Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼ハレルヤ、レナード

▼レナード・コーエン「ハレルヤ」(2008年版)

 トム・ウェイツとレナード・コーエンとボブ・ディラン、このうち誰がいちばん最初に天に召されるのだろう、とかねがね思っていたが、レナード・コーエンだった。たぶん理由は、神をたたえる、こんなよい曲を書いていまったからだろう。あるいは、エリザベス・ギルバートが紹介していたトム・ウェイツのはなしがほんとうなら、そのせいかもしれない。

 「みなさんも経験があると思いますが、アイデアというのはどこからともな降りてくるんです。これにとり乱すことなく、正気をたもちながら、どう対処してらよいのでしょう。現代におけるその対処法の手本となるのは、ミュージシャンのトム・ウェイツです。数年前、彼と雑誌の取材で、この話をしました。彼の人生は、典型的な、苦悩する現代作家でした。彼は自分の手に負えない創作の衝動をコントロールしようと苦心していました。彼の内面から湧きあがる衝動をです。そんな彼も歳をとって、ずいぶん穏やかになりました。ところが、ある日、ロスの高速道路を走っていた時、すべてが一変しました。車を飛ばしていたら、突然、頭に曲の断片が聴こえてきたのです。それは、とらえがたく、もどかしいひらめきとして。これはたまりません。まさに待ち望んでいたすばらしい瞬間なのに、紙と鉛筆がないんです。テープレコーダーもありません。彼はあわてました。「いま、これを逃したら、俺は一生後悔するだろう。しかし俺にはムリだ。俺じゃダメだ」と思って、彼は車をとめ、思いがけない行動にでました。彼は空を見あげながら、こういったそうです。「なぁ、あんた、俺が運転してるのが分からないのかね。いまここで曲が書けるとでもいうのかね。もし曲を書かせたいんだったら出直してきてくれ、ちゃんと相手ができるときにな。そうでなきゃ、ほかをあたってくれ、たとえば、レナード・コーエンはどうかね?」(エリザベス・ギルバート)

 このときトム・ウェイツがうけとるはずだった天の思し召しを、コーエンがうけとってしまったせいで、順番がくりあがってしまい、先に天に召されてしまったのかもしれない。そういうものだ。

「レナード・コーエンさん死去 世界的シンガー」
「世界的な人気シンガー・ソングライターのレナード・コーエンさんが死去した。82歳だった。10日、コーエンさんの公式フェイスブックが発表した。死因は明らかにしていない。コーエンさんはカナダ生まれ。「ハレルヤ」や「さよならマリアンヌ」などの代表曲があり、渋いしゃがれ声で世界中のファンを魅了した。詩人・小説家としても知られる。自己の内面などを歌い上げ、「ノーベル文学賞にふさわしい歌詞を書くミュージシャン」と評価する声もある。」(2016年11月11日 朝日新聞)

 もしこの論評がただしいのなら、レナード・コーエンがとるはずだったかもしれないノーベル文学賞をとってしまったボブ・ディランのことが心配である。

----------------------------------------
[追記1]
 レナード・コーエンの「ハレルヤ」は数えきれないくらい、たくさんカバーされていて、名演も多いのだが、カバーでは、フォーク・パルチザンの「瓶のなかの球体」に収録されてたイマイ・アキブのこのヴァージョンがすきだ。


▼イマイ・アキノブ&エミ・グランド「ハレルヤ」(LIVE音源)

 「ハレルヤ」というリフ以外の歌詞は、オリジナルとはまったく別ものだが、そこがいい。特に「はしたないことばが、まるで花のようだろう、うたは聖なるこわれもの」という一節がとてもいい。ちなみに、オリジナルの歌詞では、こんなふうに歌いはじめられる。

 「かつてダヴィデ王が神をよろこばせるのに使った聖なるコード進行があったと聞いている。でも、ほんとうは、音楽なんてどうでもいいんだろう、なぁ? まぁ、いいさ、ともかくそれは、こう進んでいく。4から5へ、そしてマイナーでさげて、メジャーであげる。途方にくれる王がいまハレルヤを書いている。ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤと。」

----------------------------------------
[追記2]



 「コーエンの死を経て間もない11月12日、コメディ番組「サタデーナイト・ライヴ」で、「ハレルヤ」が、また流れた。ジェフ・バックリーが割愛した最終ヴァースが、ここでは最も印象的だった。

ベストは尽くしたけれど
大したことはできなかった
感じることができないから
せめて触れようとした
真実はすべて語った
たぶらかすためにここに来たわけじゃない
すべては失敗に終わったけれど
歌の王の前に立って
いま口をついて出るのは
ハレルヤばかり

 ヒラリー・クリントンに扮したエミー賞受賞のコメディエンヌ、ケイト・マキノンは、不世出の詩人レナード・コーエンの死を悼むとともに、トランプとの対決で討ち死にしたヒラリーを、うっすら目に涙を浮かべながら弔ったのだった。」

 「曲が使われるのは嬉しいよ、もちろん。考えてみれば、一度はボツになったアルバムの作品だからね、いってみれば復讐を果たしたみたいな気持ちがないわけではない。でもついこないだ、『ハレルヤ』が劇中で流れる『ウォッチメン』っていう映画のユーザーレヴューを読んでいたら、あるユーザーが、『いい加減、テレビや映画で「ハレルヤ」を使うのに禁止令出してくんないかな』と書き込んでたんだ。まったく同感だね。いい曲だとは思う。けれどもみんなが歌いすぎだ。」(故レナード・コーエン)






[PR]
by illcommonz | 2016-11-11 13:49
<< ▼米国大統領選挙の文化人類学 ... ▼[リクエスト曲] 「神よ、女... >>