Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼反乱のレッスン

▼イルコモンズ編「映画「リクレイム・ザ・ストリート」短縮版」(9分58秒)

「世田谷市民大学」の「60代が19人、70代が16人、80代が7人、その他が10人」のクラスのために編集した「反乱のための教材」。「NO LOGO」から抜粋したナオミ・クラインのテキストにそって、映画「リクレイム・ザ・ストリート」(1998年※日本未公開)を10分に圧縮。シアトル以後のストリート系アクティヴィズムの「複数の原点」のひとつ。2003年の「サウンドデモ」のモデル。二〇世紀のマイ・フェイヴァリット・ドキュメント・ムービー。ドラムを打ち鳴らしながら人びとが街に集まってくるシークエンス(5分11秒~)は何度見てもわくわくするし、心が騒ぐ。反乱はいつもこんなふうにドラムの音からはじまる。6分23秒目からはじまるシークエンスには、権力がもっともおそれる「解放の瞬間」とその場の空気感が見事に映りこんでいる。「解放」というとき、いつもまっさきに頭に浮かぶのは、この映像。2003年のサウンドデモで、一度だけ、ほんの一瞬だったけど、これと同じ光景のなかに居合わせることができた。そのとき「生きててよかった」と心の底からそう思った。カオスはそれを抑圧するものとせめぎあうときに最も輝く。たぶん60代になっても70代になっても80代になっても、あの瞬間のことは忘れないと思う。そして、60代になっても70代になっても80代になっても、あの解放感を求めて、路上に出てゆくような気がする。たとえ人がそれを「暴動」と呼ぼうが、なんと呼ぼうが、デモクラシーはカオスのなかで花ひらく。

以下、ナオミ・クラインのテキスト。

「1994年、イギリスではCJA(クリミナル・ジャスティス・アクト)法が可決され、レイヴ・パーティーは違法行為になってしまった。この法律のために、野外で音楽を鳴らすと機材が押収され、あらゆる公共の場でレイヴァーたちが取り締まりをうけた。この「CJA法」とたたかうため、クラブ・シーンは、警察権力に同様の脅威を感じていた政治的なサブ・カルチャーと新たな協力関係を結ぶことにした。

1995年にはじまった「リクレイム・ザ・ストリート(RTS)」は、自発的に集まったグループが、大通りや交差点、幹線道路をハイジャックし、そこを「シュール・レアリストたちの遊び場」に変えるものだった。レイヴと同様、RTSのパーティーの場所も、当日まで秘密にされる。何千人もの人びとが指定された場所に集まり、そこから数人の関係者しか知らないパーティーの場所まで一緒に移動する。とりもどされる予定のストリートには、強力なサウンドシステムを積んだバンが停車している。次に演劇的な手法で交通が遮断される。例えば、二台の古い自動車がわざとぶつかって、ドライバー同士が喧嘩するふりをはじめる。あるいは、道路の真ん中に6メートル近い大きなトリポッド(=三脚)を立て、勇気のあるアクティヴィストが宙吊りになるという方法がある。この三脚で自動車は通れなくなるが、人は自由に通れる。これを倒すと、宙吊りになった者が地面に叩きつけられてしまうため、警察も黙って事態を見守るしかない。

交通が完全に遮断されると、「ただいま、路上解放中」が宣言され、一斉に「ひと休みしよう」「自動車はいらない」「空間をとりもどそう」といったプラカードがかかげられる。カラフルな背景に稲妻の光が走るRTSの旗がかかげられ、サウンド・システムから最新のテクノから、ルイ・アームストロングの「この素晴らしき世界」まで、ありとあらゆる音楽が流される。そして、RTSの移動式カーニヴァルがはじまる。自転車や竹馬に乗る者、レイヴァーやドラマーたち、また別のパーティでは、ジャングル・ジムが交差点の中心につくられ、巨大な砂場やブランコ、プール、ソファー、カーペット、バレーボールのネットなどが路上に登場した。たくさんのフリスビーが宙を舞い、無料の食べ物が配られ、車の上やバス停、看板の上やそのまわりでみんなが踊った。

RTSは「ラディカル・エコロジー」の表現と戦術を使って、都市のジャングルのなかに、「商業化されてないスペース」をつくりだす。つまり、RTSは「ビジネスに支配されていない社会とはどういうものか」を示してみせたのだ。

