Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼村崎百郎のいない世界
d0017381_19173168.jpg 村崎百郎が死んだ/殺されたことを知ったとき、まず最初に思ったのは、他の人たちはどうかわからないが、自分のなかでは、しばらく後をひくだろうな、ということで、実際そうなった。もう一週間になるが、ぜんぜん気持が落ちつかない。先日のDOMUNEの追悼番組で、根本敬が「黒田一郎さんの冥福は祈るが、村崎百郎には「がんばれ」といいたい」と云っていたように、黒田一郎氏とその遺族にはもちろん哀悼の意を表したいが、村崎百郎には「この手の犯罪に、あれほど通じてたアンタが、なんでこんなにあっさりと殺されてしまうんだよ」といいいたい。そして「いま、アンタに死なれてはこまるんだよ、クソ!」と云いたい。「村崎百郎がいない世界」というのは、「ナンシー関のいない世界」や「都築響一のいない世界」と同じくらいこまる。ナンシー関亡き後、村崎百郎と都築響一が、このクソのような国と、腐った世の中を生きのびてゆくための、心のよりどころだった。日頃あまり人をたよりしない自分だが、この三人の視点とことばは、同時代の世界や日本を見るときに、あてにしてよい導きの糸だった。その糸の一本がぷっつり切れたのだから落ち着かないのも当然だ。「毒をもって毒を制す」式の、「鬼畜をもって鬼畜を制す」鬼畜現代文明批評家のいない、鬼畜だらけの鬼畜新自由主義の世の中なんてアブなくて、おそろしい。おそろしいのは、鬼畜な世の中ではなく、人が言葉を失うような事件や出来事が起きたとき(そう、それはこれまでも、そしてこれからも起き続ける)に、それを制す言葉がないことで、これがいちばんアブない。DOMUNE の追悼番組で根本敬が云っていた「どんなモードで、どんなニュアンスで語ればいいのかわからない」まさに今回のような事件や出来事について、鬼畜の言葉で語り続けたのが村崎百郎であり、それがどんなに困難な仕事かは、DOMUNE の追悼番組ひとつみてもわかる。そんななか、根本敬の口から不意に発せられた「親の因果が隣の子に報い」という言葉は、自分の死についての村崎百郎からのラスト・メッセージのように聞こえた(なわけねぇだろ、信じるなバカ!、とこういう場合、村崎なら書いただろう)。それはともかく、問題は、すでにはじまっている「村崎百郎のいない世界」をどう生きのびてゆくかである。そのためには「電波」が必要だと思う。電波にもいろいろあるが、いま必要なのは「他者についての過剰な想像力」という電波であり、その電波をこんなふうに使うことだ。すなわち「もし村崎百郎が生きていたらどう云っただろう」。村崎百郎がこの世に残していった仕事は、大きくわけてふたつあると思う。まず「鬼畜のススメ」や「あぶない一号」に代表されるマニアや通好みのディープな鬼畜語りがひとつで、もうひとつは「社会派くんがゆく」に代表される鬼畜文明批評である。DOMUNE では前期の仕事だけが紹介され、「社会派くんがゆく」(2001-2010)についてはまったくふれられなかった。現在進行形で、あしかけ10年にわたって続けてきたライフワーク的な仕事にふれられないのは、故人としても不本意ではないだろうか、と思ったので、いま家のあちこちに散らばっていた村崎百郎の本(「電波兄弟の赤ちゃん泥棒」だけがなかった)と「社会派くんがゆく」全巻を机に積み上げ、通夜がわりの通読、というか、弔い読みをしている。最新の「社会派くんがゆく・疾風編」から逆に遡って読み返していて、あと残り2冊である。まとめて読みなおしてみると、唐沢俊一が書いていることは、ほんとにその通りだなと思った。

 「ことに最近は、村崎さんの発言は鬼畜どころか、むしろ社会の不条理に、被害者の非運に憤慨する、いち常識人と化していました。もちろん、それはテープ起こし校正の段階であとかたもなく消えるわけですが、読んでみれば、露悪的なセリフの間ににじみ出る、村崎百郎の、人間という存在に対する愛情というものははっきりわかったでしょう。」

 たしかに最近のものほど、「鬼畜にも五分の魂か?」「鬼畜の目にも泪か?」と簡単にツッコミをいれられてしまいそうな、鬼畜らしからぬ人情味あふれる発言(本来、鬼畜は「発情」するものであって「人情」には無縁のはずだ)や、鬼畜にあるまじき説教クセー発言が多い。そこには村崎百郎が封印していた(※以下、感傷的で読むにたえない文章が続くので143文字削除)が表れているようによめる。そうした「人間的な、あまりに人間的な」(というか昭和のある時代まで日本の田舎や地方のどこにでもあったような伝統的意識や生活倫理)については、村崎がかつてどこかで書いてたように、「えぇい、この人間野郎め!」と心のなかで悪態をつきながら読み返している。「社会派くんがゆく」全巻合わせると軽く4,000ページを超える。これを読み切れば、さぞかし「電波」がフルチャージされて、「村崎百郎のいない世界」でもなんとか生きのびていけるだろう。それにしても勝手にくたばった上に、こんなめんどくさい文を書かせんじゃねぇ(涙)&(はぁと
[PR]
by illcommonz | 2010-07-30 19:22
<< ▼「空をみあげよう」 ▼社会派くんが逝く >>