Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼小塚類子「デモと無縁で80年近く生きてきた人間があの日率直に感じたこと」
d0017381_1144282.jpg
 「船橋に住むことが、恥ずかしくなっています。野田とかいう地元の代議士が首相の立場で、おおい原発の再稼働を承認しました。次回の選挙は野田氏が自滅をしてもらうために、汗を流すことにになりました。後輩なのにしんどい。原発より人間の命をこの星に残したい。」


d0017381_1153737.jpg
「老父が船橋デモ参加直前に書いた文に
反響を沢山頂き有難うございました。
事後の感想をまた転載します。

 「生きている 『安全神話』の壁を崩す人達の列に加わりました。枯れ木も山の賑わい。6/24の脱原発船橋行進に参加しました。首相のお膝元に着目した杉並、中野の市民の発想がすばらしい。デモのため片側車道が確保され、安全を守ってくれた警察にも敬意。私のいつもの散歩道を2000人のお仲間と、ビートの効いたドラムスのリズムに合わせてシュプレヒコールの行進。セカンド・ラインを行く「聖者の行進」みたいだとジャズファンの私が余計な空想。この日の我が家の前から船橋駅までの1.5キロは、祈りから実践へのささやかな一歩になりました。」

 とのことです。デモと無縁で80年近く生きてきた人間があの日率直に感じたことです。」
(小塚類子 2012年6月27日のツイートより転載)

--------------------------------
(おまけ)
小塚類子「今日の船橋デモの動画にオレが映ってないか、エゴサーチ中の78歳。」 より

d0017381_117443.jpg
[PR]
by illcommonz | 2012-06-28 11:14
<< ▼「6.29緊急!大飯原発再稼... ▼感冒中 >>