Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼【閲覧注意】パソコンが壊れた時にみても何の役にも立たない、うまくいってない修理のはなし2
d0017381_21292448.jpg
以下は、11月に書いた「うまくいってない修理」のはなしのつづきである。

▼「パソコンが壊れた時にみても何の役にも立たない、うまくいってない修理のはなし」
http://illcomm.exblog.jp/23598027/

 ということで、ノートパソコンのハードディスクがこわれた。11年も使ってきたものなので、もう純正のハードディスクは販売されてないし、ヤフオクにもない。サードパーティー製のハードディスクもない。しかたないので、ハードディスクの交換はあきらめて、SSDに置き換えてみることにしたが、家庭の事情で、モノがこわれたからといって右から左にすぐ買えるような余裕はないので、しばらく我慢することにした。そのあいだに、古いThinkPadのハードディスクをSSDに交換するのに必要なものを調べてみたた。ThinkPadは、IDEという古いタイプのスロットを採用しているので、それをSATAタイプのスロットに変換するアダプターが必要らしい。そうしているうちに、デザインの内職で臨時収入がはいったので、それでSSDを買うことにした。

d0017381_21301988.jpg
 全部で6,000円くらいした。月収12万ちょっとの身には決してばかにならない出費である。それはともかく、なるほど、これがSSDか。11年前はこんなものはなかった。要するに、USBメモリのようなものらしい。HDよりも高速で、HDのように突然クラッシュしたりしないという。こわれにくくて長持ちするのがいちばんである。ということでまず、別のPCを使ってSSDを初期化する(この作業にUSB接続のHDDケースが必要になる)。ウィンドウズの「マイコンピュータ」の「フォーマット」を使ってSDDを初期化する。初期化できたら、SDDに「SATA→IDE接続アダプタ」を挿して、本体内部のHDDスロットに挿す。むかしのThinkPadは、ユーザーが自分で分解して部品を交換できる設計になっているので(いまはちがうらしい)、こういう作業が簡単で、とてもいい。ふつうのドライバーでできるし、ネジの位置などを記したマニュアルも公開されている。自分がThinkPadを使う理由はそれで、これまでにCPUファンとディスプレイとキーボードとメモリを交換したことがある。

d0017381_417285.gif
▼分解するときにはずすネジとその位置の図
d0017381_4292068.gif
▼CPUファンのとりはずし方の図
d0017381_4305497.jpg
▼キーボードのはずし方と配線の図

 ということで、分解したパソコンを組みなおして、再起動するとSDDが認識された。よし、うまくいった。

 あとは、このまっさらなSSDに、リカバリーディスクを使ってウインドーズXPを再インストールすればOKなのだが、なぜか、できない。インストールの途中で必ずフリーズする。何度やってもフリーズする。本来なら簡単にできるはずのことができない。できるはずのことができないときは、ネットでいろいろ調べても原因がわからないことが多い。ディスクをクリーニングしたり、レンズのほこりをとったりするが、できない。いろいろやって、万策尽きた(ウインドーズにも愛想が尽きた)ので、これを機に、ウインドーズを使うのはやめて、Ubuntu専用マシンにすることにした。そのほうが気分がいい。ところが、ネットで調べてみると、二つの問題が浮上した。

 ①CPU問題
 ②アップデート終了問題

 である。まず、CPU問題とはこういうことである。

 (Ubuntuを古いパソコンで使うときに)「問題になるのは、大昔のCPUと昔の一部のCPUで、それらにはPAEは搭載されていません。一番問題になるのは、多分、ノートPC用に大量に出回っている「Pentium M」でしょう。10年くらい前のWindowsXP時代のノートPCはそれに該当します。」「PAE非搭載CPUで使えるLinux 」より)

 はい、ずばり該当します、PAE搭載されてません。

 「intel inside」とか「インテル入ってる」のCMの頃のノートパソコンは全滅じゃないのかな」(同上)

 はい、インテル入ってます、全滅です。

d0017381_213287.jpg
「何が問題かというとメジャーな最新OSが使えないと言うことです。「Pentium M」なんてほんとうに、細々と隅の方で「働かさせてらってます...」みたいな気弱で謙虚そうなCPUを葬り去ることはないと思うんだけどね。」(同上)

 これが、その「気弱で謙虚そうなCPU」である。

d0017381_2132268.jpg
 今でこそ気弱で謙虚そうにみえるが、ペンティアムは「目玉焼きが焼けるようになったCPU」(アンサイクロペディア)と評されるほどの発熱量で知られる、ヒートアップしやすいCPUだった。その伝統を受け継ぐPentium Mは、アンサイクロペディアでは、こう評されている。

【Pentium M】
 「Prescottの発熱量に絶望したイスラエルの開発チームがホッカイロ向けにアーキテクチャを刷新した。発熱量は、吹き付け式こたつ程度まで抑えられている。Coreシリーズの前身。誤って購入してしまったエスキモーがあいついで凍死した。」(アンサイクロペディア)

 「吹き付け式こたつ」って何だろう、と思ったので、調べてみたら、こういうものらしい。

d0017381_2133415.jpg
 たしかに、エアコンもこたつもない家で、冬にパソコンを打つとき、凍えた指先をあたためるのに重宝している。いや、それはともかく、こまった。思えば、Ubuntuを最初にインストールしたのは今から9年も前で、当時のヴァージョンは7だった。

d0017381_21335398.jpg
 その当時のUbuntuは、写真のようにCD-ROMで頒布されていた。Ubuntuのサイトからネットで申しこむと、海外から無料でCD-ROMが郵送されてきていた。そのときはまだ日本語化されてなかったので、英語版をそのまま使っていた。その英語版のオマケについてきたステッカーが一枚残っているが、写真のとおり、カビがはえて、裏の糊も乾いてしまっているのでもうシールにならない。

d0017381_21341044.jpg
 一方、OSのヴァージョンは16まで進化し、進化したことで、上記のふたつの問題が発生した。簡単にいえば、自分のPCのCPUがあまりに古すぎて、新しいUbuntuが使えず、もし仮に古いヴァージョンをインストールできたとしても、アップデートができないという問題である(アップロードできないと、なぜ困るかはまたいずれ)。そのむかし、Ubuntu といえば、最新のウインドーズが重すぎて使い勝手がわるくなった老朽マシンでもちゃんと使える、つまり、古くなったパソコンをよみがえらせることができるということが魅力だったのだが、

d0017381_3371154.jpg
 いまやそのUbuntuでさえ使えないほど、自分のPCが古くなってしまっていたのである。「ITは18ヶ月ごとに性能が2倍になる」という「ムーアの法則」からすると、この8年のあいだに世の中のITは、2倍の2倍の2倍の2倍の2倍に性能がアップしていることになり、そうやって世の中が進化していった分だけ、自分のPCはものすごい勢いで退化し、すっかり時代遅れになってしまっていたというわけである。HDは交換できても、さすがにCPUを交換するスキルはないので、万事休すである。

 ということで今回も、もしあなたが、このエントリーをみても、ここから学べることはなにもない。というのも、たいていこうした記事は、あれをこうして、これを買って、こうしたらうまくいった、というサクセスストーリーが多い。いろいろ苦労はあっても、最後はたいていハッピーエンドである。だが今回のように、思いがけないことでつまづくことだってあるのだから、世の中にはこういうハッピーエンドではないはなしがあってもいいはずだと思って、これを書いた。だから、このはなしもここで、おしまいである。 (でも、まだあきらめてない







[PR]
by illcommonz | 2017-02-26 01:04
<< ▼【閲覧注意】パソコンが壊れた... ▼「現代美術用語辞典」より、【... >>