Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼おまけの記
d0017381_1475446.jpg

「「止まれ!止まれ」衝撃の状況克明 「故意」明らか」
「「止まれ、止まれ!」「接触した、衝突してきた!」。インターネット上で公開された沖縄・尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件とみられるビデオ映像には、海上保安庁の巡視船に2度にわたって衝突する漁船の様子が克明に記録されていた。映像を見た専門家は「明らかに故意にぶつかってきている」と分析。「漁船に非はない」との中国側の主張を真っ向から否定した。衝突シーンは、中国漁船と(以下省略)」(産経新聞 2010年11月5日)

「そういえば、最近中国でやたらと反日デモが起こりまくってる。当然、例の尖閣問題なんだろうが、困ったもんだね本当に、あれも。あの島がどっちの国のもんだとか、どっちの船がぶつかってきたとか、正直まるで興味ない。中国の報道では「無法な日本が勝手に乗り込んできて、漁船に体当たりしてきた」とか言ってるんだから、そりゃニュース聞いた人は怒るのは当たり前だ。逆に、日本では「中国の無法な船が乗り込んできて、ぶつかってきた」って言ってんだから、そりゃみんな怒るよ。これ、完全にメンツを保ちたい政府と、衝撃ニュースでみんなを注目させたいマスコミの生み出した騒動だね。ケッ、バカバカしい! 俺ら貧乏人には国もヘッタクレもねえよ。何も関係ねえじゃねえか!日本では、説教臭そうなオッサンが飲み屋で「ったく、中国のやつらはよぉ…。うぃ~」とか言ってる感じだが、中国ではテンションが高いもんだから大混乱もいいところで、ガラスが割れたり、トヨタ車がひっくり返ったり、牛丼が燃えたりと、大騒動! まあまあまあまあ、怒らない怒らない! 金持ち連中の自作自演ケンカみたいなものに巻き込まれるだけ損だよ。う~ん、これはやはり、お互いの貧乏人連中の交流が少なすぎるから、すぐこういう事になるんだな。よし、こうなったらやはり高円寺の北中通り商店街に飲み屋を増やすしかないぞ!! 」松本哉「おまけ」(「松本哉ののびのび大作戦 第34回新飲み屋作戦」より)

まったく同感で、こういう話を「第34回新飲み屋作戦」の「おまけ」として語ってしまう松本哉のセンスに共感する。そもそも、これだけ「エコロジーだ」「グローバルだ」といわれてる時代に、いまなおこの惑星の住民たちは「わが国固有の領土」という考え方をすてることのできないらしい。いつになったら人類は「わたしたち人類共有の領土」という考えを持つことができるようになるのだろう、というのが人類学者の人類学的な疑問。
[PR]
by illcommonz | 2010-11-07 01:48
<< ▼[APEC] シュプレヒコール ▼「みんなで農業」とTTP >>