Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼さわってみてごらん、アナーキーだよ
d0017381_20551686.jpg
さっき、以文社さんから、もうじき本屋にならぶ、
グレーバーの本の見本が届きました(これが
今回のシンポジウムの報酬、現物支給です)。

デヴィッド・グレーバー
「アナーキスト人類学のための断章」
[訳] 高祖岩三郎 [装丁] 前田晃信
以文社 ¥2,200

写真ではわからないと思いますが、とてもよい装丁です。
元・イルドーザーの前田(晃信)くんの仕事で、現物を、
直接、手にとってみると、それがわかります。というより、
「直接、手にとる」というダイレクト・アクション(直接行動)をおこさないと、分からない、
そういうつくりになっていて、ダイレクト・アクションの重要性を説いた本に相応しい、
装丁になってます。カヴァー写真は、翻訳者兼デザイナーの高祖さん自らがこれまた、
デモの現場で撮ったもので、「写真の粒子の粗さは、その政治性に比例する」という
原則にしたがってフォトレタッチしてあり、その粒子の粗さと表紙の紙質が見事に
フィットしてます。それもさることながら、驚いたのは、帯の紙質で、鹿の子編みを
もっと細かくしたような紙でヤスリを思わせる紙です。これはかつて、紙やすりを
本の表紙にした(そうすると、となりに置いた本が擦れて痛み、本を持つ手も痛む)
ドゥボールの逸話が下敷きになっているのだと思います。このドゥボールの紙やすりの
カバーの話は割と有名な話なので、ブックデザイナーはみんなやりたがるのですが、
流通その他の「大人の事情」で、やりたくてもなかなかやれないものだったので、
「マエキン、よくやった、いいぞ、もっとやれ!」と感激しました。ほかにも、裏表紙の
商品バーコードのまわりは、読み取りエラーを避けるために(でも本当はそんなに
エラーは起こらないのに、大手の書店や取次ぎ店が嫌がるので)白ヌキにするの
ですが、そこにも表紙と同じ透明度の着色がほどこしてあって、これまた、「いいぞ、
もっとやれ!」と狂喜してしまいました。こういうのは、よっぽど気骨のある編集者が
いないとできないことなので、以文社は結構いい出版社なのかもしれぬと思いました。
タイトルの文字も小さくてスマートだし、ここも白ヌキになっていません。ふつうは、
本を売るために、タイトルはできるだけ大きく目立つようにというのが常識なのに、
まるでその常識に反旗をひるがえしてみせているようで、とてもいいです。こういう
攻めの仕事なら、それこそ現物支給でもいいので、請け負ってみたいくらいです。
あと肝心の本の内容についていえば、日本版のために特別に書き下ろされた
かなり長めの「自叙伝的序文」がついていて、これが滅法おもしろい、というか、
ちょっと泣けました。レヴィ=ストロースの「悲しき熱帯」という本に「いかにして
人は民族学者になるか」という章がありますが、これは「いかにして民族学者は
アナーキストになるか」という感じの告白になっていて、かなりぐっときます。
文化人類学者になりそこねたイルコモンズだけに、胸に迫るものがあります。
文化人類学専攻の大学生と院生はぜひ読んでみるといいと思います、というか、
読みたまえ。急いで、いま、すぐに。
[PR]
by illcommonz | 2006-10-27 22:01
<< ▼また失くした、なにを? ▼こどもは大人のまねをするように >>