Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼東京経済大学「身体表現ワークショップ音で遊ぶ アフリカ、オーストラリア起源の民族楽器3種」
d0017381_21553343.jpg
[必修楽器] 【カズー、ブブゼラ、ディジュリドゥ】

d0017381_22156100.jpg
【カズー】(Kazoo)
 「カズーは、膜鳴(まくめい)楽器の一種。アフリカ起源の楽器で、アフリカからの黒人奴隷によってアメリカ大陸にもたらされた。他の楽器に比べ非常に安価で、練習をほぼ必要としない手軽な楽器であり、特にジャグ・バンドやフォークの楽曲で使用される事が多い。管の一部に羊皮紙を張り、口に咥えながら声を発し、振動させて演奏する。発声によって音の高低を付ける事ができる。


▼エディ・トーマス&カール・スコット「トゥモロウ/マイオールドタイム」(1929年前後)


▼テンプルシティ・カズー・オーケストラ「カズゥストラはかく語りき」(1979年)


▼リア・チャペル&デヴィッド・ブルックス「歓喜の歌」(2008年)

「カズーを吹くように楽器を演奏できるようになるのが理想だと思う」
 (ロニー・スコット サックス奏者)

d0017381_2203251.jpg
【ブブゼラ】(Vuvuzela)
 「ブブゼラは、南アフリカの楽器で、ラッパの一種。バルブやトーンホールといった音階調整用の機構は持たず、管を巻かないストレート型の単純な構造を持つ。唇に当てて吹くだけで、霧笛(むてき)や象の鳴き声のような単調な、しかし非常に大きな音が出る。南アフリカの教会ナザレ・バプティスト・チャーチの創始者イザイヤ・シェンベ師が1910年頃にレイヨウの角を用いて開発したという説がある。サッカーの観客席で吹き鳴らされる多数のブブゼラの響きは、共鳴と共振により、虫の大群の羽音のような音をスタジアム全体に響かせる。


▼「南アフリカの伝統的ブブゼラ、クドゥ」(2011年)


▼「ザ・ブブゼラ」(2010年)


▼ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団「ブブゼラ・コンサート」

d0017381_2205411.jpg
【ディジュリドゥ】(Didgeridoo)
 「ディジュリドゥは、オーストラリアの先住民アボリジニの楽器。シロアリに食われて筒状になったユーカリの木から作られる。太さ、管の内径、長さなどは不定で、部族によって形状と音色は異なる。木製だが発音原理から木管ではなく金管楽器に分類される。管の一端に口を当て唇の振動を利用するもので、トロンボーン、チューバにも似ているが、その複雑な演奏方法は他に類を見ない。通常、循環呼吸が使われる。アボリジニは1000年以上も前にディジュリドゥを作ったとされ、世界最古の管楽器の一つではないかと言われる。アボリジニの間ではディジュリドゥは男性の楽器とされ、女性が演奏することはほとんどない。女性が吹くと妊娠するので吹いてはいけない。女性は触れてもいけないとする部族もある。


▼オーストラリア・アボリジニのディジュリドゥ


▼オンジェイ・スミカル「オートパイロット・ライヴ」(2008年)


▼アデレ&ザレム「ディジュリドゥ・デュエット」(2013年)

-------------------------
[実習]
d0017381_2263124.jpg
▼教材カズー、ブブゼラ、PVCデジュリドゥ

d0017381_2265538.jpg
▼教材カズー

--------------------------

[合奏曲] カズーで吹いてみよう、みんなで吹いてみよう、


▼渋さ知らズオーケストラ 「本多工務店のテーマ」


▼渋さ知らズオーケストラ 「ナーダム」

----------------------------
[応用] カズー・ブブゼラ・ディジュリドゥの改造

[初級]
d0017381_22112654.jpg
▼ホーン・カズー

[中級]
d0017381_22114641.jpg
▼マウスピース・カズー

d0017381_22121350.jpg
▼PVCパイプ・カズー

[上級]
d0017381_22123286.jpg
▼ガスマスク・カズー

[参考]

▼ナイトメア・カズー・マスク (2009年)

d0017381_22125525.jpg
▼PVCディジュリドゥ

d0017381_22131641.jpg
▼パンク・ギガ・ブブゼラ(左)

---------------------------------------
[関連]

▼シュドロフォン
 ホルンのような金管楽器の管の一部に絹膜を張った「膜鳴ユニット」をつけた吹奏楽器。膜の振動により、サックスに近い音色が得られる。20世紀の初頭に開発され、現在は、ほぼ絶滅。動画はレプリカ。日本で「武蔵野大学楽器博物館」に収蔵されている。


▼チベタン・ホルン
[PR]
by illcommonz | 2015-10-13 22:14
<< ▼中央大学「文化人類学B スウ... ▼東京経済大学「身体表現ワーク... >>