Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼文明(批評)人類学:文化人類学解放講座


 「私たちの周囲にはかつてないほど情報があふれ、そこから逃れることはできない。デスクの上にも、ポケットの中にも、カフェのテーブルにもコンピュータがある今、情報はまるで空気に乗って私たちの周りを漂っているようだ。それなのに、自分がどんどんばかになっている気がしてならない。実際、平均すれば、われわれは上の世代より無知なのではないか。アップルストアに並ぶ長蛇の列や、歩きながら携帯電話をのぞきこむ人々。人類はゾンビになってしまった。「いや、非常に忙しいゾンビだ」という弁明が聞こえてきそうだ。メールを読み、ツイッターでつぶやきながら、他人のツイートに返信する。アプリをダウンロードし、写真をアップロードする。フェースブックを更新し、世界中が自分のことを気にしているような気になって、好きなものや嫌いなものを世界に向けて発信する。では、私たちがしていないことは? それは「考える」こと。情報を処理してはいるが、考えてはいない。2つは別物だ。要はデジタルツールを触りながら、ダラダラしているだけ。リンクをクリックしては、自己顕示欲の強い愚か者や評論家、広報やマーケティングの担当者らが垂れ流す無意味なゴミの激流をかき分けている。」(ダニエル・ライオンズ「iPadであなたはもっと馬鹿になる/デジタル機器やウェブに振り回されて人間は「忙しいソンビ」になった」)

 今回の「文化人類学解放講座」は、文化人類学の原点である「文明批評」について、前篇と後篇の2回に分けてお話します。かつては文化人類学の専売特許であった「文化」の研究を、今ではすっかり「カルチュラル・スタディーズ」にとられてしまった感のある文化人類学ですが、文化人類学にあってカルチュラル・スタディーズにないもののひとつに「文明」というものに対する徹底した批判の精神があります。明日の講義では、下記のドキュメント映像や古今東西の文明批評論をとおして、Twitter や iPad までふくめた「テクノ・セントリズム」や「情報中心主義」の文明について考え、「文明」に対するさまざまな悪態のつきかたを学びます。

▼イルコモンズ選「文明ドキュメンタリー&文明批評映画集」
 (★=今回の講義で上映する予定の作品)

 ・グァルティエロ・ヤコペッティ「世界残酷物語」★
 ・ゴドフリー・レジオ「コヤニスカッツイ」★
 ・アルタヴァスト・ペレシャン「われらの世紀」(短縮版18分)★
 ・チャールズ・チャップリン「モダンタイムス」(抜粋10分)★
 ・ヒラリー・ハリス「オルガニスム」★
 ・グレッグ・カーソン 「生活の本質」 ★
 ・イルコモンズ「人類の進歩とヤキイモとタコヤキ」★
 ・ウィリアム・バロウズ「感謝祭1986年11月28日」
 ・ウィリアム・バシンスキー「ディスインテグレーション・ループ」(抜粋5分)
 ・ジャン=リュック・ゴダール「新世界」
 ・ジャン=リュック・ゴダール「アワーミュージック:地獄篇」
 ・ギー・ドゥボール「スペクタクルの社会」
 ・アドバスターズ「人生の意味」

[教材] 「世界三大文明批評ほか」
d0017381_2165418.jpg
[PR]
by illcommonz | 2010-06-09 02:23
<< ▼「SET_BUSH_FIRE... ▼入稿日和 >>