Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼イルコモンズ作 「経団連を呪う悪魔の笛」
d0017381_12342059.jpg
(つづき) だとすれば、ベルが小さくて、「円筒形」のかたちをしたサックスを選べばよい。問題は、そんなサックスは存在しないということだが、なければ自分でつくればよい。そう思い、さっそく、つくってみることにした。 イメージはずばりコレである。

d0017381_12344428.jpg
▼横溝正史「悪魔が来りて笛を吹く」

 悪魔が手にしているのはフルートである。フルートは「円筒管」なので、「円錐管」のサックスに比べると音がちいさく、クラリネットについてるようなフレア(ベルのようなふくらみ)すらない。高音部では透明感のある美しく澄んだ音がするが、低音部では陰にこもった不吉で不気味な音色がでる。これに、かつて「悪魔の角笛」と呼ばれたサックスのマウスピースを挿し、低音のアンブシュア(口のかたち)で思いっきりブローアップすると、ゴボゴボゴボ、ゴボ、ゴゴゴゴーっという、つまった配水管のようなきたない音になる。ホンク吹きする(単音を不自然なくらい強いタンギングで吹いたりする)と、ブ・ブ・ブ・ブーと、オナラやブーイングのような下品な音がする。グロウル吹きする(うあーと声を出しながら吹く)と、グゥグゥギャグゥアアアアと、ケモノがうめくようなおぞましい音がする。経団連にはぴったりの音である。ちょうどおあつらえむきに、頭部管がつぶれて、使いものにならなくなったポンコツのフルートがあるので、ギコギコ、トントン、カンカンと改造することにした。

d0017381_1235121.jpg
胴部管のリング部を切断する。

d0017381_12353739.jpg
アルトサックスのネックを挿す(音程がうわずっていて、すこし可笑しい、いや、お変しい)。

d0017381_12363366.jpg
ちいさいベルをつけてみた。これで音程がすこしましになった(気がする)が、本来そこにないはずのものがあるので管の鳴りがさらに変になった、いいぞ。イルコモンズのブログにも書いてあるように、「狂えば狂うほど調子がよくなる」ものもあるのだ。

d0017381_12365066.jpg
サムレスト(指かけ)やストラップ・ホルダーをつけた。(以下省略、詳細は後日)。

d0017381_1311439.jpg

▼イルコモンズ作 「経団連を呪う悪魔の笛」

 この「悪魔の笛」のいいところは、人間たちがほしがる管楽器の「遠達性」(通称「遠鳴り」、音が遠くまでよく届くこと)をあっさり犠牲にしたので、目の前にある経団連ビルに、「ゴボゴボゴボ、ゴボ、ゴゴゴゴー、ブ・ブ・ブ・ブー、グゥグゥギャグゥアアアア(以下省略)」というおそろしく耳ざわりな騒音や雑音を思う存分まちらすことができるが、その音は近隣の家まで届かないというところである(そのぶん、自分のそばで抗議している人たちは気の毒なので、あまりそばに寄らないようにしてください)。これにテナーサックスのマウスピースを挿して、レスター・ヤングのように、ななめに持って吹くと、なかなか具合がいいので、今日はこれで「経団連は恥をしれ」(作詞・作曲:火炎瓶テツ)のテーマを吹くことにしよう。経団連のような金の亡者に魂を売ることはないが、音楽の悪魔にならよろこんで、たましいをうるぞ。というわけで、悪魔の楽器づくりは(つづく)。

d0017381_12492351.jpg
 「もう、これ以上の屈辱、不名誉に耐えることはできない。これが暴露されると、泥沼のなかに落ちてしまう。ああ、悪魔が来たりて笛を吹く...」(椿英輔の遺言「悪魔が来たりて笛を吹く」より)

-------------------------------------
[参考]
▼自民党とたたかうサックス
http://illcomm.exblog.jp/17442783/

d0017381_19432112.jpg▼怒りのドラムデモ ‏@drumsofprotest
「@Nority_for_two 叩き方にもよりますね。音色としては基本高音域なので、例えば連続して早く叩くと周りの人は自分の音が聞けなくなってしまうかもしれません。周りの音を聞くというのは大事な事です。まずはトライアルとして誤解も含むかもしれないですが、楽しんでやって見てください。」(2013年1月21日のツイート)

「ピンチはチャンス。 今までと違うやり方を模索できるタイミングとも言える。周りの音をよく聞いて。なによりまず、あそこに集まる事にはすでに意味があって、ドラムを持った人も声をあげればよい。」(同上)

「首都圏反原発連合主催の経団連前抗議において、近隣住民の方から抗議の音に関する苦情が寄せられています。この抗議が続けられるようドラムの叩き方や楽器の選択に注意し、また周りのコールや参加者との音のバランスも配慮して頂けますようご協力をお願い致します。」(同上)

抵抗は「発明のまま母」である。

------------------------------------------
[追記1] 音楽家の知り合いから、サックスの音をちいさくしたいんだったらサックス用のミュートを使えばいいよ、とメールがきた。あ。。。 (以下省略) ま、いいか。

d0017381_15531919.jpg
このミュートを他の楽器のベルに使えないかな。

------------------------------------------
[追記2]
d0017381_1483861.jpg
[撮影] 秋山理央

 なんというか、ほら、横溝(正史)だから、やっぱり、こういうかぶりものがないと悪魔らしくみえないからね。それに、音で抗議できないときはヴィジュアルでインパクトを与えないとね。さて、これをみた経団連はビビっただろうか。
[PR]
by illcommonz | 2013-01-22 13:26
<< ▼キンカン、キンカン、トッカン ▼冬の楽器 >>