Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼小田マサノリ 集中講義「メディアと芸術」
d0017381_039538.jpg
▼小田マサノリ 集中講義「メディアと芸術」
[日時] 2014年2月6日~10日(5日間) 13:15-18:30(285分)
[場所] 大分・立命館アジア太平洋大学F106教室

[科目名] メディアと芸術
[担当教員名] 小田マサノリ
[履修の目安]
「この講義では、わたしたちの身のまわりにあるさまざまな「メディア」(「芸術」も「メディア」です)を、人間が造りだした「テクノロジー」としてとらえ、近代文明批評、メディア論、文化人類学、文芸批評、美術批評、文化研究、映像論、IT批評など、複数の学問領域にまたがるハイブリッドな視点から考えます。専門性にとらわれない、人間についての幅広い関心と興味を持った受講生の履修を望みます。

[授業のねらい]
「テクノロジー文明時代の黙示録」ともいえる「カッツィ」三部作を制作したゴドフリー・レジオは、「わたしたちはテクノロジーのなかに住んでいるのだ」といいます。実際、現代に生まれ、現代に生きている、わたしたちは、もはやテクノロジーなしに生きられないと考え、いまや「道具」ではなく「環境」となったテクノロジーのなかで人生を送り、その「進化」が人間の幸福をもたらすと考えています。しかし、ほんとうにそうでしょうか?「時代のアンテナ」である芸術家や思想家たちは、テクノロジーと人間の関係について敏感に反応し、多くの警句や表現を残してきました。とりわけ近代に、それまでになかった新しいテクノロジーが登場してきたとき、それ以前の社会や暮らしを記憶している彼/女らは、それによってどんな変化が起き、またどんな変化が起きるかを予見する文芸作品(ファンタジーや童話)や映画(アートフィルムやドキュメンタリーやSF)を残しました。また、テクノロジーがグローバル化する以前の、テクノロジーをもたない伝統的社会から語られるそれは、「もはやわたしたちが決して持ち得ない視点」(エーリッヒ・ショイルマン)から、私たちのテクノロジーとの関わりを相対化してみせてくれるものです。この講義では、近代から現代までの作家、芸術家、思想家たちの作品や思索をとりあげながら、私たちの生き方を問い直し、メディア/テクノロジーと人間との適正な関係について考えます。

[到達目標]
この講義が到達目標とするのは、メディア/テクノロジーを否定したり、あるいは、それが持っている「あやうさ」を警戒するあまり「テクノフォビア(テクノロジー嫌い)」になることではありません。過去から現在の多くの芸術や文芸作品、そしてそこにこめられた思索にふれることを通じて、個々のテクノロジーの発明とその普及によって「ひらかれるもの」や「失われるもの」「よみがえるもの」や「ひっくりかえるもの」(「授業方法」の項を参照してください)をみきわめ、「持続可能」で「共存可能」な適正なテクノロジーとはなにか(あるいは、どれか)を問う視点と感性を身につけ、実際の自分の生活のなかで、それを選びとり、あるいは、組み合わせてゆく実践的な態度、つまり「オルタナティヴなテクノ・リテラシー」の獲得を目標としています。

[授業方法]
「メディア論」の先駆であるマクルーハンの思索は、文化人類学者エドワード・ホールの次の考えを拡張したものです。「かつて人間が自分の身体を使って行っていたことのほとんどが、今日では「拡張活動」によって行われている。武器の進化は、こぶしと歯にはじまり、原子爆弾で終わる。メガネ、テレビ、電話、時空を超えて声を伝える書物などは、そうした物質的拡張の例である」。マクルーハンは「車輪は足の拡張であり、本は目の拡張であり、衣服は皮膚の拡張であり、電子回路は神経の拡張である」とし、メディア/テクノロジーが、人間の意識や感覚、そして社会のあり方さえを変えてしまうという点に注目しました。そして死後、エリック・マクルーハンとの共著として公刊された本では、「拡張」だけでなく、さまざまなメディア/テクノロジーが「強化させるもの」「衰退させるもの」「回復させるもの」「反転させるもの」に注目し、メディアの持つ特性を精査(プローブ)するための図式を編み出し、それを「テトラッド」と名づけました。

