Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼うたにとっての幸せ
d0017381_0393428.jpg
いま・そこで凹んで、泣いてる人がいたので、
「あ、そうだ、こういう時は、あのうたを...」と思い、
YouTube にアップされていたそのうたのPVに
アクセスしようとしたら、リンクが遮断されてました。
9月の初めにつくった「にっぽんのうた・心のうた」
半分近くがすでに壊滅状態です。

ラジオ深夜便番組表/ 歌謡スター・思い出のヒット

木村小坂森田武川忌野森山遠藤坊主小沢甲本佐藤
中島中村鈴木坂本中川曽我部奥田ここたま忌野

YouTubeに削除要請をした営利企業や圧力団体が云うことはどうせ決まってるので、
それについては断固、以下省略。それよりも考えてほしいのは (と100回云っても、
考えたりしないだろうが)、そもそも、うたは何のためにあるんだってことで、うたは、
人が悲しい気分になって落ちこんだり凹んだり挫けたときに、その気分をかえさせ、
もちあげ、すくいあげることができるように、誰かが誰かのためにこしらえたもので、
うたはそれが人前でうたわれた瞬間から、誰のものでもない共有物になり、いつ、
誰がどこでうたっても・きいてもいいはずのものなのに、ヨーロッパの歴史のどこかで、
うたが誰かの所有物として囲い込まれ、商品化されてしまったばっかりに、すっかり
そのことが見失われ忘れさられている。見失ったことさえ見失われ、忘れたことさえ
忘れられてしまってる。いま・そこで、そのうたが必要とされてるときに、そのうたの
使用権だとか著作権だとかにそれを邪魔されるのはばかげてるし、なによりそれは
うたにとって不幸なことだ。うたをただ売買してるだけの人間はそんなこと考えたり
しないだろうが、うたにとっての幸せとはなんだろう。それは売れることではなく、
時代と言語と土地を超えて、ひとりでも多くの人間にうたわれ、ひとりでも多くの
人間にきかれ、ひとりでも多くの人間の心を動かすことのはずだ。それがうたに
とっての幸福であるはずだ。うたのつくり手が本当に音楽を愛しているのなら、
自分の幸せと同じくらい、うたの幸せというものを考えてほしい。自分が愛している
音楽と、自分がつくった「うたにとっての幸福とはなにか」ということを考えてみて
ほしい。音楽にとっての幸せな生涯というものを想像してみてほしい。本当に
音楽とうたを愛しているなら、その愛するものにとっての幸福を考えることは
決してむずかしくないはずだ。うたを商品として売買するしか能のない、音楽に
たかることしか頭にない連中には全くちんぷんかんな話だろうが、うたのつくり手
ならばわかってくれるはずだ。音楽やうたを不幸にしているこの囲い込みを
うちこわすには、まず、つくり手の意識が変わらないことには、なにもはじまらない。
この話をするときりがないし、いまはそれどころではないので、以下省略で、
勝手に断言する。著作権は「音楽にとってのしあわせ」をそこなうものであり、
ばかげた権利の囲い込みから解放されない限り、音楽に本当の幸せはない。
WE LOVE MUSIC ゆえに、うたに幸あれ、音楽に幸多かれ、と誰が想わざる。

ということで、PVが消されたので、かわりに、そのうたの歌詞を書きます。
ひどくうろおぼえの上に、いいうたをきくと、すぐ替え歌にしてしまうクセが
あるので、オリジナルとはちがってるかもしれませんが、こんな歌詞です。

FIGHT、たたかうきみのうたを、たたかわぬ者たち笑うだろう。
FIGHT、たたかうきみのことを、たたかわぬな者たちが嫌うだろう。
FIGHT、たたかうきみのこえに、たたかう者たちが泣くだろう。
つめたい水のなかを、うたいながら、のぼってゆけ。


いま・そこで泣いてるのは、ネットのむこうがわにいて、実は会ったことも
なければ、話したこともない人ですが、それでも、FIGHT。
--------------------------------------------------------------------------
[追記1] 「蛇の道はヘビ、ジャーの道はレゲエ」、そして、「モグラの巣穴より、
蛇の関節はもっとフレキシブルにできている」(by ドゥルーズ)ということで、
消されたPVを別のところから見つけてきました。
http://www.youtube.com/watch?v=zcP43FbzwDE

今度はちゃんとデータを保存したので、もしまたこれが消されたら、そのときは、
イルコモンズがアップします。生きてると何があるかわからないので、こういう
うたは、いつでもすぐ聞けるようにしておかないとね。

[追記2] 憂歌団の「パチンコ」と、ブルーハーツの「ヒロシマコンサート」、
ムーンライダーズの「ニットキャップマン」がどうしても見つからない。
いちばん残念なのは、ゴダイゴ feat.夏目雅子の編集モノ、あれ、
すごくよくできてたのに、もったいないなぁ。。。。
[PR]
by illcommonz | 2006-10-19 02:18
<< ▼「内閣を倒した無学文盲の三人... ▼女房一揆 >>