Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼ナイキ社に告ぐ

ナイキ社に告ぐ、スポーツ・メーカーなら、スポーツ・メーカーらしく、そのブランド・イメージにかけて、正々堂々とたたかいたまえ。工事をはじめるときは、くれぐれも不意打ちなどせず、24時間前までにちゃんと連絡するように。それが正々堂々ということだ。


 はじめに叫びがある。
 わたしたちは叫ぶ。
 はじめにあるのが言葉ではなく、
 叫びであることは忘れられがちです。

 資本主義によって人間の生活が引き裂かれる事態に直面したとき、
 口をついて出てくるのは、「NO!」という悲しみの叫び、
 恐怖の叫び、怒りの叫び、拒絶の叫びです。
 しかし、その怒りを表現しようとすると、
 私たちはたくさんの非常にもっともらしい反論に出くわします。
 わたしたちをみて、なぜ叫ぶのか、とたずねてくるのです。

  「君たちがそんなに否定的になるのは歳のせいじゃないのか?」
  「世界の複雑さが分かってないんじゃないか?」
  「根本的な変革を実現することが現実には
  難しいことが分かってないんじゃないか?」

 叫びがまったく否定されるわけではありませんが、
 しかし、叫びからあらゆる正当性が奪われてしまうのです。
 自分自身の感情をさしはさんではいけないと教えられます。
 思考の構造全体がわたしたちを武装解除させるのです。
 しかし、はじめにわたしたちをあれほど怒りに駆り立てたものは
 なにひとつ消え去ったわけではありません。
 世界の悲惨は続いています。
 つまり、子供のように叫ぶこと、あらゆる構造的な説明をふりきった
 叫びをあげることが必要なのです。

 「精神科医が何といおうが、かまわない」
 「私たちの主体性が社会的につくられたものであろうが、かまわない」
 「これはわたしたちの叫びなんだ、私たちの痛みなんだ、私たちの涙なんだ」
 「わたしたちは自分の怒りを現実のなかで薄めてしまおうとは思わない。
  むしろ現実のほうが叫びに道をゆずるべきだ。」
 「私たちを、子どもや若造みたいだといいたければ、そういえばいい」
 「私たちは叫ぶ。ここにこそ私たちの出発点があるのだ」

 そういわなければならないのです。

 (ジョン・ホロウェイ)
[PR]
by illcommonz | 2010-04-29 03:51
<< ▼「いま、宮下公園で何が起こっ... ▼ファースト・シングス・ファー... >>