Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼大友良英 「みんなそれぞれの立場で」
d0017381_20303997.jpg
 「いま 首都圏から移動する人のことを 何とも思わない 居続ける人のことも何とも思わない 自分のことも何とも思われたくない 自分の事情や判断を 勝手に修飾されたくない 自分の友人知人にも両者がいる そのどちらとも 事態が落ち着いたら また気持ちよく仕事がしたいです」(飴屋法水 2011年3月19日のツイート)

 「ぐじぐじとまようときに、○○さんだったらどうするかな・・・って思うことがよくあります。今回はまよってるときに飴屋さんにメールして助言をもらい、おまけにその後は珍しく飴屋さんちにまで遊びに行きました。行ったけどそういうことは結局ほとんど話さず、ぶどうや苺を食べながら小さい娘さんと遊んで帰ってきただけでした。でもなんだかとっても安心した。飴屋さん、いいこと言うなあ。
 今回の事態を踏まえ東京から疎開をしてる友人が何人(何組)かいます。オレが東京に残るということを書いたもんだから、残ることがまるでいいことのように、あるいはそうすべきだという風に見えてしまってないかと心配になって、それでこれを書いてます。
 わたしが、東京に居ようって決めたのは、欧州ツアーが目の前にせまっていて決断を迫られていたからです。ツアーの予定がなければ、そんな悩みもなく、したがって決断する必要もなく、ただ東京でいつもどおり仕事してると思います。わたしが離れたくないなって思ったのは、文章にも書いたとおり、理屈になるような理由ではなくて、まあ、ただ居たいって思ったからです。ここで首都を守ろう・・・みたいな発想は頭をよぎることすらありませんでした。むしろ、不謹慎っていわれそうですが、今なにが自分の身の回りで起こるのか見たい・・・という興味も実はとても大きかった。でもそれはとても個人的な判断で、正しい、正しくないでは計れないと思いますし、ましてやみなが同じように考えるべきとはまったく微塵も思ってません。
 放射能の危険があるかもしれない事態の中で、もしかして第2第3の地震があるかもしれない中で、ここを離れようと思う選択があって当然だと思いますし。その判断が間違ってるはずがありません。ましてや家族やお子さんがいる方はなおさらだと思います。そのことを責めるような論調があるんだとしたら、わたしは身をもって、疎開してる人たちを支持します。
 それぞれの立場で、今出来ることを、自分が壊れない程度にやる。
 壊れそうなら、気にせず休む。
 壊れない場所に移動する。
 特に被災にあわれた方はこれからがどんどんきつくなってくると思います。
 東京に居る人だって精神的にきつくなる人、いると思います。
 どうか無理なさらずに。
 被災を受けてない地域の避難所や非難住宅の準備も着々と進んでいるようです。今居る場所にとどまるのではなく、自分が一番居心地がいい場所に行くことも考えていいと思います。
 今回の災害は長期戦になります。今体力や精神力を消耗するよりは、休めるなら休んだほうがいい。
 わたしもいつものように仕事をせずに、睡眠時間が多くなっただけで、調子のわるかった肝機能が復活してきました。過労だったんですね。
 わたしは両親のいる福島に今すぐにでも行きたいってずっと思ってました。でもこういうときに役立つスキルのないわたしが行っても、一人分の食料がなくなり、一人分のうんこが増えるだけだという東松島市に実家がある友人の助言で目がさめました。
 「冷静になれオレ」って自分に言い聞かせてます。
 わたしの兄弟が昨日フランスから帰国しました。彼には車や自転車、バイクをはじめとした機械修理のスキルがあるだけでなく、さまざまなアウトドアのサバイバルスキルがあります。おそらく数日中になんらかの方法で福島に支援に向かうのではと思います。もう一人のフランスにいる兄弟とともに、わたしは後方支援しつつ、音楽の仕事をつづけようかなって思ってます。」

 大友良英「みんなそれぞれの立場で」より
[PR]
by illcommonz | 2011-03-20 20:36
<< ▼我、感知すれど、関知せず ▼ECD 「ぜったい、つくるぞ... >>