Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼国はけっして国民をまもらない
d0017381_2359327.jpg
「国民の命と健康を守るつよい社会を実現します」
(「マニフェスト:菅直人から国民のみなさんへ、民主党は約束します」より

「自殺者、13年連続3万人超=昨年3万1560人-高止まり続く・警察庁」
 「昨年1年間の自殺者数(速報値)は、前年比3.9%減の3万1560人だったことが7日、警察庁のまとめで分かった。統計をとり始めた1978年以降では12番目の多さで、自殺者が3万人を超えるのは13年連続となった。同庁によると、男女別では男性が2万2178人(前年比5.5%減)、女性が9382人(0.1%増)だった。月別の自殺者数は、昨年6月まで10カ月連続で前年を下回ったが、7、8、11月は上回った。都道府県別では、三重(17人減の359人)、青森(94人減の449人)、福島(85人減の541人)などで大幅に減少。一方で、滋賀(30人増の356人)、香川(21人増の240人)など11府県では増加した。警察庁などによると、自殺者数は、大手証券会社の破綻などをきっかけとした金融危機の余波などを受け、98年に3万人台に増加。2003年に過去最高(3万4427人)を記録して以降は、3万2000~3万3000人台で高止まりの状態が続いている。(時事通信 2011年1月7日)

 「国の役目は国民の生命をまもること」だとか「政府の責任は国民の生命を守ることだ」とかいうが、40万人を超える犠牲者の前では、そのことばに1ミリのリアリティも感じない。もし外国人に「日本はどういう国か」と聞かれたら「毎年3万人が自殺する国だ」とこたえるだろう。そんな国に誇りを持てといわれても無理な話である。国はけっして国民をまもらない、そう確信している。ところで、この13年のあいだ、毎年3万人を超える自殺者を出し続けていることの責任をとって辞職した政治家がひとりでもいただろうか。考えてみれば、おかしな話である。そこで考えたのだが、自殺者が2万人を超えたらその責任をとって内閣は総辞職する、というふうにしてみてはどうだろう。そうすれば、政治家たちの目の色もすこしは変わるだろう。

d0017381_00464.jpg
d0017381_003054.jpg
[PR]
by illcommonz | 2011-01-10 00:01
<< ▼ドント・トラスト・オーバー・40 ▼「民主党政権は人殺し政権ですか。」 >>