Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼荒らぶる力を鎮めるやりかた
d0017381_2331354.jpg
d0017381_2333996.jpg
d0017381_2341199.jpg
d0017381_2344030.jpg
d0017381_235189.jpg
d0017381_2352610.jpg
d0017381_235458.jpg
 原発がおそろしく、残酷なら、
 それに対応し、のりこえて、
 新たに切りひらく運命、
 そのエネルギーは、
 それだけで猛烈で、
 新鮮でなければならない。

 でなければ原発は、
 ただ災難だった、
 押されっぱなし
 ということになってしまう。

 自分は災難にあわなかったという、
 今さらながらの安堵感。
 なんという、にぶさだろう。
 ナンセンスだ。
 明らかに筋がすりかわっている。

 現在、爆発し続けている問題。
 それをデモにくる一人一人が、
 自分のこととして確かめ、
 そして爆発しつづけることが
 本来なのだ、未来なのだ。

 すべての人が、
 それぞれの責任、個性に応じ、
 あらゆるイマジネーションに
 彩られた粉飾をまといながら、
 平気でぶつかりあう。
 そして緊張したハーモニーを
 もりあげてゆけば、世界は充実し、
 高揚してゆくだろう。

 岡本2011太郎「原発ゼロ年」

d0017381_2373845.jpg
d0017381_2381167.jpg
d0017381_2393468.jpg
d0017381_240176.jpg
d0017381_2402625.jpg
d0017381_2405166.jpg
「仁治二年(1241年)、博多で疫病が流行したため、宋から帰朝した承天寺の開祖・聖一国師(円爾弁円)が、博多・津中の人々に請われて、彼らの担ぐ施餓鬼棚に乗って疫病封じのため祈祷水(甘露水)をまいたことから来ています/今宮神社は古来疫病を祀り、疫病を祓うために御霊会が行われてきた古社である。この閑静な社は、疫神を鎮めるために設けられた異界なのである。正暦5年(994年)には、洛中に疫病が流行したために、神輿を作り当社から素戔嗚尊を担ぎ出し、船岡山で御霊会が営まれた。そして山頂の磐座(いわくら)で荒らぶる素戔嗚尊を鎮めたという。/祭の起源は古く、平安時代に疫病が流行する桜の花の散る頃に疫病を退散させるために「花しずめの祭」を行ったのが始まりといわれています。赤や黒の飾り髪を振り乱しながら鉦や太鼓を鳴らし疫病退散の願いをこめて舞い踊ります。/蘇民祭は、古来疫病退散を祈願して行われた行事です。胡四王神社は、大同2年(807年)に坂上田村麿が東征の折、将兵の武運と無病息災を祈願して薬師如来を祀ったことから、この疫病退散を合わせ、国家安穏、五穀豊穣、村中安全を祈願して、慶応元年から蘇民祭が行われるようになりました/上野天神祭の見どころば鬼行列である。疫病退散の祈りを込めて恐ろしくもユーモラスな面を着けた悪鬼、八天、小鬼、ひょろつき鬼たちが町を練り歩き、観衆を喜ばせる。」

d0017381_245253.jpg
d0017381_2452069.jpg
d0017381_2454480.jpg
d0017381_2461058.jpg
d0017381_2492786.jpg
 グラフィックデザイン+現代美術+文化人類学+素人の乱

「あたしらは、いま、ふつうの状態じゃないんだ
 ふつうの状態でないときに、ふつうのやりかたじゃ、まにあわないんだ。」
 イルコモンズ(現代美術家/文化人類学者)
[PR]
by illcommonz | 2011-05-07 03:07
<< ▼ぼくらは薄着で笑っちゃう ▼「5.7 原発やめろデモ!!... >>