Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼タイタニック号のはなし
d0017381_464882.jpg
ギャビン・ブライヤーズ「タイタニック号の沈没」

 「タイタニック号は20世紀初頭における最先端技術を駆使した世界最大級の豪華客船として、1911年4月に完成した。クイーンズタウン出港後の3日間は天候にも恵まれ、タイタニック号はその最高速度に近い22ノットで航海を続け、13日までに約1,000海里の航海を消化していた。航海4日目の4月14日午前9時、カロニア号より、氷山および氷原ありとの無線電話を受ける。タイタニック号は幾度か警告を受けるが、その警告は深刻に受け止められず、同船は速度を全く落さずに航海を続けた。午後7時30分、カリフォルニアン号は、浮氷原のため、停船の警告を送った。カリフォルニアン号の無線士は、タイタニック号を呼び出し再び警告するが、タイタニック号からは「黙れ、黙れ、こっちは今忙しいのだ!」という返事が返ってくる。度重なる警告を受けながらも、タイタニック号は20.5ノットという高速で航海を続けていた。そして14日も終わろうとしていた午後11時40分、突然船内に警報のベルが鳴り響いた。タイタニック号は北緯41度46分、西経50度14分で氷山に衝突、そして少し進んで停船した。4月15日午前零時、タイタニック号の船体はゆっくりと沈み始めていた。午前零時25分、スミス船長が女性と子供を優先して救命ボートに乗せるよう指示を出す。そして、その指示に従い左舷側で救命ボートの指揮をしたライトラー二等航海士は、女性や子供の優先を徹底して行う。しかし、それに対して右舷側を指揮していたマードック1等航海士は、「女性と子供が優先だが、他にいなければ、男性も乗ってよい」という柔軟な考えで救命ボートに指揮を行っていた。その脇では一等客室ラウンジで演奏していた楽士団が甲板にて軽快な曲を演奏し始めていた。しかし、当時のイギリス商務省の規定では定員分の救命ボートを備える必要がなく、またデッキ上の場所を占め、なによりも短時間で沈没するような事態は想定されていなかったために、1,178人分のボートしか用意されていなかった。結局、1,500名近い乗員乗客が本船から脱出できないまま、衝突から2時間40分後の2時20分、轟音と共にタイタニックの船体は2つに大きくちぎれ、ついに海底に沈没した。」(中尾政之「失敗百選/41の原因から未来の失敗を予測する」より)

 おそらくこの国の政府は、こうした過去の失敗から何も学ばず、このまま勝手に沈んでいくと思うが、どんな場合でも、せめて次の鉄則だけは徹底してもらいたいと思う。特に今回の場合はそうで、もはやそれ以上のことは期待すらしていない。

【非常時の鉄則】
女性と子どもの優先


d0017381_48434.gif
[PR]
by illcommonz | 2011-03-23 04:12
<< ▼YES ▼ビートたけし 「「被災地に笑... >>