Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼教育基本法の応用法
d0017381_2251232.jpg「教育基本法 改正案を
衆院特別委が可決 与党単独で」

教育基本法改正案は15日夕、衆院教育
基本法特別委員会で自民、公明両党が
与党単独の採決に踏み切り、民主、共産、
社民、国民新の野党4党が欠席したまま
賛成多数で可決された。与党は改正案を
16日午後の衆院本会議で与党単独で
可決、参院に送付する構えだ。野党は
採決に激しく反発しており、今後、衆参
両院ですべての国会審議を拒否し対抗
することにしており、与野党の対立が一気に
強まっている。改正案は政府が今年4月に
国会に提出。愛国心をめぐる表現について
「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんで
きた我が国と郷土を愛する」と明記している。
今国会で成立すれば、47年の教育基本法
制定以来、初の改正となる。民主党は対案
を提出しているが、この日の特別委で採決
されなかった(毎日新聞11月15日)

「教育の根本にまでさかのぼった改革」なんていってるけど、そんなの、うそうそ。
単に「教育勅語」の時代にさかのぼりたい、「あの日にかえりたい」という老いたる
長老たちのノスタルジーなんだろうと思う。あとは「愛国心」ということばに国家の
ブランド力を与えたいと思ってるロビー集団のゴリ押しなんだろうと思う。要するに
誰も「教育」のことなんて考えちゃいないと思う。ま、どのみち、何かをやろうとする
人間にとっては、基本なんてのは、のぼった後に投げ捨てるはしごのようなもの。
だから、せいぜい好きなようにすればいい。基本なんかくれてやる。いつまでも、
それにしがみついて、そのままうしろにひっくりかえればいい。あくまで、基本より
応用が大事。これが大事、これが鉄則。

ところで、この「レトロ教育基本法」が、改訂後も依拠するという「個人の尊厳」や
「人格の完成」「平和的な国家および社会の形成者」というフレーズを見てたら、
なぜだか、このヴィデオをおもいだした。

d0017381_2222131.jpgNHK「のど自慢」(feat.ドラびでお)

このNHKの「のど自慢」が"基本"で、
ドラびでおのプレイが"応用"だと思う。
応用が大事。大事なことは二度言う。
応用が大事。応用がすべて。"基本"は
絵に描いたどら焼き。食ったらたちまち
腹をこわす。

「生まれた時に決定されたもの?そんなの踏みつぶしてやったわよ」(りりこ)
岡崎京子「ヘルタスケルター」より

そうそう、"基本"はよく踏みつぶして、その上に"応用"の金字塔をたてればよい。
参院?衆院?それがどうした。学校が戦場だ。
--------------------------------------------------------
[追記] 実にまっとうな感想だと思う。
           ↓
田口ランディ公式ブログ「教育基本法の改正」
[PR]
by illcommonz | 2006-11-18 22:26
<< ▼国会スタジアム法案 (乱筆乱... ▼クリエイティヴコモンズ人類学者 >>