Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼JUST BEAT IT 宮下公園ドラムサークル


▼[YouTube] 「ドラムサークラーの森・宮下公園」

 A.I.R.の藤井光くんが、昨日の宮下公園でのドラムサークルの様子を、30秒のビデオクリップに編集してくれました。映像はジャンプショットを使ったスタイリッシュな仕上がりになっていますが、この映像に映っているみんなの表情はすごくチャイルディッシュです。こんなふうに子どものような表情と時間をとりもどすことができるのがドラムサークルのいいところです。この映像ははじめて間もない頃の様子で、この後、陽がとっぷり暮れて、おたがいの顔が見えなくなるくらいまで、夢中でやってました。家に帰ると服と髪はほこりだらけ、手にはマメができて、なんだか原っぱから帰った子どもみたいだな、と思いました。もし宮下公園が、コンクリートで固められたスケートボード専用のナイキパークになってしまったら、こういうあそびもできなくなるわけで、ぼくらが「宮下公園を守りたい」というのはつまり、この映像に映っているような解放的な空気や時間を失いたくないからなのだと、あらためて確認することのできた、日曜日の午後でした。哲学者の内山節が「私たちはいまどんな記憶を回復したいと思っているのか。私には未来はこの思いからはじまるという気がしている」と書いてますが、この思いはぼくらも同じで、回復すべきものをまだかろうじて覚えている大人たちがまずは、自分たちが回復したいと思っている時間や場所や空気や表情を見つけだして、それを次の世代に目にみえるかたちにして提示することから、なにかがはじまるような気がします。ともあれ、こうしてひとつ場所ができたので、あとはいつでも好きなときに自由に宮下公園でドラムサークルをひらいてください。2人とか3人でやるミニマルなドラムサークルもいいです。持ち寄ったドラムを交換するとリズムががらりと変わります。人数分よりもひとつかふたつ余計に誰もが使えるコモン・ドラムを持ってゆくと、通りかかった人やまわりで見ている人もサークルにはいることができます。自分の趣味や体のサイズにあったドラムを見つけて、マイ・ドラム持参で参加すると、ドラムサークルはもっとおもしろくなります。「トライバル・ビーツ」とか「人力テクノ」とか「アンビエント」とかセッションごとにキーワードを決めてやると単調にならなくていいです。ドラムサークルには決まったやり方はありません。管楽器がはいってもいいし、サンプリングしたテクノ系のループをいれるとオーガニックなエレクトロニカになります。アイデア次第で、やり方は無限です。「遊べ、遊べ」とナイキに命令されなくても、ぼくらは好きなときに好きなように遊ぶし、ナイキに決められた遊びではないお金のかからない「遊び」をいくらでも知ってる。論よりもまずは JUST BEAT IT、ドラムサークルでKEEP MIYASHITA PARK、遊びでつながるアフィニティ・グループのたのしい反対運動、これがポスト・ゼロ年代の新しいポリティクス。
[PR]
by illcommonz | 2010-05-17 18:23
<< ▼宮下さんがころんだ。 ▼ドラムサークラーの森 >>