Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼[告知]イルコモンズ・アカデミー・サイコ(キャン)パス篇
d0017381_0392619.jpgイルコモンズ・トラベリング・アカデミー
トーキョー・サイコ(キャン)パス篇
2006年10月14日(土)13:00-19:00
東京大学工学部2号館93B-1 
参加無料・資格不問 *給食あり(献立未定)

中央大学の人気講義「文化人類学解放講座」の
番外編として、06年春に東京大学で連続五回
行われた「イルコモンズ・アカデミー」が、その後、
「イルコモンズ・トラベリング・アカデミー」となって
日本各地を巡回。福岡、大阪、名古屋、京都での
ツアーを経て、東京に帰還。元・現代美術家で、
民族誌家のイルコモンズが独自にセ/コレクトした
ヴィデオ・クリップやドキュメント・ムービーをみて、
グローバリズムの世界に対抗して、いま、僕たちに
できそうなことを、考えてみます。

[過去のアカデミーの記録] 中央大学篇|東京大学篇|福岡篇|大阪、名古屋篇|京都篇|
[イルコモンズアカデミー受講者の声] 大阪教育大学

「ボンベイTV」 1チャンネル提供 「魅惑のイルコモンズアカデミー」★
「ボンベイTV」 2チャンネル提供 「イルコモンズアカデミー校歌」
..............................................................................................

d0017381_1235812.jpg
【今回のアカデミー開催の経緯】
トリプルAの大学でウルトルCのアカデミー開催
イルコモンズ提供「ヒッチコック劇場・サイコ(キャン)パス」

【今回のアカデミーの内容】

d0017381_110176.jpg
[題名]「ザ・コーポレーション」
[原作] ジェエル・ベイカン
[監督] ジェニファー・アボット&マーク・アクバー
[出演] マイケル・ムーア、ナオミ・クライン、
    ヴァンダナ・シヴァ、ノーム・チョムスキー
    チャールズ・カーナガンほか
2005年カナダ・アカデミー最優秀ドキュメンタリー賞

今回のアカデミーでは、まずはじめに「ザ・コーポレーション」を観ます。この作品には
イルコモンズ・アカデミーではおなじみのマイケル・ムーアの「THE BIG ONE」の
有名なラスト・シーンが登場するほか、「ミッキーマウス、ハイチへ行く」のチャールズ・
カーナハンも登場し、世界のスウェット・ショップ(搾取工場)の実態にせまります。

次に、前回の京都のイルコモンズ・トラベリング・アカデミーで、この映画をみると、
「人は非常に疲れるらしい」ということが分かったので、元気をとりもどすために、
MGM制作のポリティカル&ファンタジーな青春学園(紛争)ドラマをみます。

これはアメリカン・ニューシネマの傑作の一つで、イルコモンズと同世代の昭和生まれの
人ならたいてい見たことがあるでしょうし、また映画は見たことがなくても、荒井由美が
歌詞を書いた歌で、そのタイトルは知ってるはずです。しかし、今ごろどうしてそんな
アナクロな映画を、と思う方もいらっしゃるでしょうが、意外にも、イルコモンズより下の
世代にはこの映画があまり知られておらず、DVD化もされてないことがわかったので、
覆面上映することにしました。「小さな恋のメロディ」と同様、CSN&Yの歌が効果的に
フューチャーされているほか、「平和を我らに」の正しい歌い方などを学ぶことができ
ます。またパフィ・セント・メリーが歌う主題歌は大学のキャンパスによく似合います。

d0017381_1145857.jpg[題名] (        )
[原作] ジェームズ・クーネン
[監督] スチュアート・ハグマン
[音楽] CSN&Y「ヘルプレス」「アワ・ハウス」
ニール・ヤング「ダウン・バイ・ザ・リヴァー」「ザ・ローナー」
プラスティック・オノ・バンド「ギブ・ピース・ア・チャンス」
バフィー・セント・メリー「サークル・ゲーム」

この後、この映画のモデルになった1968年のコロンビア大学での出来事について
弾丸映画制作集団「ニューズリール」が制作した実録ドキュメント「コロンビア動乱」
(1968年)をみながら、ゆっくり時間をかけて、みんなで給食をたべます。給食当番は
「抵抗食の会」とイウラチサさんにお願いしました。このイルコモンズ・アカデミーの
給食については、また後日、お知らせします。

d0017381_116942.jpg
[制作] ニューズリール
[題名]「コロンビア動乱 Columbia Revolt」
(邦題1:ストライキ!ストライキ!ストライキ!)
(邦題2:コロンビア大学叛乱)
B&W 50分 パブリックドメインフィルム


映画をみて元気になり、ごはんを食べておなかがふくれたら、最後に、次回の
イルコモンズ・アカデミーの予告篇として、WTO関連の映画の予告篇やビデオ
クリップをいくつかみて、終わりです。

d0017381_120296.jpg「WTOの隠された真実
(The Truth behind the WTO)」

制作協力:Charles Battrick,
Ben Nugent,Chris Franck,
Suicide Speedboats
カラー 4分37秒
[PR]
by illcommonz | 2006-10-05 01:21
<< ▼抵抗の給食 ▼サイコなのはイルコモンズでした >>