Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼[A3展] 完璧は敵だ!100人のご近所が自分たちの映画を待ってる
d0017381_611739.jpg
「ご好評をいただいております「ご近所映画クラブ」は、映像祭会期の半分にさしかかるあたりから、お申し込みが殺到し、おかげさまで現在、予約でいっぱいの状態です。ただ、その後も毎日のようにお問い合わせいただいて、大変心苦しく思っており、なんとか対応できないものかと映像祭関係者とともに考えました結果、今回、以下のような企画を新たに実施することと致しました。みなさんお忙しいこととは存じますが、ぜひ、多くのご家族、ご友人、ご同僚をお誘い合わせの上、ご参加いただけますよう、お願い申し上げます。」

▼「ご近所映画クラブ」特別編 映画をつくるぞ!100人集まれ!(ゴンドリーさん、ごめんなさい。)
[日時] 2009年11月28日(土) 午前10時集合(時間厳守願います!)
[集合] ヨコハマ国際映像祭 新港ピア会場ポワイエ

d0017381_20405618.jpg
「11月28日(土)朝10時、新港ピアに集まってくださった人々、全員で映画を1本つくります。もちろん、ゴンドリーさんが考えた方法に沿い、ルールにのっとり行いますので、事前に用意されたシナリオやテーマなど何もなく、それらはすべて集まったみんなで考えていきます。ただ、もし100人集まってしまったら、いったいどうなるのでしょうか。それは誰にもわかりません。もう、わくわくどきどきです!いかがですか?いまだかつて誰も見たことのない映画を集まってくれたみんなで、いっしょにつくりませんか?!」「ご近所映画クラブ」甲斐賢治(NPO法人remo)

[参加費] 映像祭入場料のみ(すでに一度「ご近所映画クラブ」に参加されて、今回さらにもう一度と思われる方々につきましては、「ご招待」とさせていただきます。予めご了承ください。当日10時に集合いただき、その旨お申し出ください。)

[参加条件] 特にありません/お一人からでも参加いただけます。

[概要] ご近所、町内会、クラブの仲間、同窓生、バンドのメンバー…そんな仲間があつまり、たった3時間の魔法のような仕組みで、小さい映画をつくります。もちろん魔法なんかじゃなく、ちゃんとみんなで話し合い、 物語をつくり、衣装を決め、撮影し、上映会でみんなでわいわい見て、帰りはDVDとしてお持ち帰りいただけます。専門的な知識や技術がなくても参加でき、所要時間は3時間程度。そのステップは企画し、計画をたて、撮影をする、3段階。持ち物 映画に使えそうなモノ、服、小道具など各自、自由に持参 ください。ただしみんなでつくる物語に使えるかどうかは不明ですので、その旨、予めご了承くださいね。

「ご近所映画クラブ」・・・ビョークやケミカル・ブラザーズのPVで、世界的に有名な映像作家ミシェル・ゴンドリー設計によるワークショッププログラム。映像祭期間中、[NPO remo / 記録と表現とメディアのための組織]が実施しています。

これまでの「ご近所作品」はこちら!!

▼「アクティヴィズム3.0チャンネル on YouTube」
http://www.youtube.com/user/activism3cream


d0017381_558115.jpg
[画像] 映画「100人の子供たちが列車を待っている」より
[PR]
by illcommonz | 2009-11-25 06:02
<< ▼だだっこといる、ヨコハマ国際... ▼remo といる、ヨコハマ国... >>