Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼人間のクロスロード

[SAVE-LIBYA] Defeated Mercenary Protected By And From Protesters
※次のコンテンツは、見た人を不快にさせる、または不適切な可能性があると YouTube コミュニティが特定したものです。ご自身の責任において閲覧してください。

 「リビアから届いた映像の中には、倒れたアフリカの傭兵に、怒った群衆が襲いかかろうとするのを、自らの体を投げ出してかばおうとしてる市民のグループの姿もあった。つい先程まで自分の命を狙っていた、その相手を守っていたのだ。(CNN)」 (orangeflower08‎ 2011年2月27日)

 ことばにすると、「虐殺を憎んで、傭兵を憎まず」ということになるのだろうが、いままさに虐殺の危険に晒されている側の人たちに、そんな人道的なふるまいができるのだろうかと思うが、その不可能事と思えるようなことを、いま、リビアの市民はみせてくれている。

 岡崎京子の「ヘルタースケルター」のなかに、こういうくだりがある。

 「法なんて人間のこしらえたルールにすぎない。善も悪もはげしさを増すとき、
 かるがるとそれをのりこえる。それはいつも十字路の上で起こるのだ。」

 リビアから次々に届けられてくる一連の映像をみていると、カダフィが体現する人間の愚かしさと市民たちが体現しようとする人間の尊厳とが互いにせめぎあい、デッドヒートをくりひろげている人間のクロスロードをみているような気がしてくる。

--------------------------------------------------------
[参考] リビアの今の状況に、適用されるのかどうか分からないが、こういう国際法もある。

▼「戦時国際法」(出典: フリー百科事典『ウィキペディア』
 「戦時国際法(せんじこくさいほう)は、戦争状態においてもあらゆる軍事組織が遵守するべき義務を明文化した国際法であり、狭義には交戦法規を指す。戦争法、戦時法とも言う。
・非戦闘員の保護
非戦闘員とは降伏者、捕獲者、負傷者、病者、難船者、衛生要員、宗教要員、文民であり、これを攻撃することは禁止されている。非戦闘員は保護対象であり、これを無視して危害を加えることは戦争犯罪である。降伏者及び捕獲者は、これを捕虜としてあらゆる暴力、脅迫、侮辱、好奇心から保護されて人道的に取り扱わなければならない。
[PR]
by illcommonz | 2011-02-27 21:50
<< ▼「あなたが本当は何者であるか... ▼アルジャジーラ「東京での「リ... >>