Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「報道という職業をつくった人たちが定義した通りを貫いています」
d0017381_91469.jpg
d0017381_921260.jpg
d0017381_923895.jpg
d0017381_93162.jpg
d0017381_933113.jpg
d0017381_935545.jpg
d0017381_942919.jpg
d0017381_9447100.jpg
d0017381_95675.jpg
d0017381_952865.jpg
d0017381_955488.jpg
d0017381_961563.jpg
―アルジャジーラとは?

「声なき人のための声、異なった意見を伝える独立報道機関です。アルジャジーラは多面的です。様々な国や文化や文明の心を報道に反映し、対話のかけ橋となる。それが我々の使命です。報道という職業をつくった人たちが定義した通りを貫いています。国民がメディアを信頼するように、我々も視聴者に対して忠実です。商業的にも政治的にも権力に関与せず、距離を置き、独立した声を伝えます。たとえ大変な困難と代償を伴っても、視聴者に愛されているのは大きな喜びです。

アルジャジーラは、アラブ世界の多様性の象徴で、あらゆる国籍や思想の人材が編集室に集まっています。でも 放送倫理はただ1つです。視聴者に尽くし、決して裏切らないこと。私たちは内側から報道します。中心よりも周縁を尊重しているのです。注目される人たちばかり追うことに興味はありません。有名人や大物政治家ではなく、普通の人たちのためのテレビ局です。アラブの大衆にとって、アルジャジーラは自分たちの声なのです。自分たちが所有者だと考えてくれています。視聴者が局の主人なのです。これはとても重要なことです。社長である私は、旅先や日常生活の中で、多くの人たち意見をいただきます。どこをどう改善しなさいとか。自分たちの局だと思われていて、嬉しいです。私たちの関心は人間であって権力ではないのです。」

d0017381_972115.jpg
d0017381_98832.jpg
d0017381_982875.jpg
「現在、アラブ世界は世代交代を迎え、とても微妙な転換期にあります。旧世代は退場を拒み、新世代はまだ登場をためらっています。」(ワダーフ・ハンファル)

声なき人々の声、異なる見方を伝え、対話の架け橋をめざす独立報道機関アルジャジーラ」(デモクラシー・ナウ!」2010年3月31日)

------------------------------------------------------------------
[追記]
▼「カダフィ大佐の別荘、JNNカメラが潜入」
「エジプトとの国境から300キロ。リビア・アルベイダ郊外。丘の上の白い建物はカダフィ大佐の別荘です。JNNのカメラは別荘の単独取材に成功しました。敷地内に入ると、中は荒れていました。窓ガラスが割れています。この地域を反体制派が掌握(以下省略)」 (TBS 2011年2月28日)
[PR]
by illcommonz | 2011-03-01 09:16
<< ▼緒言と謝辞 ▼無関心とは正反対の、あふれる... >>