Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼[APEC] TPPがニッポンの農業を殺す
d0017381_065284.jpg

(つづき)

「首脳宣言案にTPP=経済統合の具体策で-APEC」
「横浜市で13、14両日に開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の首脳宣言案「横浜ビジョン」(仮称)に、域内経済統合への具体策として、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)が盛り込まれていることが3日、明らかになった。宣言案は、焦点の一つである貿易や投資を自由化する「アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)」構想の実現へ向けた道筋を提示。具体的な手段として (1)TPP(2)東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日本、中国、韓国)(3)ASEANプラス6(日中韓、インド、オーストラリア、ニュージーランド)-を中核に進めるとしている。ただ、日本が目指していたFTAAP実現の年次「2020年」を盛り込むことは、中国などが「早急」と指摘したのを受けて見送った。」(時事通信 2010年11月4日)

管直人がこの時期にTPPへの参加を云いだしたのは、APEC開催国として、首脳宣言に箔をつけたい(だけ)のだろう。APECなど開催するとロクなことはない。国内でTPPへの参加を要求しているのは、経団連をはじめとする、いわゆる経済界。新自由主義経済の亡者たち。その親玉の経団連会長いわく「TPP交渉への参加を先送りすることにでもなれば、わが国は国際的な事業環境の整備において諸外国から大きく後れを取り、世界の成長と繁栄から取り残されてしまうものと強く危惧している」。「成長」と「繁栄」。。。まだそんなことを云ってるのか、あきれた。その成長と繁栄がどれだけ地球を痛めつけてきたかなど、まるで眼中にないらしい。たいしたものである。それはともかく、TPPという名の「自由貿易の特急列車」がどこへゆくかといえば、まず最初に通過する駅は「農業の墓場」だろう。農業版「構造改革」のはじまりであり、国の成長と繁栄のために農業は切り捨て御免というわけだ。それでいいのだろうか。もちろんいいわけがない。「たちあがれ、エコな人たち、たたかえ、エコロジスト」。とはいっても、手ぶらではたたかいにくいと思うので、こんなポスターをつくってみた。

d0017381_09976.jpg

エコな人たちの趣味ではないかもしれないが、このくらいの衝迫力で迫らないと、TPPへの参加なんてすぐに決められてしまう。いま「NO!」といっておかなければ、気がついたときには、もうどちらをむいても、「農!といえない国」になってしまうだろう。そうなってからでは遅いし、さらに、矢部史郎が云うようなことになってからは、とりかえしがつかないだろう。

「TPP後は、国内国外を問わず海賊版偽装食品が生産され、安く流通することになるだろう。まず低所得世帯の子供から、死者が出るのだ。」(矢部史郎「TPP報道」

...............................................................
【おことわり】 このエントリーは現在進行形の「戦術上の都合」※により、2010年11月13日午前零時まで「非公開」とします(※ある任意の状況に対し、あえて無関心をよそおい、何もアクションを示さないことや、故意に無視したり、コメントしたりしないことによって、当の状況に対する抗議や批判を行う対抗戦術のことを「不作為のカウンターアクション」と呼ぶ。別名「積極的に何もしないことで行う反撃」)[参考]「この茶番劇に参加しないことが、私たちの力を最大限に示すことのできるアクションではないのか?」(スターホーク)
[PR]
by illcommonz | 2010-11-07 00:10
<< ▼「みんなで農業」とTTP ▼100万人の人が、その本をい... >>