Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼【閲覧注意】パソコンが壊れた時にみても何の役にも立たない、うまくいってない修理のはなし
d0017381_18144794.jpg
 11年間、使ってきたIBMのノートパソコンが壊れた。もともと「ユーザーが自分で、分解と交換ができる」という、ただその一点を理由に選んで買ったものだ。実際これまで、自分でキーボードを交換し、ディスプレイを交換し、内蔵バッテリーを交換し、CPUファンを交換し、電源アダプターを交換し、メモリをめいっぱい増設して使い続けてきた、が、ついにここにきて、ハードディスクが壊れた。とはいえ、それはよくあることで、これまで11年間、一度も壊れなかったことの方がかえってめずらしいくらいだ。OSはウインドーズXPとウブントゥ8.04をデュアルブート方式で使っている。上の画像は、ウブントゥが起動に失敗したときに出るエラーメッセージで、これはよくあるエラーメッセージだが、しばらくすると、このエラーメッセージの文字が急に崩壊して、下の画像のような状態になる。

d0017381_1815746.jpg
 文字化けよりもさらにひどい、めったにみれない怪異現象なので、いつもこのパソコンを使って授業をしている大学の講義で、「これがパソコンの暗黒面ですよ。」と学生たちに見せてまわった。ひととおり見せ終わったので、週末に自分で修理してみることにした。まずは、ウブントゥのLIVECDを使って、ノートパソコンのなかにあるデータをとりだすことにした。といっても、たいした量ではない。はなからパソコンを信用してないので、大事なデータは外付けのハードディスクに保存してある。起動こそしないが、データはすんなりとりだせたので、たいした問題でもなさそうである。あとは、リカバリーディスクでシステムを再インストールすればいいだろうくらいに思って、「レスキュー&リカバリー」のディスクを使ってみたが、途中で「ボリュームが壊れている可能性がある」というメッセージがでて、リカバリーができなかった。

STOP: 0x0000007B (parameter1, 0x00000000, 0x00000000, 0x00000000)

 このエラーメッセージが正しければ、ボリュームビットマップが壊れている。エラーコード解析のサイトにそう書いてあったので、そうなのだろう。だとすれば、これはちょっとやっかいである。壊れた箇所を修復しないと、再インストールもできない。しかたないので、ヤフオクで、プロダクトキーのない(つまりインストールできない)ウインドーズXPのインストールディスクを150円で手にいれ、その「回復コンソール」を利用して「CHKDSK /R(ディスクの点検と修復)」コマンドを実行してみることにした。ところが、「ボリュームに回復できない問題が一つ以上あります」とメッセージがでるだけで、ぜんぜん回復できない。これじゃぜんぜん「回復コンソール」じゃない、といってもしかたない、そういうものだ。

d0017381_1823258.jpg
 ともかく、いろいろコマンドをためしてみた(ひさしぶりにDOSコマンドを使って、それはそれでおもしろかった)、その結果、MBR(マスターブートレコードが)が「壊れている可能性がある」らしいことがわかった。いや、可能性ではなく、ほんとに壊れているのだろう。しかし、よりにもよって、そこか、と思う。しかたなく、回復も修復もあきらめ、ハードディスクを初期化してしまうことにした。長年使ってきたハードディスクに、そっと手をあわせ、成仏と輪廻転生を祈願した後、「FORMAT」コマンドを実行する。

d0017381_18153318.jpg
 「データは全部失われます。フォーマットを続行しますか?」ときいてくる。「失われます」というところが、なかなか文学的である。こたえは、もちろん「はい。」である。これで全部のデータもろとも問題も消えるだろう、と思っていたが、まったく初期化できてなかった。初期化は100%終了しました、といってたのに、どうやらウインドーズがウソをついたらしい。

d0017381_181706.jpg
 これで仏心が消え、心が鬼になった。米国国防総省が推奨するレベルまで徹底的にハードディスクを完全初期化することができるという恐怖のフリーソフト、その名も「デストロイ」を使うことにする。ところが、である。このデストロイでさえも、「ディスク上でいくつものエラーに遭遇した」というメッセージが出て、初期化ができない。つまり、デストロイでさえもデストロイできないくらいハードディスクに致命的な損傷があるということがわかった。はじめにデータがとりだせたので、すっかりあまくみていた。ついにこうなると、あとはもう、ドリルしかないか、と思ったが、考えてみれば、別にやましいデータがあるわけではないので、ハードディスクの初期化もあきらめ、ふつうにパソコンからハードディスクをとりだして、まるごと交換することにした。ただ問題は、製造から10年以上たっているので、ヤフオクにも、もう純正のハードディスクがないことである。純正だけでなく、サードパーティー製のハードディスクもみあたらない。しかたないので、このさいSSDに置き換えてみることにするか、とも思ったが、実はまだやってない。なぜなら、いまのウチにはそんな余裕がないからだ。こわれたからといって、右から左に、新しいものを買えるような経済状態ではないのだ。そう、だから、もしあなたが、このエントリーをみても、ここから学べることはなにもない。というのも、たいていこうした記事は、あれをこうして、これを買って、こうしたらうまくいった、というサクセスストーリーが多い。いろいろ苦労はあっても、最後はたいていハッピーエンドである。だが、今回のように、すべてがうまくいかないことだってある。方法はあるが、お金がないことだってある。なので、こういう、なにをやってもうまくいかない失敗のストーリーとハッピーではない結末のはなしがあってもいいはずだと思って、これを書いた。だから、このはなしは、ここで、おしまいである。

d0017381_1823228.jpg
いま、こんな状態。

 でも、あきらめたわけではない。まだまだ使える、と思ってる。しかし、それはまだ、今ではない。



---------------------------------
[追記]

 それから数週間後 http://illcomm.exblog.jp/23877424/







[PR]
by illcommonz | 2016-11-05 18:24
<< ▼トム・ヘイデン(1939-2... ▼オール・ウィー・ニード・イズ... >>