Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼イルコモンズ作「自民党を呪う嵐のサックス」(2013年)
d0017381_12424617.jpg
[これまでのあらすじ]
 「特定ひみつ保護法」への抗議に対し、政権与党の幹事長がそれを「絶叫」や「テロ」と発言したことを知り、「なにを!それなら、」と「絶叫サックス」をつくってしまったイルコモンズ。今度は、首相が「嵐が過ぎ去った」と語ったことを知り、「おい、こら、おまえら、云うのは簡単だが、それをつくる側の身にもなってみろ」と憤慨しながら、仮にもし「嵐」の音を出せるサックスがあるとしたら、いったいどんなサックスなのだろうと考えはじめたが、思い浮かんだのは、下の画像だけだった。クリスマスイヴの朝、めずらしく早起きしたちびこもんずから「フフフッ、嵐はこれから」というプラカードをみせられ、「じゃ、やってみるか」と、「嵐のサックス」づくりがはじまった。

d0017381_12225064.jpg
 まず、上の写真に写っている謎の装置は、サックス、ではもちろんなくて、楽器でもなければ、ホーンですらない。なぜなら、「空中聴音機」だからで、これは音を発するものではなく、音を聴くものである。

【空中聴音機】(くうちゅうちょうおんき)
 「空中聴音機(サウンドロケーター/Sound Locator)は、空気中・水中・地中などの音波を聞き取る装置である。主に第一次世界大戦の中期から、第二次世界大戦の初期まで用いられた。これは航空機の位置を監視するための装置で、人間の目では捉えることのできない遠距離の航空機や、夜間や霧など視界が全く効かない状態など、目視によって航空機を特定できない状況下で使用された。ただし、目標が150m/s以上の速度になると精度が落ち、また風や大気の温度分布によっても誤差が生じる為に、レーダーが開発されるようになると、すぐに姿を消してしまった。」(「かつて戦時中に使用されていた、音波で対象物の位置を捕捉する「空中聴音機」の歴史」より)

 上の画像は1920年代にアメリカで使用されていた「2ホーン式聴音機」で、ホーンがふたつあるのは両耳できくためである。この装置の原型となったのは、これらしい。

d0017381_1223457.jpg
▼1880年 マイヤー教授によって発明された空中聴音機の元祖となるもの

 これは「サウンドアート」や「音響系」の歴史についての本にもよく載っている図で、未来派みたいなマッドサイエンスっぽくていい。

d0017381_1224611.jpg
▼1920年代 チェコの4ホーン聴音機
 メディアは「人間の能力の拡張である」といったのはマクルーハンだが、まさにこれは「鼓膜の拡張」である。

d0017381_12253610.jpg
▼1930年代 日本の聴音機
 一見すると、バズーカ砲みたいだが、よくみると、バリトンホルンやユーフォニウムみたいなかたちをしている。軍事オタクの自民党幹事長が見たら、よろこびそうだが、よろこばせたくないので、無視する。

d0017381_12255678.jpg
▼1898年 イギリスにて、REV JMベーコン教授による聴音機実験
 望遠鏡みたいなシンプルなつくりだが、台車で運べるポータブルでコンパクトなところがいい。これにしよう。資金も財力もない市民が、国家に対抗してつくれるものはこの程度のものだろうし、そもそも「空中聴音機」自体が、ろくに使い物にならなかった失敗した軍事プロジェクトなのだから、それをまねる必要はない。まねるものは、ほかにもある。まねるのはこれである。


▼Tibet: Tibetan Monks - Playing Long Horn - Longhorn

 チベタン・ホルンである。これでチューバと同じくらいの低音がでる。だが、おどろくのはまだはやい。


▼Brixham Tibetan Buddhist Monks

 低音が出るだけでなく、二人で吹くと、微妙な音程/周波数のちがいから生まれる独特のワウのかかった重低音のドローンが得られる。息継ぎのときにアクセントとしていれるブババババブリブリブリというバズ音もすばらしい。これだ、これしかない。時の政権を呪いたおし、政治を混乱させる嵐をよぶには、これしかない。亡びろ、自民党。

 問題はチベタン・ホルンをどうやって手に入れるかだが、さいわい家にはチベタンホルンが一本ある。2012年3月11日の「追悼と怒りのドラムデモ」のために手にいれて、改造したものがある。今度はこれを「嵐と呪い」に改造しなおせばいいわけである。

 もちろん、それは僧院で使われているホンモノではなく、観光用に作られた模造品なのだが、いくら模造品とはいえ、仏具をそんなことに使ってバチがあたらないだろうかと、一瞬思ったが(ナンシー関と同じで、自分も昭和生まれの田舎者なので、案外、迷信深い)、考えみれば、チベットの密教にはもともと呪術的な側面がある。ウソだと思うなら、これをよんでみるといい。

d0017381_1227578.jpg


▼正木晃
「性と呪殺の密教 
怪僧ドルジェタクの闇と光」
 「密教は性と呪力に満ちている。光と闇、二つの世界を具有することの豊穣と危険。チベット仏教史上、最強にして最凶、密教僧ドルジェタクの生涯を通じ、宗教が内包する超絶的エネルギーの核心に迫る。」
 「呪殺」に「怪僧」である。タイトルからしてすでにやばいが、中身もそうとうやばい。こうみえても人類学者(のなりそこね)なので、ブードゥーとか妖術とか加持祈祷に関して書かれた民族誌は結構よんできたが、この本が描きだす魑魅魍魎の跳梁跋扈する世界は、かなりやばい。詳細は省くが、これならチベタン・ホルンを自民党を呪うために転用してもバチはあたらないだろう結論した。それに日本の密教にだって「請雨法」という雨乞いの祈祷がある。

