Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼[エジプト革命] 「体制側が市民に100ポンドを支払い、大統領派デモに動員をかけたとの情報」
d0017381_224679.jpg
「反独裁デモの舞台で流血=激しく投石、引退演説に賛否―エジプト」
 「激しく投石し合うムバラク・エジプト大統領の支持派と反対派―。大統領辞任要求デモの拠点となってきた首都カイロ中心部のタハリール広場は2日、衝突により流血の舞台となった。ムバラク大統領は引退表明で事態収拾を狙ったが、混乱が続いている。数千人規模の反大統領派のデモ隊が残っていた広場に昼すぎ、数千人の大統領支持派が突入、馬やラクダに乗って行進した。そのうち、投石やこん棒を使った激しい衝突に発展し、AFP通信によれば少なくとも500人が負傷した。市民の間では、引退演説に賛否の激論が起きていることが背景にある。現場に展開する軍は自制を促したが、本格的な介入はしていない。ただ、空に向け威嚇発砲する音が聞かれた。これに対し、軍は威嚇発砲を否定、情報は混乱している。親大統領派の突然の広場乱入に対しては、体制側が市民に100ポンド(約1500円)を支払い、大統領派デモに動員をかけたとの情報や、秘密警察が親大統領派の市民に紛れ衝突を扇動したと訴える反大統領派の主張もある。一方、市内のムスタファマフムード広場には、ムバラク大統領支持を訴える数千人規模のデモ隊が集結。参加者のアッバスさん(34)は「ムバラクはわれわれの父親だ。敬意を払わなければならない」と訴えた。南部ミニヤから家族でやって来たタレクさん(29)は「エルバラダイ(前国際原子力機関事務局長)は一体何者だ? ムバラクが去れば、エジプトは死ぬ」と語り、体制維持を求めた。軍用ヘリコプターは上空を旋回し続けているが、通りからは軍車両の姿が減っている。インターネットの復旧に市民からは歓迎の声が上がった。現金自動預払機(ATM)前には行列ができた。」(時事通信 2011年2月3日)

 未確認情報ながら、大統領派がエジプト古代博物館に火炎瓶をなげはじめたため、反大統領派が博物館をまもろうとして、ケガや大ヤケドをおってるらしい。権力の座にとどまるためには人心を金で買い、博物館も焼くということか。どこまでくさりきった大統領だろう。まさにこういう非道なやり口から、過去30年間の恐怖政治がどんなものだったかがうかがいしれる。
[PR]
by illcommonz | 2011-02-03 02:03
<< ▼[エジプト革命] モーリー・... ▼[エジプト革命] イッツ・シ... >>