Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼また失くした、なにを?
d0017381_0493611.jpg切符を、電車の切符を。

おととい中央線で失くしたばっかりなのに
今日は電車を3回乗り継ぐあいだに2回
つづけて失くした。総武線と丸の内線で。
子供の時からよく切符は失くしてきたけど、
最近は特ににひどい。手品のように切符が消えて失くなる。そしていつもそうだが、
後から出てくることもない。一体どこに消えるだろう。切符がきらいなのか?謎だ。。。
どうしてこんなに見事に切符を失くせるのか、一度、失くすところを見てみたい。
-----------------------------------------------------------------
[追記] 切符の話とは関係ないけど、愛国から出発して幸福へたどりつく電車は
ないと思う。愛国(心)と幸福(感)はつながってないと思う。国を愛しても、それで
ひとが幸福になれるとは思えない。せいぜいのところ愛国(心)につながってるのは、
安心(感)くらいのもので、安心と幸福は似てるようで違う。国がどんなに美しく、
立派になっても、それで自分が幸福になれるという気はまったくしない。自分が
住んでる町がどんなに華やかで大きくなっても、自分の幸せとはなーんの関係も
ないのと同じこと。国が栄えたからといって、かなわぬ恋が実るわけでもなし、
人生の難題が解けるわけでもなし、家庭が円満になるわけでもなし、失くした
切符がもどってくるわけでもなし。それよりはむしろ、国を愛せといわれ、つい
うっかりその気になったばっかりに、失われてしまった個人の幸福の方が
どれほど多かったことか。
[PR]
by illcommonz | 2006-10-28 01:07
<< ▼(仮) ▼さわってみてごらん、アナーキーだよ >>