Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼ポーズ、リラックス、シンク。
d0017381_10294174.jpg
「おわったところからはじめよう」(マイケル・ムーア Twitter 2016年11月9日)

 マイケル・ムーアには、大統領選の結果ははじめからみえていたようだし、その展開は、ジョセフ・ヒースが二年前に書いていたとおりだった。

 「アメリカ右派は、昔からそれなりにクレイジーな連中をかばってきた。特に銃マニアや宗教的保守派をかばってきた。だが近年はそこに、ティーパーティー運動をはじめ、進化論も地球温暖化も信じないし、ほかの多くのことも疑ってかかる、なにからなにまで科学否定派までが加わった。アメリカ人がふと気づいたとき、その政治システムは、保守かリベラルかではなく、クレイジーか、クレイジーではないかに分かれていた。しかもクレイジーのほうが優勢にみえた。アメリカがどうもまずいことになっていると大衆が意識しだしたのは、コメディアンのスティーヴ・コルベアが「真実っぽさ」ということばを広めた年だった。このことばは、政治家が合理性や証拠、さらには事実にもとづいた議論よりも、むやみに感情やカンに訴えかけてきている現状を評したものだった。感情はいまや客観的真理に勝利したのだ。たとえば、2012年の共和党大統領予備選挙では、議論と論争がどんどん現実から遊離して、ほとんどこの世のものとは思えない様相を呈した。もちろん政治的に優位に立つためにウソをつくのは大昔からあることだ。変わったのは、かつて政治家はそれがバレるのを恐れていたこと。たとえ厳密には真実でなくても、せめて本当らしく聞こえることを思いつかないといけない。ところが、政治家はついに気づいてしまった。ひたすら同じことをくりかえしていけば、それが真実であろうがなかろうが、大衆は信じるようになるのだ。そのため多くの政治家は、真実を語るふりをすることすらやめてしまった。選挙戦は、人々の頭ではなく、心に訴えることで決するのだ。頭よりも胸のうちに訴えることは、ラジオのトークショーはもちろん、テレビの受けもいい。真実などというものはなく、あるのは真実っぽさばかりだ。しかしこの環境は、わたしたちが生み出したものだ。いまどきの選挙がむきだしの感情への訴えで決するものであるとして、それは私たちが下した決定の結果だということだ。この世界は私たちが築いてきたものであり、その責任を引き受けなければならない。そしてこれは変化を求めて然るべき世界である。正気をとりもどす。さて、どうやってそれに取り組むのか。」(ジョセフ・ヒース 2014年)

 正気をとりもどすこと。今回の選挙には間に合わなかったが、今からでもぜんぜん遅くはない。マイケルムーアがいうように、はじめるには、今が絶好のスタート地点だ。それは日本も同じ、世界も同じ。感情に流されず、一息ついて、よく考えてみる。

d0017381_10295668.jpg
 さしあたりまずは、イグレシアスのこのことばから学べることを、よく考えてみたい。

 「僕のDNAには敗北が染みついている。(中略) 左派の人間は概ねそうだろう。(中略)勝つためには、我々は左翼であることを宗教にするのをやめなければいけない。左翼とは、ピープルのツールであることだ。左翼はピープルにならなければならない。左翼は庶民に語りかけていない。ワーキングクラスの人々を異星人のように扱っている。為政者は僕たちがわけのわからない言葉を話す少数派のままでいることを望んでいるのだから、それでは彼らの思う壺だ。」(パブロ・イグレシアス)

ブレイディみかこ「勝てる左派」と「勝てない左派」より










[PR]
by illcommonz | 2016-11-15 10:30
<< ▼チョムスキーが語る「ドナルド... ▼米国大統領選挙の文化人類学 ... >>