Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「3.11以後のいま確かなことは今回我々がやろうとしていることはタイトルひとつにまとまらないほど深
d0017381_11173799.jpg
▼「生きてる実感 Vol.3」緊急企画チャリティートークイベント
3.11以後のいま確かなことは今回我々がやろうとしていることはタイトルひとつにまとまらないほど深刻で複雑で3.11以前のように気の利いたつぶやきで140字以内にまとめることすら難しくもっと端的に言うならツイッターでは済まないからこそみんなで集まり対話を通じてこれからのアートとアーティストのありかたについて考えそこから見えてきたものを出演者と観客それぞれが持ち帰って明日からの生き方に反映させることで少しでも世の中を良くしていきたいという思いだ」
(以上が今回我々が話し合って考えたトークイベントのタイトルである)。

[日時] 2011年3月26日(土)18:30-20:30
[会場] 東京・渋谷 M Event space & bar
(東京都渋谷区恵比寿西1-33-18コート代官山B1)
[出演] 遠藤一郎/海野貴彦/金理有/桑田卓郎/信長/平井友紀/横山玄太郎
[司会] 楠見清 

 「3.11以後のいま私たちは3.11以前に用意していたものごとや考え方がもう役に立たないことに気づいて愕然とさせられている。悔しいことに3.11以前に我々がライヴ・パフォーマンスを通じて現前化することで確かめようとしていた「生きてる実感」は3.11以後のいま人びとが生きるために必要とするものには〈何か〉足りない。多くの人命を奪った地震と津波は船や家や車や生活や思い出のすべてだけではなく私たちの心の中にあったさまざまなものを破壊しそこにあった〈何か〉大切なものをも一気に流し去ってしまったのではないか。被災地で物資不足が叫ばれるのと同様にいま誰もが心の中で得体が知れず言葉にもならない悲鳴をあげている。芸術という精神的な活動領域の比重が大きいアーティストやアートファンであればそのダメージはなおさら大きい。さらに原発事故による放射能汚染が自然界や人体や人間の内面にまで暗い影を拡げるいま3.11以後の世界を生きる私たちはもはや「生きてる実感」どころか「生きた心地」すら奪われているのではないか。被災地にフィジカル(物質的)な救援物資が届けられるようにメンタル(精神的)な被災に対しても〈何か〉が送り届けられる必要がある。3.11以後のアートは3.11以前のアートとは違う〈何か〉に生まれ変わらなければならない。その〈何か〉が一体〈何なのか〉をみんなに見せることが3.11以後のアーティストの仕事となる。語れアーティスト。集えこの文章を読んでくれたあなた。届け強く、生きてる実感。」

※入場無料(ドリンク1オーダーをお願いします。また会場には東北関東大震災救援のための募金箱を設置します。具体的な使途に関してはその場でみなさんからのご意見を募り是非トークの議題のひとつとしたいと思います)

※Ustreamライブ中継:http://www.ustream.tv/channel/生きてる実感

※電力、交通、原子力発電所の状況、不便な点が多々ございますが当日のお越しを関係者一同お待ちしております。

---------------------
 ほんとは今日これに行きたかったのだけど昨日の夜の「地下大学」の講演でさすがに精魂つきはててしまって(なにしろエジプト革命からずっとだもんな)「表現者」である前にまずは「生活者」としての「生きてる実感」をとりもどすべく今日はどうしても家でやりたい「生活を通した表現活動」と今しかできない「生活を通した政治活動」があるのでイベントに行けないかわりに勝手につくったタイトル画像をつけて応援したい思いだ。
[PR]
by illcommonz | 2011-03-26 11:24
<< ▼イルコモンズ農場をつぶして、... ▼細野晴臣「震災所感」+「冬越え」 >>