Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「日本沈没」と「レヴェル8ジャパン」
d0017381_1810268.jpg
 かつてジョン・レノンは「国や宗教なんてないんだと想像してごらん」とうたい、その歌詞は「あまりに非現実的で、ユートピア的すぎる」と批判されたが、その当時の自分にとっては、「日本が沈没すると想像してごらん」と、それを描いてみせた小松左京のデストピア的なイマジネーションの方がはるかにリアルだった。

d0017381_18103412.jpg
 小松左京が描いてみせた「最悪のシナリオ」が現実化することはなかったが、いま、それとは「別の最悪のシナリオ」を、自分たちは、「SF」や「科学空想ドラマ」はなく、「異常な日常の現実」として生きている。まるでSFや空想ドラマを生きているような錯覚を感じている。ドラマやパニックのない「静かな破局」に立ち会っている。見えない放射能に、なすすべもなく、「なしくずしの死」を生きている。

d0017381_1811239.jpg
 だから、いま、自分たちは、この惰性に抵抗するため、「日本が沈没する」という死産したイマジネーションのかわりに、「レヴェル8の世界」という、すこぶる近い「近未来」の物語を、同時代のアーティストたちと一緒に描こうと思った。抑圧された不謹慎なイマジネーションとデストピア的想像力を解放するため、想定外の状況を想定するアーティストの想像力に賭けてみた。

レヴェル8の世界へようこそ、「アトミックサイト展」開催中。

▼アトミックサイト展
http://atomiksite.wordpress.com/

「小松左京さんが死去 「日本沈没」「復活の日」」 
 「日本沈没」「復活の日」などのベストセラーで知られ、日本SF小説界の第一人者である作家の小松左京(こまつ・さきょう、本名・實=みのる)さんが、26日午後4時36分、肺炎のため、死去した。80歳だった。葬儀・告別式は親族で済ませた。1931年、大阪市生まれ。京都大文学部卒。在学中に漫画を描き、同人誌などに小説を発表する。作家の故高橋和巳とは学生時代からの同人誌仲間で、ライバルだった。ラジオのニュース漫才の台本を執筆する一方、米国のSF小説に影響を受け、61年、「SFマガジン」のコンテストで「地には平和を」が入選。以後、生物兵器ウイルスと核戦争による人類滅亡を描いた「復活の日」や社会性の強い「日本アパッチ族」「終わりなき負債」、超能力者スパイをめぐる活劇「エスパイ」、第6回SF大賞を受賞した「首都消失」など多くの話題作を送り出した。
[PR]
by illcommonz | 2011-07-28 18:13
<< ▼「アトミックサイトからのお知... ▼「明日の神話」溶融、渋谷・放... >>