Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「文化人類学解放講座」後期講義便覧
[学習目標] YouTubeでグローバリゼーションの「表と裏」(夢と悪夢)をみる

d0016471_959175.jpg[ラウンド0]
WTOの誕生とグローバリズムの大号令(1995年)
▼マイクロソフト社
スタート・ミー・アップ(95年)
▼チャールズ・バトリックほか
「WTOの隠された真実」(06年)

[ラウンド1]
スウェットショップの年(1995-6年)
~新たな帝国と奴隷制の復活
▼マイケル・ムーア
 「ザ・ビッグワン」(98年)
▼チャールズ・カーナハン
 「ミッキーマウス、ハイチへ行く」(96年)

[ラウンド2]
ブランドの表と裏~スウェットショップの実態
▼ナイキ社 「ナイキCM」
▼クレジットなし 「ナイキAD」
▼クレジットなし
 「搾取工場労働」
▼カリン・マック
 「中国のディズニー」(05年)
▼H&Cフィルム
 「スウェットショップとは?」
▼スウェットショップ・ユニオン
 「THE THING ABOUT IT」(03年)
▼デイヴィッド・ウィリアムズ
 「ユニオンバスターズ」(05年)
▼JTH feat.レベッカ・ワースレイ
 「消費されるもの」(06年)
▼クレジットなし
 「バークレー大学の裸の抗議デモ」

[ラウンド3]
コーポレーションという名のサイコパス
▼マーク・アクバー&ジェニファー・アボット
 「ザ・コーポレーション」(04年)

[ラウンド4]
世界の一大変動を映像体験する
新たなテクノロジーの発明は
新たな事故と災難の発明である。
▼ゴドフリー・レジオ
「コヤニスカッティ~バランスの壊れた世界」(83年)
「ポワカッテイ~シフトする南半球の世界」(88年)
「ナコイカッティ~戦場としての生命」(03年)
▼ヴェルナー・ヘルツォーク
「緑のアリが夢見るところ」(84年)
「失われた一万年」(02年)

[ラウンド5]
我・買うゆえに我あり
~ショッピングの時代に生まれ、
消費文化のなかで生きる
▼ゼネラル・モータース社
「夢をデザインする」(56年)
▼ウゴ・グレゴレッティ
「にわとり」(63年)

d0016471_9504514.jpg▼アドバスターズ
「不買日」(02年)
▼ホイールマート
「ホイールマート~儀礼的抵抗」(03年)

[ラウンド6]
映画は予告し、告発する
▼リチャード・リンクレーター
 「ファーストフード・ネーション・予告編」(06年)
▼ロバート・グリーンウォルド
 「ウォールマート・予告篇」(05年)
▼ブルックリン・ビッグマン
 「スターバックスに告ぐ」
▼フーベルト・ザウパー
 「ダーウィンの悪夢・予告編」(05年)
▼ステファニー・ブラック
 「ジャマイカ 楽園の真実・予告編」
▼アレックス・ギブニー
 「エンロン・予告篇」(05年)
▼デイビス・グッゲンハイム
 「不都合な真実・予告篇」(06年)

[ラウンド7]
抵抗の風は南から吹いてくる
▼セヴァン・カリス=スズキ
 「1992年リオの地球環境サミットでのスピーチ」(92年)
▼ビッグノイズ・フィルム
 「キロメートル・ゼロ」(03年)
▼ジル・フライドバーグ
 「花崗岩の大地」(05年)

[ラウンド8]
世界は目をさました
▼アタリ・ティーンエイジ・ライオット
 「レイジ・アゲインスト・WTO」(99年)
▼インディメディアほか
 「N30シアトル1999」
▼トム・ヘイデン
 「ニュージェネレーション・オブ・アクティヴィスト」(99年)

[ラウンド9]
もうひとつの世界はすでに/いつも可能だ
~ギフトエコノミーとスローライフ
▼J・T・S・ムーア
 「レボリューションOS」(01年)
▼ジャミー・ユイス
 「神様たちは頭が変になったにちがいない」(81年)
▼ディヴッド・マクドゥガル
 「男たちの木の下で」(73年)
▼市岡康子
 「クラ・西太平洋の遠洋航海者」(71年)
▼マイケル・ベルソン
 「クラ・島々をめぐる神秘の輪」(91年)
▼ナポレオン・シャノン
 「デデヘーワの庭そうじ」(74年)

.................................................................
[推薦図書]
▽ナオミ・クライン「ブランドなんかいらない」はまの出版
▽ジョエル・ベイカン 「ザ・コーポレーション」ハヤカワ書房
▽ジョゼ・ボヴェ「地球は売り物じゃない」紀伊国屋書店
▽カレ・ラースン「さよなら、消費社会」大月書店
▽マイケル・ムーア「アホの壁 in USA」柏書房
▽デヴィッド・グレーバー「アナーキスト人類学のための断章」以文社
▽エリック・シュローサー「ファーストフードが世界を食いつくす」草思社
▽ポール・キングスノース「ひとつのNO!たくさんのYES」河出書房新社

............................................................................................................
d0016471_1059732.jpg[関連サイト]
アドバスターズ
NLC
クリーンクロス・キャンペーン
レイバー・ビハインド・ザ・レーベル

[参照資料]
スウェットショップ(Wikipedia)
東京都最低賃金(06年度)
ハイチのディズニー地獄

[キーワード] グローバリゼーション、ネオリベラリズム、資本主義、スウェットショップ、
搾取の科学、民営化の罠、新たな帝国、新たな奴隷制、自由貿易ゾーン、WTO、IMF、
世界銀行、シアトルの反乱、第四世界の労働、サパティスタ、ユニオンバスター、
最低賃金、フェアトレード、ギフトエコノミー、カルチャージャミング、コモンズ、
冷たい社会/熱すぎる社会、もうひとつの世界は可能だ、予見的知性、
[PR]
by illcommonz | 2006-11-10 11:46
<< ▼ティーチ・オール・チルドレン ▼私たちは「ショッピングの時代... >>