Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「アナキストクリスムアス・パレード&パーティー」
d0017381_12383925.jpg
 「国立駅から谷保駅までクラウンアーミーやミュージシャンやその他の人たちが音楽を演奏しながらパレードし、そのまま「かけこみ亭」になだれこんでライブセッションのあとクリスムアス・パーティをします。」

▼アナキストクリスムアスパレード
Anarchist Christmas Parade with Clown army!
[日時] 2010年12月25日(土)19:00-
[場所] 東京・JR中央線国立駅南口付近

▼アナキストクリスムアスパーティ
Anarchist Christmas Party with Clown army!
[日時] 2010年12月25日(土)20:30-
[場所] 東京・国立「かけこみ亭」
[出演] ブロークン・サーカス・モンキーバンド/ウラン・ア・ゲル

 「クリスマスはもともとは、死霊の来訪を肯げる冬の祭りであった。第二次世界大戦のあと、アメリカ文化の影響力の拡大とともに、ヨーロツパの都市のクリスマスは、年をおってはでやかになっていた。死霊を巻き込んだ贈与の祭りはそっくりそのまま、はでやかなコマーシャリズムに吸収され、変身をとげようとしていたのである。なかでも、クリスマスの祭り方にあらわれた変化は顕著だった。パリのデパートを中心にして、アメリカ式のはでなイルミネーションが、クリスマスをひかえた冬の街角を華やかに演出して、ショーウィンドウには心をそそるプレゼントが山と積まれた。フレーザーは『金枝篇』の中で、ヨーロッパで広くおこなわれているクリスマスというキリスト教の祭りが、もともとは、冬至の期間をはさんでおこなわれていた「異教の祭り」を原型とするものであったことを、膨大な文献の裏付けをもって、あきらかにした。太陽の力がもっとも弱くなり、万霊がこの世をみたすと言われる冬のこの季節、ヨーロッパの村々には長期間にわたって、死者の霊をあらわす、さまざまな存在が出現した。大きな仮面をかぶっている者たちもいれば、ガラガラ、ヒュンヒュンいう恐ろしい騒音を立てる楽器を手にした若者たちもいれば、隊列を組んで家々を訪ね歩いて、食べ物やお菓子やお金を要求していく子供たちの一群もあった。農村の家族は、この期間の夜は、じっと家の中におとなしく暮らして、仮面や騒音楽器を手にした、若者や子供の一隊がやってきたら、彼らを丁重に迎えて、彼らの望みどおりの贈り物をあたえてやらなければならなかった。そうしなければ、穀物や家畜が、来年になって豊かな収穫や増産をあたえてくれないだろうし、新婚の家庭には子供がさずけられないかもしれないし、家族に不幸がおこってしまうかもしれない、という恐れがあったからである。太陽がかげった冬の村々を、死者の霊の群行がおおいつくした。生者はそうやって訪れてくる死霊たちを、心よく迎えて、手厚い贈り物をあたえて、彼らに気持ちよく去ってもらおうと、さまざまな手のこんだお祭りをおこなったのである。「アメリカ」が、その資本主義をとおして、これらの「贈与の主題」のすべてを、新しいスポットライトの下に送り込んだのである。商業主義の浸透は、クリスマスを大規模な商品の消費の季節につくりかえた。」(中沢新一)

 リクレイム・ザ・ノイズ、リクレイム・ザ・マスク、リクレイム・ザ・フールズ、リクレイム・ザ・テリブル・ユース、リクレイム・ザ・ゴースツ、リクレイム・ザ・フリーギフト、そして、リクレイム・ザ・社会への迷惑。資本主義や商業主義によって消されてしまったもの、おさえつけられてしまったものたちをよびもどし、迷惑なものやめんどくさいもの、こまったものや厄介なものに対して、本来、民衆がもっていた寛容性や耐性をとりもどす、そんな異教徒的なパレードになればいいと思います。願わくば、このおかしなパレードが、恵まれぬものたちと共に分かちあわれんことを。

d0017381_12391530.jpg
▼クレプスキュール「クリスマスの亡霊たちが通り過ぎてゆく」
[PR]
by illcommonz | 2010-12-24 13:13
<< ▼沖縄県東村高江のドラムサークル ▼クリスマスに武器はいらない/... >>