d0017381_1245590.jpg 「雨乞いの祈祷の実際は、13世紀に奈良西大寺の叡尊が写した「指図」によると、池の北側に修法壇をいくつかなかに設けた大きな仮屋を建て、13本からの幡を整然と立て、主尊として孔雀明王の図像が懸けられたことがわかる。13本の幡が立ち並ぶ様は余白にわざわざ拡大して描かれている。「四天王」と「八大龍王」(難陀・跋難陀・紗伽羅・和脩吉・徳叉迦・阿那達多・摩那須・優鉢羅)、または「四神」(青龍・白虎・朱雀・玄武)と「八大龍王」、それに本尊孔雀明王を表す幡ではなかったか。その仮屋の修法壇で、空海は自身で唐から請来した「請雨経法」を修したであろう。さらに『仁王経』やあるいは『雨宝陀羅尼経』(一巻、不空訳)も講じたであろう。後の『義経記』には「神泉苑の池にて仁王経を講じ奉らば、八大龍王も知見納受垂れ給う」とあると聞く。」(エンサイクロペディア空海「請雨法による密教祈祷」より)

 これをよむと、マジカル・ナンバーは「13」らしい、メモしておこう。というわけで、あとはつくるだけである。といっても、なんのことはない。チベタン・ホルンをチベタン・サックスにするには、マウスピースをサックスのものにとりかえればよい。

d0017381_12285077.jpg
▼ヤフオクで買ったときの状態(写真は出品者による)

 以前、チベットの鍛冶屋が、チベタン・ホルンをつくる映像をみたことがあるので、分解の仕方は分かっている。継ぎ目にはニカワのようなが使われているので、それを溶かしてはずせばいい。

d0017381_12291738.jpg
とかす。

d0017381_12293195.jpg
はずす。

d0017381_12294563.jpg
きる、けずる。

d0017381_1230168.jpg
みがく。

d0017381_12302759.jpg
アダプターをさし、コルクをまく。

d0017381_12301478.jpg
できた。

 改造していてはじめて気がついたのだが、金属製のものでも木製のものでも、チベタンホルンのベルの内側は赤く塗ってある。自分が持っているものは、手抜きなのかなんなのか分からないが、地金のままである。これはよくない。ベルの内側を赤く塗ることには、なにか意味があるに違いない(人間の口のなかを再現しているのかもしれない)。

d0017381_12305260.jpg
▼ふつうのチベタン・ホルン

 楽器ならともかくも、「呪具」として使うのだから、ここはゆるがせにできないところである。アフリカで弟子入りしていたシャーマンも、呪具で大事なのは色だといっていた。なので、ちゃんと塗装することにした。

d0017381_12311546.jpg
マスキングする。

d0017381_12313074.jpg
塗料は「アサヒペン」製ではなく、名前がいいので「神東塗料」製を選んだ。色はなるべく朱色に近いものがいいので「ライトスカーレット」にした。

d0017381_1232779.jpg
しあげる。できた。

さっそく吹いてみた。サックスのマウスピースを改造したユーフォニウムに挿して吹いたときの感じ(「怒りの重火器サックス」参照)に近いが、バズ音がいまひとつ足りないし、音色と音程のコントロールがききすぎるので、リードをプラスティック板でリードをつくることにした。

d0017381_12342569.jpg
きる。

d0017381_12344957.jpg
みがく。

d0017381_1235598.jpg
できた。

吹いてみたら、ブババババブリブリブリーっと、なかなかいい感じである。

ドローン音だけでなく、「プロフェッサー・ギルの笛」のように、相手の不完全な良心回路を狂わせるような暗い旋律も吹きたいので、音孔をあけることにした。

d0017381_12354070.jpg
あなをあける。これで基音のBナチュラルにくわえて、Cナチュラルも出るようになった。

d0017381_12355330.jpg
 仕上げにカラスの羽根や法具をとりつけ、嵐のようなサイクロン音がでるように、DCファンをお守り代わりにつけた。密教のマジカルナンバー13をどうとりこむかは、また考えよう。その前に、あともう一本をどうするかである。

d0017381_12362322.jpg
もう一本は、トロンボーンのベルとトランペットのベル管、トロンボーンのスライド管をつなぎあわせてつくることにした。

d0017381_12364994.jpg
管をつなぎあわせる。

d0017381_1237631.jpg
ロウ付けする。

d0017381_12373458.jpg
マウスピースをつける。

d0017381_12374882.jpg
持ったときに安定しないので、指かけをつけることにした

d0017381_123828.jpg
ゆびかけがついた

ということで、これが「自民党を呪うチベタンサックス」

d0017381_12383136.jpg
▼イルコモンズ作「自民党を呪うチベタン・サックス」(2013年)

こっちが自民党を呪うフランケン・サックス

d0017381_12384817.jpg
▼イルコモンズ作「自民党を呪うフランケン・サックス」(2013年)

この2本をセットにすると、

d0017381_12392647.jpg
▼イルコモンズ作「自民党を呪う嵐をよぶサックス」(2013年)

できあがり。

 ローランド・カークみたいに、両方のマウスピースをくわえて同時に吹いてみた。ブブブボォブブブウブブブブウっと、なかなかいい感じの音がする。残念ながらカークみたいに口が大きくないので、2本吹きだと音量がどうしても小さくなるし、バズ音も足りない。これをひとりで吹きこなすには練習が必要だが、ふたりいればいけそうだ。プラスティックのリードなので、サックスを吹いたことのない人でも音がだせるし、アンブシュアが安定してないほうが、よりきたない音がする。

 ということで、これでどうだい、ちびこもんず?(つづく)
[PR]
by illcommonz | 2013-12-24 12:53
<< ▼[ちびこもんず] しかえし ▼[ちびこもんず] 「嵐を、こ... >>