Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼ドラムサークラーの森
d0017381_023385.jpg 今から二年ほど前、EXIT ARTギャラリーの「SIGNS OF CHANGE」展に出展するため、リーマン・ショック直後のニューヨークを訪れた。ニューヨーク滞在の最後の日曜日、『ニューヨーク烈伝―闘う世界民衆の都市空間』の著者である高祖岩三郎さんの案内で、ハーレムからブルックリンまで、ニューヨークの公園でのドラムサークルをみてまわった。
 最初に行った「マーカス・ガーヴェイ・パーク」ではちょうどこの公園でのドラムサークル10周年を祝うセッションがひらかれていた。ハーレムにある公園なので、アフロ・アメリカン系の住民やこどもたちが多く、ものおじをしない、ちびこもんずは、すぐにサークルのなかにはいって、アフロなドラムセッションをたのしんだ。

d0017381_0253091.jpg▼マーカス・ガーヴェイ公園のドラムサークル

d0017381_0274218.jpg▼ちびこもんず
 次に訪れたブルックリンの「プロスペクト・パーク」は、1968年から30年以上もドラムサークルが続いているドラムサークルの聖地のような公園で、この公園には「ドラマーの森 (DRUMMER'S GROVE)」と名づけられたドラムサークルのためのスペースがあり、そこにはこんな標識が立っている。

d0017381_0282864.jpg▼「ドラマーの森」
 ここの公園のドラムサークルには、ジャマイカ系、キューバ系、ブラジル系、アフリカ系の住民たちが多く集まるようで、夕方になると、改造した自転車に山のようにドラムを積みあげたラスタのおっさんたちがやってきて、煙突のようなでっかいパイプからモクモクと煙をあげながら、ズ・ド・ド・ド・ド・ド・ド・ド・ド・ド・ド・!とものすごいドラミングをはじめた。アフリカでシャーマンの弟子をしていた時に参加してたセッションみたいだったので、ものおじせず、ぬらりひょんと、サークルのなかに加わり、トランス・アトランティックなドラムをたのしんだ。

d0017381_029596.jpg▼プロスペクト公園のドラムサークル
 プロスペクト・パークの「ドラマーの森」は、ニューヨークで目にしたものの中でも特に印象深く、東京の公園にもこういうスペースがあったらいいなと思ったし、今もそう思っているので、明日の宮下公園でのドラムサークルのために、こんな標識をつくってみた。「こうなったらいいな」とただ願うだけでなく、それを目にみえるかたちで示して先に体験してしまう「予示的政治」の実践として、やってみた。

d0017381_030832.jpg※クリックすると拡大します
 名称を「ドラマーの森」ではなく、「ドラムサークラーの森」にしたのは、「ドラマーの森」にすると、自分をギタリストやピアニストやベーシストだと思っている人たちが参加しにくいような気がしたからで、ドラムサークルのよいところは、ドラマーやドラムのプロでなくても、ドラムサークラーとして気軽に誰でも参加できるところである。そんな「ドラムサークラーの森」を、明日の午後(たぶん1時ごろから)、宮下公園でひらこうと思う。ルールがないのがドラムサークルのルールだが、ドラムサークルをよりたのしく過ごすためのコツがあるので、それもパネルにしてみた。

d0017381_0315233.jpg※クリックすると拡大します
 リズムがあわない人をとがめてはいけない。
 その人は、あなたが忘れてしまっている
 もっとおおらかで、のびやかなにリズムに
 テンポをあわせているかもしれないからだ。

 これは鶴見俊輔がヘンリー・デイヴィッド・ソローの「森の生活」から引用した次のことばを、ドラムサークル用にリミックスしたもの。

 足なみの合わぬ人をとがめるな。
 かれは、あなたのきいているのとは別の
 もっと見事な太鼓に足なみを
 あわせているかもしれないのだ。
 (鶴見俊輔)

 ソローはこうも書いている。

 人によってそれぞれ歩むペースが違うのは、
 みんな違った太鼓のリズムを聞いているからだ。
 自分の耳に響く行進のリズムに合わせて歩もう。
 それがどんな拍子であっても、どんなに遠くても。
 (ヘンリー・ソロー)

 急いでつくったので、一箇所、ミスタイプがあるけど、ドラムのミスと同様、おおらかな気持ちで受けとめ、気にしないことにした。

 では、明日、宮下公園の「ドラムサークラーの森」で。

[関連] 「あ、そうだ、ドラムサークルやろう。」
http://illcomm.exblog.jp/11093576/
[PR]
by illcommonz | 2010-05-16 00:41
<< ▼JUST BEAT IT 宮... ▼CNN「宮下公園レポート」と... >>