この精神がもっともよくあらわれていたのは、1万人がロンドンのM41号線をのっとったイベントだった。9メートルの巨大なスカートつきの足場の上に二人組みが陣取った。そばにいた警官は、スカートの下にゲリラ・ガーデナーがひそんでいて、道路に穴をあけて植物の苗を植えていたことに気づかなかった。RTSは主張した。「コールタールの下には森がある」

RTSによる都市の環境運動がはじまったのは、1993年のクラレモント通りからである。ロンドンにあるその閑静な通りは、新しい高速道路建設のために消滅しかけていた。市当局が住民の強い反対をあっさり無視すると、アクティヴィスト・アーティストたちのグループは、ブルドーザーをブロックし、クレアモント通りを生きた彫刻の砦に変えてみせた。道路の上にソファーをおき、木の枝にテレビを吊るし、道路にチェスボードを描き、とりこわし予定の家の前に、ふざけた広告看板をたてた。ジョン・ジョーダンによれば、「これは政治的な目的のためにアートを利用したのではなく、アートを、美しくかつ機能的に、実践的な政治のツールに変えてみせた」のだという。

1997年4月には、トラファルガー広場に2万人が集まったが、もうそのころには、RTSのパーティーは、シドニー、ヘルシンキ、テルアビブなど、外国でも起きていた。パーティーは、MLやウェブサイトを使って、それぞれの土地ごとに独自に組織される。リンクをたどってゆけば、世界中のイベント情報を知ることができる。そこには、警官をうまくかわす方法や、効果的にバリケードをつくる方法などがあり、そのポスターやチラシ、フライヤーなどをみることができる。

ほとんどのメディアは、RTSを「アンチ自動車の抗議運動」ととらえた。しかし関係者は「そうではない」と云う。たしかに車は、公共空間や歩道や自由な表現の場の消滅の、いちばん分かりやすいシンポルではあるが、RTSは単なる自動車への反対運動ではない。ジョーダンはこう云う。

「RTSは車と交通の問題を通して、もっと広い意味での社会問題を考えようとしている。
人間として自由に使える空間をとりもどしたいのだ」と。

このストリート・パ-ティーのおかげで、政治運動とポップな文化が混じりあった。10代から20代の多くの若者たちにとって、これははじめての経験だった。そこでならば、社会や環境に対する政治的な関心を表に出しても大丈夫で、しかもコミック番組のキャラクターのような存在でいることもできた。RTSは、とにかくおもしろく、そしてアイロニカルなので、真剣にやっても、ちっともはずかしくないものだったのだ。

自発的なストリート・パーティーは、D.I.Y.のライフスタイルの延長である。誰かから許可をもらわなくても、また、企業がスポンサーでなくても、自分たちのやり方で楽しむことができる。ストリート・パーティーでは、みんなが参加者であると同時に、エンターテイメントの一部になることができるのだ。

1998年、世界で最初の「グローバル・ストリート・パーティ」がひらかれた。このイベントが持つ政治性が見失われることのないように、グローバル・ストリート・パーティの開催日には、1998年5月16日が選ばれた。これはG8諸国のリーダーたちがサミットのためにバーミンガムに集まる日である。この日、20ヶ国で30ものRTSのイベントがおこなわれた。このグローバル・ストリート・パーティーで、最も成功したのはシドニーだった。3~4千人が道路を占拠し、路上に3つのステージをつくって、バンドがライヴをやった。イベントは「アートと愛と反乱」を祝うものだったが、警察はそれを「暴動」とみなした。

いくつかの都市でのパーティーは、ジョーダンが思い描いていたような「永遠の祭り」ではなかったが、ほんのわずかなメールでの呼びかけからはじまった、この国際的なひろがりを持った反応は、「公共空間の消失」に対するグローバルな抗議の声の存在を明らかにした。

その感情は、1998年5月16日、グローバル・ストリート・パーティーの本部が置かれていたバーミンガムで最高潮に達した。巨大な凧に吊るされたバナーが空にあがり、そこには、この日、パーティーをひらいた世界20ヵ国の都市の名前が記されていた。そして、あるプラカードには、こう書かれていた。

「この抵抗は、資本のように、国を超えてひろがるだろう」
[PR]
by illcommonz | 2010-05-26 01:50
<< ▼反撃のレッスン ▼ストーリーテラーの帰還 >>