Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼【警告】 夜遅くなるとイルコモンズがやってきて、愛をかたる
d0017381_2352924.jpg
ゴダールの「アワーミュージック」のアンコール上映と「愛の世紀」のリバイバル
上映にあわせ、3月の末に、青山の「シアター・イメージ・フォーラム」で演った、
イルコモンズ・レイト・トークショー「<一>なる国家と歴史の孤独に抗する
<二>であることの愛とそのはじまり」
の講演ログが、レイトショーの名に
ふさわしく、めいっぱい遅れて(しかも真夜中に)、ようやく、プレノンアッシュ社
さんのゴダール・サイトにアップされましたのでお知らせします。

簡単に紹介すると、これは、ゴダールの映画について、青山真治、浅田彰、
菊地成孔、黒沢清、中原昌也、蓮実重彦、J.M.フロドンほか(あいうえお順、
敬省略)とつづいてきた「爆裂対談」の最終回で、先日発売された「アワー
ミュージック」のDVDブックレットに収録されてないWEB限定の講演録です。

話は、人類学にしろ美術にしろ映画にしろ、二〇世紀のあらゆるものに対し、
すでに/いつも後から遅れてやってくるイルコモンズらしく、すでになされた
先人たちの仕事や評論に対する「追記」のようなものになっています。

d0017381_241418.jpg特に今回は、イルコモンズに
最初に「洋画」のたのしみを
教えてくれた「映画の父」
(というか祖父)にあたる、
すでに今は亡き(late)、
故・淀川長治への、これまた
遅れてきたオマージュから
はじまります。

d0017381_3551634.gifみどころは、「え、こんなことしていいんだ、
へぇ、こんなことしても、大丈夫なんだ、
なぁんだ、そうなんだ...」と、イルコモンズ
自身おどろいたくらい、あれやこれや・
いろいろ・たくさんの、ゴダール映画も
含めたいろんな映画や絵画や記録写真を
勝手にカットアップしてこしらえた
「講演用図録」です。

ということでまずは、この場をかり、今回、気前よく図版の使用許可を
与えてくださった関係各方面(プレノンアッシュ、ハピネット・ピクチャーズ、
アイ・ヴィー・シー、筑摩書房、ジェネオン・エンタテインメント、紀伊国屋書店、
その他たくさん)さんと、その交渉をしてくださったプレノンアッシュ社のみなさん、
会場を提供してくれたイメージフォーラムのみなさんに、まとめて感謝します。
どうもありがとうございました。では、以上、各社の提供で、どうか最後まで
ごゆっくり、おたのしみください。では、後でまたおあいしましょうね。

d0017381_2545226.jpgイルコモンズ・レイト・トークショー(feat. さかいれいしう)
「<一>なる国家と歴史の孤独に抗する
<二>であることの愛とそのはじまり」
のはじまりはじまり...

----------------------------------------------------------------------
[追追記] このレクチャーでひとつ云いおとしたことがあるので、忘れないように、
ここに書き加えておきます。それは何かというと、「共謀罪」というのは、僕らが
誰かと共に〈二〉であろうとすることをさまたげようとする、愛なき法律だということ
です。なんという名前の法律かは忘れましたが、フランスでも「よその国からきた
人間を家に泊めてはいけない」という外国人排外主義的な法案が国民党党首の
ルペン(フランスの石原慎太郎みたいな政治家)によって提出されたことがあり、
それが今どうなってるのか、ちょっと分からないのですが、たぶんそういった
フランスの政治状況も、このところのゴダールの新たなレジスタンス映画の
背景にあるような気がしてます。
[PR]
by illcommonz | 2006-06-22 02:47
<< ▼人類学が科学のふりをした詩の... ▼パスワードなら、ありません。 >>