Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼文化人類学解放講座・テクノロジー文明批評人類学

▼ジャック・エリュール「テクノロジーの裏切り」
 「テクノロジーの社会ではもはや誰も「責任」などとることはできないのです」
 (ジャック・エリュール)

Q:「未開社会」と「近代社会」との決定的な差異は何でしょうか?
レヴィ・ストロース:「民族学者たちが研究する「未開社会」は、私たちの巨大な「近代社会」と比べると、ちょうど「蒸気機関」に対して「時計」がそうであるように、「熱い社会」に比べてすこし「冷たい社会」であるといえます。それは物理学者が「エントロピー」と呼ぶ、あの「混乱」をごくわずかしか生まずにすむ社会であって、どこまでも、はじめの状態のなかに自らを保とうとする傾向をもっています。だから私たちには、そうした社会が「歴史」も「進歩」もないように見えてしまうわけです。一方、「私たちの社会」は、その社会構造という観点からみても、「蒸気機関」に似ています。つまり稼動するためには、ポテンシャル・エネルギーの差を利用するわけで、その差はさまざまな社会的階級の形式によって実現されているのです。このような社会は、その内部に不均衡を作り出してしまうのです。そして、その不均衡を利用して、さらにずっと多くの秩序と同時に、さらにずっとたくさんの「混乱」を、つまり、ずっとたくさんの「エントロピー」を、人びとのあいだの関係という平面の上に生みだしているのです。 (...) いわゆる「未開社会」は、ある点まで「エントロピー」のないシステム、あるいはきわめて「エントロピー」の弱いシステムで、一種の「絶対零度」、物理学上の温度でなく、「歴史的温度の絶対零度」で作動する、と考えることができます。我々の社会のような「歴史的社会」はもっと高い温度をもっているといえます。もっと厳密にいえば、それはそのシステムの内部の温度差、社会的差別に由来するところの、大きな温度差によって存在しているといえます。未開人は、彼らの文化によってほんの少しの秩序しか作りだしません。彼らはその社会のなかで、ほんのわずかのエントロピーしか生みだしません。これらの社会は「平等主義的」で、「機械的な型」に属し、「意見一致の原則」によって律せられています。それと反対に、文明人はその機構や文明の大事業が示しているように、その文化の中で多くの秩序を作り出していますが、社会の中では大量のエントロピーをもまた、作りだしているのです。」(「レヴィ・ストロースとの対話」より)

d0017381_2336385.jpg
▼イルコモンズ「原子力資本主義」

 「いまのテクノロジーを規定している「西欧近代のテクノロジー」が形をなしはじめたとき、それが「人間性」をこえてしまうことはすでのそのシナリオのなかに書かれていた。テクノロジーは、当初、身体の延長線上にあったとしても、すぐにそれは、身体を持った「人間」のレベルをこえてしまった。この力のもとでは、身体を持った「人間」や有機的な「自然」は解体せざるをえないわけだから、原子力や遺伝子操作やナノテクノロジーの「事故」は、このテクノロジーの側から見れば、全く事故ではないのである。いまわれわれは、原子力という「人間性をこえた」技術を極めて具体的な形で目の当たりにしている。この技術は、もともと「人間性」を越えているのだから、それが「人間」をないがしろにしても不思議ではない。それは「ヒューマニズムをこえて」いるうえに、「近代の人間」にはその受入体制が出来ていないから、その出会いは多くの場合悲惨なものとなる。しかし、この出会いが「楽しい」ものとなるのは、「超人」にとってだけなのだ。ということはつまり、万人が「超人」にならないかぎり、このテクノロジーと人間との出会いは悲惨なものでありつづけるということだ。現実に、「超人」が万人のエートスになるなど不可能なので、それは、非常に矮小化された形で「エリート」や「特権者」として具体化されることになる。実際、いま、原子力という技術はそういう特権者のためのものとして機能しており、その先には、ごくかぎられた特権的集団と廃墟だけ、あるいは数人の「エリート」とアンドロイドの大群がいる「猿の惑星」的世界しかないのである。いま福島原発は、われわれに「心中」を強いている。いずれこの「心中」を審美化し、われわれが素直にこのトレンドに従う方策が練られるだろう。しかし、わたしは、そんな安っぽい「死の美学」の臭気を浴びるのはごめんこうむりたい。テクノロジーとの「心中」はごめんだ。では、なぜ「人間」を「こえる」がよしとされるのか? なぜ「人間」は「人間」を「こえ」なければならないのか? ありあわせの「身体」にとどまることはできないのか?」(粉川哲夫「テクノロジーとの心中」)


▼「福島第一原発ライヴカメラ」
[PR]
by illcommonz | 2012-06-13 00:27
<< ▼首相官邸前の痛んだ歩道のために ▼告訴 >>