Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「ファシズムの吹き荒れる時代にあって自らの信念に基づいて強く生きる女性の姿」
d0017381_1610090.jpg
▼黒澤明監督「わが青春に悔なし」(1946年)
 「黒澤明監督の戦後最初の監督作品。ファシズムの吹き荒れる時代にあって自らの信念に基づいて強く生きる女性の姿を謳い上げたドラマ。原節子主演。」

 今年から非常勤講師として勤務している女子大には、映画を通じてさまざまな女性の生き方を提示する授業があり、その授業では、林芙美子の小説を映画化した成瀬巳喜男の映画(「めし」「放浪記」「浮雲」)がとりあげられている。いいセレクションだと思う。ウィキペディアは、成瀬映画について、こう解説している。

 「女性映画の名手として知られており、とくに高峰秀子とのコンビによって多数の作品を手がける。また小津映画によって神話化された原節子を『めし』『驟雨』で起用し、市井に生きる飾らない妻の姿を生き生きと演じさせた。」

 たしかに、そうだと思う。小津映画はサイレント期から晩年の作品までまんべんなく好きだが、小津が「紀子三部作(「東京物語」「晩春」「麦秋」)」で原節子に演じさせた、あの窮屈な女性像をいいと思ったことは一度もない(それと、あの「永遠の処女」という窮屈な呼び方もきらいである)。それよりも成瀬の「めし」や、黒澤の「わが青春に悔なし」で原節子が演じた女性像のほうが好きだし、案外、原節子自身もそうだったのではないだろうか。


▼「原節子に悔なし」

 「たたかいが終わり、文化の自由な活動がゆるされるようになった最近になって、私は私の職業に生きることがいちばんぴったりしていることを感じるようになった。それは、女というものの解放される世界の到来を前にして、目隠しされたものがとりはずされたような、広々とした世界の風光を身近に感じ、そこから女優として無限の希望を持つことがゆるされたようなよろこびが、私に職業への自信をもたせたのかもしれない」(「原節子の回想」)


▼原節子と高峰秀子

 ちなみに自分は、むかしから高峰秀子がすきで、大学の授業では「良妻賢母」とはいえないオルタナティヴな「女子映画」として、「ひなぎく」「地下鉄のザジ」「アメリ」をとりあげている。


▼高峰秀子

-----------------------
「小津ファンの誰をも魅了=原節子さん死去で英紙追悼」
 「女優の原節子さんの死去を受けて英紙ガーディアン(電子版)は25日、小津安二郎監督の作品における原さんの役割の重要性を強調する映画評論家ロナルド・バーガン氏による追悼記事を掲載した。記事は「小津安二郎の映画に親しむ者は誰もが原節子に魅了されるだろう」と書き出し、小津作品の豊富なユーモアや感情、心理的・社会的洞察などは、原さんの「誤解されかねないほど似通った役柄の中で表現される」と指摘した。また、原さんの「輝くような笑顔は多様な感情を伝達する」とし、それは時に純粋な愛の表れであったり苦悩を隠そうとするものであったりすると論じた。 」(時事通信 2015年11月26日)
[PR]
by illcommonz | 2015-11-29 16:13
<< ▼水木しげる「人生を、いじくり... ▼ジョアン・ステファール「死を... >>