Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼連休と「屈辱と憤りの日」


「日本「主権回復の日」記念式典 抗議集会
~4.28は沖縄が切り捨てられた屈辱と憤りの日だ」

[日時] 2013年4月28日 11:00集会、11:50デモ行進
[場所] 日比谷公園・西幸門
 「1952年4月28日、サンフランシスコ平和条約が発効、日本は国際法的に「主権」を回復した。しかし、同時にこの日から沖縄は同条約第3条に基づき、アメリカの施政権下に組み入れられた。沖縄人にとって「日本政府が沖縄を切り捨て、アメリカ軍に売り渡した日」である。61年後の、現在の沖縄が抱える戦後の苦難の歴史は、すべてこの日から始まった。米国の言うがままの属国に成り下がっている日本が「主権回復」とはちゃんちゃらおかしい。少なくとも沖縄に関して「主権」というならば、61年間沖縄を踏みしだいてきた“土足”をどけてから言ってくれないか。オスプレイの強行配備、高江のオスプレイパッド建設、辺野古の埋め立て申請等々、次から次へと抑圧してくる日本政府。沖縄は呻吟している。私たちは沖縄の立場から4月28日を祝うことを拒否する。そして、4月28日の意味を、怒りをもって問い直したい。沖縄では式典と同日同時刻から抗議集会が開催されます。この日の集会とデモに、多くのみなさんが結集されるよう呼びかけます。
[主催] 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック

「主権回復式典の中止を、「屈辱の日」を祝うのか」
 「サンフランシスコ講和条約の発効日(1952年4月28日)を記念して政府が28日に開催する「主権回復の日・国際社会復帰記念式典」に抗議する集会、「屈辱の日」八重山大会は26日夕、新栄公園で行われた。200人余が参加し、「沖縄の『屈辱の日』である4月28日に主権回復を謳い、祝う政府式典開催に反対し、中止を求めて強く抗議する」とする安倍晋三首相あての大会決議を採択した。大会は19団体で組織する実行委員会が主催した。主催者を代表して長浜信夫市議が「沖縄は、第二次大戦で本土防衛の捨て石にされ、講和条約で切り捨てられた。4・28を祝う式典は、沖縄の置かれた現状を顧みない暴挙。怒りを禁じ得ない。中止を強く訴え、抗議しよう」と呼びかけた。高嶺善伸県議の県議会決議の報告、地域や青年を代表した決意表明もあった。八重山3市町からは川満栄長竹富町長が「皆さんと同じ思い」として出席した。川満町長は「4・28は日本の独立と引き換えに沖縄を切り捨てた日、見捨てた日である。日本は沖縄の犠牲の上に繁栄した。総理大臣や国民はこのことをもっと知らないといけない。小指の痛みを全身の痛みとして感じてもらいたい」と訴えた。決議文は、4月28日を日本から切り離され、米国の占領統治が継続することになった「屈辱の日」とし、基地建設のための強制的な土地接収や現在も続く米軍人の事件・事故などに言及した上で「沖縄の苦難の歴史と耐え難い現状をつくりだしている原因は、サンフランシスコ講和条約」と糾弾している。」(八重山毎日新聞 2013年4月27日)


d0017381_21322589.jpg
 明日のデモのために「琉球音階」だけしか吹けないように改造した6穴式のたて笛。

-------------------------------

[追記]
d0017381_1272674.jpg
▼那覇市役所には、「悲しみ」の思いを発信するため、紺色ののぼりと旗が掲げられた=28日午前9時5分、那覇市、上田幸一撮影
[PR]
by illcommonz | 2013-04-27 21:15
<< ▼文化人類学解放講座「文化人類... ▼「4.26 大飯原発を停止せ... >>