Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼いつか、偏見の、彼方に
d0017381_0215489.jpgいる誰かに届くと信じてましたが、
ようやく届いたようで、ほっとしました。
すでにご存知の方もいらっしゃると
思いますが、レバノン戦争の時に、
イルコモンズがYouTubeにアップした
キース・ジャレットの「虹の彼方に」と
ベイルート市街の空爆映像のマッシュ
アップムービー「SOMEDAY OVER
THE WINDOW」
について、今から
一月ほど前に、このムービーに対する
最初のコメントとして、こういうコメントが
つきました。

「ジャレットの音楽を、テロリストであるアラブの大儀のために誤用するなんて、
よくもまぁ、そんなことができたもんだ。お前はきっと告発されるだろう」
(How dare you misappropriate jarrett's music to support your
terrorist/arab cause. You should be sued.)

いうまでもなく、エドワード・サイードが「オリエンタリズム」という概念で徹底的に
批判したのが、この「テロリスト」と「アラブ(人)」を同一視してしまう偏見に満ちた
まなざしとその暴力であり、むしろ、こうした偏見の方こそ告発されるべきものじゃ
ないのかしらんと思ったのですが、それに真正面から反論するより、こういう偏見
が現実に存在するというナマナマしい事実(そしてこの偏見がブッシュやブレア
たちがいう「テロとの戦争」を後押ししている)を、YouTubeのようなパブリックな
場でしっかり共有することの方がいいように思ったので、あえて反論せず、削除も
せず、このコメントをくれた人物にはわるいけど、応答せず、ずっと放置してました。
そうしたのは、YouTubeは、オープンな発言の場なので、いつか、この偏見の
向こう側にいる誰かが、イルコモンズの代わりに、何か云ってくれるはずだという
期待があったからで、告発されるなら告発されてもいいという気持ちで待機して
ましたが、ついに昨日、イルコモンズの代わりに、応答してくれる人物が相次いで
現われ、救われた気分になりました

「君みたいに、せまい心と偏った考えを持った人が、よくもまぁ、ジャレットの音楽を
きけるものだね」
How Dare someone narrow minded and brainwashed asyou
even listen to Jarretts music.

「すばらしい、なんという愛と悲劇... よくできてる。私はキース・ジャレットの音楽の
ファンで、70年代からずっと演奏してる。テロリストだとかアラブだとか、せまい心
だとか偏った考えだとか、そんなことじゃないんだよ、これは。」
Great! Lovely and tragic . . well done. I've been a fan of KJ's
music and playing since the 70's. terrorist/arab/narrowminded
/brainwashed it is not.

そう、そういうことじゃないんです、これは。これが何なのかはイルコモンズにだって、
わかりません。うつくしいのかおぞましいのか、リアリズムなのかファンタジーなのか、
人道的なのか残酷なのか、レクイエムなのかプロパガンダなのか、よくわかりません。
わからないけど、ほとんど偶然にできてしまったこの映像と音楽には、人の心を
揺さぶる「何か」があるのを感じ、それは、文化や言語や世代や国家を越えて
共有可能なものだと思ったし、そうあってほしいと思ったからこそ、批判や反論や
違和感はあるとしても、いつか必ずそれを飛び越えて、その彼方にいる誰かに届く
はずだと思って YouTube にアップしました。ものごとの見方が偏ってるという点
ではイルコモンズも相当に偏ってます(だからこそ「イル」コモンズなわけです)。
またイルコモンズはポストモダンの教育をうけた世代なので、つくった人間が
そのつくったものについて一番ただしく理解しているとも思ってません。つくった
当人だからこそ分からない盲点があると思ってます(というより、これは偶然
みつけた二つの映像と音を組み合わせたら勝手にできてきたもので、自分
たちがつくったとすら思ってません)。だからこそ、いろんなコメントや応答の中で、
これが何なのかを誰かがいずれ教えてくれるだろうと思ってアップしました。
そしてそのコレスポンダンスは、カビの生えたような古臭いオリエンタリズムの
議論などからはじめたくなかったし、さらに云えば、キース・ジャレットの音楽の
話にもしたくなかった。なにより、いちばん届けたい相手は、レバノン人であり、
イスラエル人でした。ただ、これができてきた時、なぜか直感的に、これは
「エコーグラフィー」だと思ったので、エコーのように後からすこし遅れて残響が
かえってくると思ってました。そのエコーのひとつが、ようやく遅れて返ってきて、
素直にうれしいと思いました。よかった、、、、

-----------------------------------------------------------------------------
[追記1] 同じく「HUM BOMB」の方にもちらほらコメントがついてきました。

[追記2] 「レバノン南部から完全撤退 衝突再燃も」
イスラエル軍は1日、レバノン南部に駐留していた地上部隊数十人が撤退し、レバノン
紛争の制圧地域からの完全撤退を終えたと発表した。ただ、イスラム教シーア派民兵
組織ヒズボラが拉致したイスラエル兵2人の解放やヒズボラの武装解除など、停戦
条件としてイスラエルが掲げた要求は依然実現しておらず、衝突再燃の火種を残した
ままの撤退となった。今回の紛争はヒズボラによるイスラエル兵拉致(7月12日)に
端を発し、レバノン側に約1200人、イスラエル側に約160人の犠牲者を出して82年
のイスラエルによるレバノン侵攻以降、最悪の衝突に発展した。国連安保理決議に
基づき8月14日に停戦が発効。イスラエルは(1)ヒズボラが拉致した兵士の解放
(2)ヒズボラの武装解除(3)レバノン、シリア国境への国連軍の配置などを求めて
きたが、いずれも実現の見通しは立っていない。(毎日新聞 10月1日)
[PR]
by illcommonz | 2006-10-02 01:40
<< ▼1597年のラテン・グラフィティ ▼死体置き場で眠り、軍鶏の肉を食らう >>