Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼ノー・ニュークス・タイム!
d0017381_001740.jpg
▼「日本の全原発停止までのタイマー」
http://deadlinetimer.com/timer/33822



 ノー・ニュークス・タイム!
 電気は足りてる
 OH YEAH!
 ALL RIGHT!
 うたえ、おどれ!

 ノー・モア・ニュークス!
 電気なら足りてる
 OH YEAH!
 ALL RIGHT!
 いわえ、さわげ!

 No Nukes Time
 We're Gonna Celebrate.
 Oh Yeah!
 All Right!
 Don’t Stop the Dancing.

 No More Nukes
 We're Gonna Celebrate.
 Oh Yeah!
 All Right!
 Celebration Tonight

 Celebrate
 No Nukes Time
 Celebrate and Dance for Free

 You Know I'm just Feeling
 Don't wait too late
 You Know We're Gonna Do It Right

d0017381_025612.jpg
「国内の全原発が停止、42年ぶり 泊3号機が定検入り」
 「北海道電力泊原発3号機(北海道泊村)が5日午後11時3分、定期検査のため運転を止め、国内に50基ある原発が1970年以来42年ぶりにすべて停止した。原発が運転再開するめどは立っておらず、昨年3月の福島第1原発事故を経験した日本は、発電量の3割を占める原発の運転ゼロが続く前例のない時期に入った。原発の安全性に不信感を抱く市民グループは「原発ゼロ」を脱原発に向けた一歩と位置付け、全国各地で集会やデモを開いた。泊3号機の地元、北海道では停止前の午後1時、40の市民団体が札幌市の大通公園で集会を開き、雨の中、450人(主催者発表)が集まった。冒頭、3人の子どもが「こどもの日」にちなみ、メッセージを読み上げた。福島第1事故で福島市から札幌市に家族で避難した中学2年の渡辺刀麻君(13)は体験を基に「事故で福島の絆はずたずたに切り裂かれた。子どもが笑顔でいられるようにしてほしい」と訴えた。札幌市の高校1年の池沢加那さん(15)は「重荷を背負うのは私たち子どもです。原発は本当に必要なのですか」と疑問を投げ掛けた。この後、「これからずっと原発ゼロ」「子どもが大事、命が大事」などとシュプレヒコールをあげながら、中心街を歩いた。参加した北海道北広島市の主婦佐々木百合香さん(32)は「3日後に第3子が生まれる予定。子どもに二度と悲劇を経験させないため、原発はきょうで卒業して」と話した。泊3号機は午後5時、核分裂反応を抑える制御棒を原子炉に挿入。運転指令室から北海道電本店(札幌市)の中央給電指令所に電話で連絡が入り、3号機が出力低下作業を始めた。出力は89万キロワットから徐々に下がり、午後11時3分、ついにゼロに。全国の注目を集める中、北海道電は「通常の定期検査による停止で、特別な意味はない」として、記者会見を開かなかった。泊原発のPR施設「とまりん館」には多数の報道陣が詰め掛けたが、原発内の取材は制限され、代表取材しか認められなかった。」(中日新聞 2012年5月5日)

d0017381_2551242.jpg
「泊3号機、23時03分、解列」 稼働原発ゼロの瞬間」
 「泊原発3号機の中央制御室には、出力が2万4千キロワットほどに落ちた5日午後10時53分、「泊3号機、解列操作開始します」とのアナウンスが流れ、原発の発電機と送電線を遮断する作業を始めると告知した。午後11時3分、出力を示す大型モニターの表示がゼロに。「泊3号機、23時03分、解列しました」とアナウンスが流れた。ほぼ同時刻、北電本社(札幌市)の中央給電指令所で3号機の発電状況を知らせる制御盤上のランプは、発電中の「赤」から停止を示す「緑」に変わった。指令員は定期検査入りを示す「長停中(長期停止中)」のマグネット札を張りつけた。」(朝日新聞2012年5月5日)

 「今日から、この国は原発ゼロ。それだけで、何かが良くなるわけではありません。降り注いだ放射能は消えません。日々の暮らしは大量の電気を必要としています。根本的な解決は、次世代に託されます。しかし、福島の事故から一年余。私たち大人も、もういいかげん変わらなければなりません。考えて、決めて、行動できる自分を取り戻さねばなりません。」(東京新聞 2012年5月5日)
[PR]
by illcommonz | 2012-05-05 23:00
<< ▼「祝!原発ゼロ・パレード」のために ▼いま、よろこばないで、いつ、... >>