Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼[再掲載]「これは田ノ浦という生態系に満ちた海に生まれた運動なのだろう」
d0017381_0114842.jpg
 「島では29年前に始まり、今では1000回以上を数える祝島島内デモが続けられており、いつもその先頭を歩く80代の島の女性がいます。彼女はこの日、予定地海岸の浜にいたのですが、その彼女によると「ありゃあ中電のパフォーマンスよ。本気で作業する気はないよ。工事をしようとするフリをしてこっちが文句を言うところをビデオに撮って、『妨害されてま~す』いうて国とかに言うんじゃろうじゃ(笑)。それかまた裁判でわしらを訴えるんかねえ(笑)。何が妨害かね。わしらはつい立っちょって「やめなさい」「させません」ってゆうちょるだけじゃあ、ねえ」とのことです。」(祝島島民の会blog「2月25日の状況報告(加筆版)」2011年2月26日)

 「カヤック隊最年長、60才代半ばの愛媛県人は、まだ居続けている。長年国内外で内装工事の親方をやり続け、最近退職したが、とたんに腰が不自由となり、ツエをつかなければ歩けなくなった。だが、田ノ浦を訪れた時「これは俺が子供の頃に遊んだ愛媛の海と同じだ。瀬戸内海にこれほどきれいな海が残っていたのか!」と感動、ここを守る事を決意した。彼は言った。「阻止行動をすると、中国電力や海上保安庁が、リーダーは誰ですか?と聞いてくる。俺達はリーダーなんて居ないし要らない。皆が個人で同じ目的のためにやってるだけだと答える。彼ら上意下達のピラミッド型。俺達は歳も身分も関係のないアミーバー型だ。ひとりひとりが違っていても生活と運動を仲良くシェアーして喧嘩などは起こったことがない。これは俺達の世代が内ゲバでつぶれていったり、嫌気がさして止めたのとはまったく違う運動だ。本来そうあるべき人間関係。生物間の関係と言っていい。だから田ノ浦は絶対守れる」。これは田ノ浦という生態系に満ちた海に生まれた運動なのだろう。」(サワの旅「田ノ浦大攻防3日間の後で(4)」2011年3月9日)

▼「これは田ノ浦という生態系に満ちた海に生まれた運動なのだろう」
「イルコモンズのふた」2011年3月10日より再掲載
http://illcomm.exblog.jp/13094678/

 「田ノ浦は絶対守れる」ということばが、事実上、現実になった。

「上関原発、事実上中止へ」
 「原発の新設を認めない政府の新たなエネルギー戦略を受け、中国電力の上関原発(山口県上関町)計画は事実上、中止の方向が決まった。運転開始から38年を経た島根原発(松江市)1号機は、2014年に廃炉となる。中国地方の原発計画は大きく転換することになる。政府の新戦略に対し中電は「極めて遺憾」とコメント。「安全対策を徹底し、原子力発電が重要な電源の一つとして信頼いただけるよう務める」とした。地元にも異論があり、最終決定までに、なお曲折も予想される。上関原発は、福島第1原発事故を機に準備工事が中断し、本体工事は未着手。今後の着工は、「新増設しない」とする原則に沿わない。政府は上関原発の個別方針は示していないものの、この原則が適用される可能性が高い。同原発は1982年、当時の上関町長が誘致を表明。その後、推進と反対派で住民の民意が二分し、これまでに9回計画は延期されてきた。事業費は約9千億円。計画中止となれば、町づくりにも大きく影響する。島根1号機は、74年の稼働開始から38年が経過。運転を40年に制限する方針に基づくと、2年後の14年に廃炉の期限を迎える。89年に運転を始めた島根2号機は、同様にあと17年で廃炉の期限を迎える。建設工事がほぼ完成している島根3号機は、近く発足する原子力規制委員会の判断に委ねられるが、既設として稼働が認められる可能性がある。」(中国新聞 2012年9月15日)

【祝島から学ぶべき点】
・「わしらはつい立っちょって「やめなさい」「させません」ってゆうちょるだけじゃあ」
・「俺達はリーダーなんて居ないし要らない。皆が個人で同じ目的のためにやってるだけだ」
・「俺達は歳も身分も関係のないアミーバー型だ」
・「ひとりひとりが違っていても生活と運動を仲良くシェアーして喧嘩などは起こったことがない」
・「これは俺達の世代が内ゲバでつぶれていったり、嫌気がさして止めたのとはまったく違う運動だ」

 金曜の霞ヶ関一帯での抗議、そして日本各地での抗議は、「アミーバー型」に展開している。



----------------------------------------
[関連]
▼上関原発抗議行動 「私をここに埋めてください」
http://illcomm.exblog.jp/16750390/
[PR]
by illcommonz | 2012-09-17 00:14
<< ▼OTAMEGOKASHI(お... ▼「敬老の日は野田KOの日!!... >>