Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼ムーヴメントの「パルス(拍子/脈伯)」としてのドラムサークル

▼「ムーヴメントの「パルス(拍子/脈伯)」としてのドラムサークル」
(2011年11月5日、ニューヨークのズコッティ公園にて「オキュパイ・ウォール・ストリート」のドラム・ワーキング・グループ「パルス」に参加)

 「支配というのは、"こころ"と"からだ"の分断を好むもので、それはアッセンブリー(=集会)と(ドラム)サークルの上にも影をおとしていた。ドラムは「エスニックなもの」とみなされ、有色人種を意味し、集会は「白人」を意味するものになっていた。さらにまた、ドラムは「男性」を、集会は「女性」を象徴するものになっていた。これは、人種やジェンダーの点で、それぞれのグループの実情と一致しないが、なにか本質的なものであるかのようにみなされていた。こうした二極分化こそ、オキュパイ・ムーヴメントが逃れたいと望んでいたものだったが、公園で議論をするオーガナイザーたちは、自分の声すら聞こえないと感じていたし、かたやドラムサークルの方でも、自分たちがやっていることが評価されてないように感じはじめていた。彼(女)らもこのムーヴメントを「やってる」るのだし、実際、この運動をそのはじまりからサポートし、参加者と寄付を集めてきた。いや、ドラムをたたくことだって「運動」なのに、どうして誰もそれを分かってくれないのだろう、と。
 だが、総会はこの難局をきりぬけた。「人間マイク」という偶然の発明によって、総会自体がドラムサークルのようなものになる素地ができていたのだ。聞き手たちは、他人の話の調子にあわせて、それを自分自身のからだでくりかえすのだから。ドラムサークルの方でも、ワーキング・グループをつくり、ルールを調整することにした。そのワーキング・グループの名前に「パルス」を選んだのは象徴的で、とても気が利いている。それはドラムサークルがそのまわりにつくりだす「パルス=拍子」を意味するだけでなく、身体のメタファーももりこまれているからだ。「パルス=脈拍」は、"こころ"と"からだ"を分離させず、人間の活力を示すもので、それは新しい考えや経験、よろこびやおそれにふれると、速くなったり遅くなったりするものだ。」
(マーク・グレイフ「ドラムサークル」より抜粋して一部改訳)

 「わたしたちは、このムーヴメントのパルスである。パルスが運動をつくりだす。パルスのないものは死んでいる」(パルス)

-------------------------------
[参考]
「パルスとリトルネロ」
「イルコモンズのふた」 2012年6月8日
「お前の村の踊りを踊れ」
「イルコモンズのふた」 2012年7月5日
[PR]
by illcommonz | 2013-01-10 21:13
<< ▼文化人類学解放講座最終講義 ... ▼新たな「ドラム隊」の出現のために >>