d0017381_0342652.jpg
○○を強化する/○○に反転にする/○○を回復させる/○○を衰退させる
【マクルーハンのテトラッド】

この講義では、さまざまな作家や芸術家、思想家たちの作品や思索にあたりながら、二〇世紀から現在までのメディアを、この図式にあてはめて、それが人間や社会に与えた変化について考えてゆきます。

d0017381_0352476.jpg
[授業でとりあげる予定の人名と事項]
ニコ・メレ
クリス・アンダーソン
ロビン・ダンバー
ダニエル・ライオンズ
ビル・マッキベン
ジョン・ペリー・バーロウ
カービー・ファーガソン
デヴィッド・ディヒーリ
カレル・チャペック
ヨゼフ・チャペック
ミヒャエル・エンデ
アンドレアス・ジョンセン
ヴァルター・ベンヤミン
エルンスト・シューマッハ
ルイス・マンフォード
アルタヴァスト・ペレシャン
モーリス・ルメートル
ギー・ドゥボール
010010111010110
エリック・マクルーハン
マーシャル・マクルーハン
クエンティン・フィオーレ
ウィリアム・モリス
デリック・ドゥ・ケルコフ
シャンカール
ムハトマ・ガンジー
インプローヴ・エヴリホェア
アントニオ・ネグリ
マイケル・ハート
ジャネル・ホフマン
チャールズ・チャップリン
ゴドフリー・レジオ
リチャード・セラ
ヨーゼフ・ボイス
ポール・ヴィリリオ
チャールズ・イームズ
レイ・イームズ
ジョシュア・メイロウィッツ
ウォルト・ディズニー
アベル・ガンス
ジョルジュ・メリエス
クリス・カニンガム
エドワード・ホール
エーリッヒ・ショイルマン
ジャミー・ユイス
アンドリュー・ニコル
スタンリー・キューブリック
アーサー・C・クラーク
リドリー・スコット
フランク・ヘルツ
エドワード・マイブリッジ
リュミエール兄弟
刀根康尚
宮崎駿
小沢健二
宮澤賢治
青木淳
岡本太郎
寺山修司
竹内好太
津田大介
三井秀樹
オーソン・ウェルズ
アルビン・トフラー
ナム・ジュン・パイク
マルセル・デュシシャン
オープンリール・アンサンブル
カールステン・ニコライ
ジャン・リュック・ゴダール
スタン・ブラッケージ
ペンドゥラム・クワイヤ
アダム・マイヤー
レニ・リーフェンシュテール
ザ・レジデンツ
クラフトワーク
アトミックサイト

------

テトラッド
ラディカル・コネクティヴィティ
メディアに繋ぎとめられた者
メディアはマッサージである
CMC(コンピュター・メディエイテッド・コミュニケーション)
MOOC
TED
AGK
金融テクノロジー
事故の博物館
EWASTE
ダンバー定数
デザイナーベイビー
VR(ヴァーチャル・リアリティ)
AR(オーグメンテッド・リアリティ)
CD-ROM
テクノフォビア
テクノフィル
ノモフォビア
テクノストレス
フランケンフード
グローバル・ヴィレッジ
サイバースペース独立宣言
グリッチ・ミュージック
サーキット・ベンディング
ロボット
スペクタクル社会
メディア社会
レプリカント
遺伝子差別
プロパガンダ映画
サブリミナル
フューチャーショック
グローバル・ヴィレッジ
ダイアルアップ接続
万国博覧会
携帯電話
スマートフォン
1984
グーグルグラス
グッドモーニング・ミスターオーウェル
フェイスブック
ツイッター
ソーシャルネットワーク
ICC
文化庁メディア芸術祭
山口情報芸術センター
ゼゼヒヒ
マニュファクチュアリング・コンセント
軍事ロボット
魔法使いの弟子
原っぱと遊園地

「民族学とは、未開社会という特殊な対象によって定義される専門職ではなく、いわば、ひとつのものの考え方であり、自分の(メディア)社会に対して距離をとるならば、私たちもまた自分の社会の民族学者になるのである」モーリス・メルロ=ポンティ (※( )内の語句は引用者による)
[PR]
by illcommonz | 2014-02-08 00:40
<< ▼「メディアと芸術」オンライン... ▼「NOddIN レイトショー... >>