Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼[エジプト革命] 新しい世俗政治の鎖
d0017381_18233380.jpg
 「今日、イスラム教徒のデモ参加者の人たちが礼拝をしてるあいだ、
 キリスト教徒の人たちが「人間の鎖」をつくって守ってくれました。
 連帯と団結力、そして共生」(Sana Saleem 2011年1月29日)

d0017381_18255100.jpg
 「昨日、イスラム教徒のひとたちが礼拝をしているあいだ、
 それを守っていたキリスト教徒のひとたちの写真を撮りました。」
 (Nevine Zaki 2011年2月3日)

d0017381_1824365.jpg
 エドワード・サイードは青年時代をエジプトで過ごしたという。そのサイードがもし生きてて、この光景をみたらどう思っただろう。たぶんこう云っただろう。

 「いまこそ、アラブの新しい世俗(非宗教)政治を世界に知らせなければならない。わたしたちの武器は軍事的なものでなく、道義的なものなのだ」と。

 民衆蜂起したパレスチナの若者たちが投石する姿に「巨人ゴリアテに立ち向かうダヴィデ」のイメージをみたというサイードが、かつて自分が青年時代を送った国の若者たちが起こしたこの革命を見たら何と書いただどうか?そして、そのサイードが、アラブ社会の様々な問題解決のためにくりかえし説いてきた「世俗的なるもの」がいまインターネットのサイバー空間のなかに出現してきているのをみたら、どう思っただろうか? そんなことを想いながら今日もアルジャジーラをみている。
[PR]
by illcommonz | 2011-02-04 18:26
<< ▼[エジプト革命] ジジェク、吠える ▼[エジプト革命] 「エジプト... >>