍需品も造っていて、遠い遠い国で起こっているすてきな戦争のすてきな人殺しに関与してすてきなお金をもうけている。すてきな彼と彼女はドライブスルーに寄ってすてきなランチを買って木陰で食べる。メニューは熱帯雨林を伐採した牧場で抗生物質入りの飼料で育った牛肉のダブル・チーズ・バーガーと食品添加物たっぷりのストロベリーシェイク、劣悪な油で揚げたフライドポテトとチキンナゲット、そして、コーヒー。すてきな彼女がすてきな彼からもらった金のピアスをゆらしながら、おしゃべりする。それは遠い遠い国の不当に搾取された労働条件のもと発掘されたものからできている。そしてそれはすてきな彼が不当に搾取された労働によって得た賃金で買ったものである。」(岡崎京子「にちようび」
より)

 「買え、買え、もっと買え。」灰色は、毎日、人びとの心にささやきはじめました。「お前の持っているものは、もう古い。そんな古いものを持っていたら、馬鹿にされる。そんな古いものを持っていたら、貧乏くさい。そんな古いものを持っていたら、女の子にもてないぞ」。灰色は、とにかく人に「あれはもう古い、これはもう古い」と思わせたいのでした。そうすれば、人はどんどんものを買って、人がどんどんものを買えば、灰色の棲む「大きなお金の塊」が、さらに大きくなるからでした。それが灰色の「もう古いの計画」でした。そうやって、ものが古いと思われて、新製品が買われると、古いものは捨てられて、ごみになります。それを手下の一人が、こうまとめました。「つまり、ごみがふえれば、お金の塊は大きくなるのだ。我々の目標は、ごみをどんどんふやすことである」。そして、新しいイメージの化粧品たちをよく見ると、どれも同じ工場でつくられた、同じ内容のものが、何度も容器の形や、匂いや、宣伝するタレントさんを変えて売られているだけのようでした。そういう新しいイメージの品物を、せっせと買っている「豊かな」国々の人たちは、言い張りました。「けれど、微妙な違いを気にして、選ぶのが楽しいんだよ。どれも同じだなんて、違いがわからないから、そんなことを言うんだよ」。そうやって「豊かな」国々の人たちは、何十種類ものシャンプーや、何十種類もののポテトチップスが並んだ商品棚の前で、イメージの世界にとじこもるように買い物をしました。しかし、そこには大きな問題がありました。それは何を買うにも、たくさんの品物の中から選ばなければならないので、選ぶ時間がつもりつもって、まったく他のことをする時間がなくなってしまうのでした。(小沢健二「うさぎ!」より)

「あなたが、これから向かうのは、わたしたちが、やってきたところ」
(岡崎京子LOVE,PEACE & MIRACLE」より)

[教材]
・岡崎京子「ヘルタースケルター」(1995-6年)
・岡崎京子「LOVE,PEACE & MIRACLE」(1996年)
・岡崎京子「チョコレートマーブルちゃん」(1995年)
・岡崎京子「でっかい恋のメロディ」(1995年)
・岡崎京子「にちようび」(1995年)
・岡崎京子「我買うゆえに我有り」(1990年)
・岡崎京子「pink」(1989年)
・村上春樹「遠い太鼓」(1990年)
・小沢健二「うさぎ!」(2005年-)
[PR]
by illcommonz | 2009-10-22 16:20
<< ▼「BUY NOTHING D... ▼少しのニュースや事件から極限... >>