Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「世の中はどうなる」
d0017381_23382697.jpg 「これから世の中はどうなり、われわれはどこに落ち着くんやろと、この悩みは私ひとりのボヤきではないでしょう。ほんとうにみなさん、いまわれわれは、この生活の安定と、われわれの幸せ、誰を頼ったらいいのか?と云いたいことは国民総意、声なき声ではないでしょうか。田中内閣が発足のとき、国民全部が両手をあげて、どれだけよろこんだ。それが二年経った今日、国民に、何をよろこばせてくれた? 自分とこの池の鯉がふえただけやないかい、バカにすなっちゅうねん。サトウが角サトウに変わっとるだけやないか。サトウは甘うても、国民は甘うないぞ、なめとったら、承知せんで、責任者でてこい!もう私、世の中にねよろこびを感じたことがございませんの。目さめたら、寝るまで、腹立つことばかりやもんね、ボヤかなしょうがない。わたしがボヤかなんだら、世の中はどうなる?」(人生幸朗「世の中はどうなる」1974年 ラジオ大阪)

 かつて、こういう漫才があった。チョムスキーでもハワード・ジンでもなく、人生幸朗のこのボヤき漫才が自分の社会批評の原点。理屈にあわない世の中、納得できない世の中、腹の立つことの多い世の中に対しては、こんなふうに「責任者でてこい!」と声をあげてよいのだ、政府のせいにしてよいのだ、ということを教えてくれたのが人生幸朗。もしいま人生幸朗が生きていたら、どんなふうにボヤいただろうか?

「13年連続3万人超の公算=自殺者、2万9000人に-前年比では減少・警察庁」
 「警察庁は6日、今年1~11月の全国の自殺者(速報値)は、前年同期比4.1%減の2万9,105人だったと発表した。月別平均2,645人で推移しており、通年ベースでは1998年以降、13年連続で3万人を突破する公算が大きくなった。ただ、昨年1年間の自殺者数(3万2,845人)を下回るペースは続いており、月別では昨年9月~今年6月に10カ月連続で前年同期より減少するなどしている。1~11月の自殺者の内訳は、男性が2万499人、女性が8,606人だった。都道府県別では、東京(2,693人)が最多で、続いて大阪(1,898人)、神奈川(1,682人)など。一方、徳島(159人)、鳥取(167人)、福井(191人)などは少なかった。」(時事通信 2010年12月6日)

d0017381_23582855.jpg
 「責任者でてこい!」>第一次小泉政権・第二次小泉政権・第三次小泉政権・安倍政権・福田政権・麻生政権・鳩山政権・菅政権
[PR]
by illcommonz | 2010-12-15 00:00
<< ▼足りない都知事に足りないもの ▼「浜の真砂は尽きるとも世にボ... >>