Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「人間になろう」
d0017381_2462851.jpg
 「情報提供に重点をおくプロジェクトはたしかに重要だが、それはあっけなく失望と幻滅をもたらすものでもある。アメリカ合衆国の民衆が、政府がやろうとしてることや、政府の犯した犯罪を知ってさえいれば、彼らはきっと立ちあがって変革するだろう、と考える者もいるかもしれない。だが、実際には、たとえ、ノーム・チョムスキーの著作をすべて読み、ウィキリークスが公開したあらゆる資料に目を通したとしても、彼らは、同じ政治家に投票し、同じ政治家を政権につけ、つまるところ同じ社会を再生産するだろう。情報だけでは不十分なのだ。私たちには、いまとは異なる情報とテクノロジーが必要だが、それだけでは十分ではない。私たちは真理を見つけださなければならない。新しい真理をつくりださなければならない。たとえば、デモで政治的なスローガンがうみだされ、それが拡散することで、人びとは真理をつくりだす。オキュパイ運動からうまれた「わたしたちは99%だ」というスローガンは、1%の富裕層と99%の大多数を対置させ、社会のなかの不平等という現実をあかるみにし、議論を劇的なかたちで転換させた。こうした真理から、新たな政治的情動が生みだされることがあるのだ。」(アントニオ・ネグリ)

 ネグリがいうように、情報は大切だが、情報だけでは、ものごとは簡単には変わらない。告発や非難のことばは、多くの人の耳に届きにくい。「人権」や「民主主義」という言葉が、人の心を動かさない国もある。しかし、人には誰しも良心というものがあり、情動というものがある。情報に足りないのは、うっかり眠りこんでしまっている人の良心をめざめさせ、人を家から外へ連れ出す情動だと思う。良心はふと目ざめてくる。それは「まさか自分にそんなものがあったとは」とか、「まさかあの人にそんなものがあったとは」という驚きととともに目ざめる。しばしば映像と音楽は、ねむりこんでしまっている人の良心をめざめさせ、その映像と音楽の向こうから「真理」を語ろうとする者の声や表情が、時代や社会をこえて、多くの人の情動をゆさぶることがある。自分はそういう何かと、その力を信じている、だから、けっして、あきらめない。


▼「VOTE/投票」
 投票の権利のために、たたかい、命をおとし、生きぬいてきた人びと
 1919年 米国で女性の投票権を認める憲法第十九条の改正が批准
 1964年 米国で黒人に白人と同等の権利を保障する公民権法が制定
 1994年 南アですべての人種が参加する初の総選挙が実施
 2005年 イラクで新憲法草案の是非を問う国民投票が実施
 「これが民主主義です」(ネルソン・マンデーラ)
 「生まれてはじめて「私は人間なのだ」ということを実感しました」(ある男性)


 オキュパイ運動のなかで、くりかえしくりかえし配信された「ある真理」。

 「人間になろう LETS BE HUMAN BEINGS.」
[PR]
by illcommonz | 2013-07-21 02:50
<< ▼自民は「圧勝」などしてない ▼マハトマ・ガンジー 「それで... >>