Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼イルコモンズ・トラベリング・アカデミー 続・京都篇
d0017381_7552553.jpgイルコモンズ・トラベリング・アカデミー 続・京都篇
平成18年12月2日土曜日
午後1時ヨリ午後7時頃マデ
龍谷大学 瀬田キャンパス4号館201教室

中央大学の人気講義「文化人類学解放講座」の
「番外編」として東京大学で連続五回おこなわれ、
現在二期目にはいった「イルコモンズアカデミー」が
「トラベリング・アカデミー」となって日本各地
(福岡・大阪・名古屋・京都・東京)を巡回中。
今回は、この夏、京都で開催したアカデミーの
「続編」を特別開催。未公開の最新教材を
初公開する他、元・現代美術家で民族誌家の
イルコモンズがセレクトしたヴィデオやドキュ
メントムービーを、もう一度、みながら、いま、
ぼくたちに、できそうなことを考えてみます。

○ギフトアカデミー形式 ○参加自由/参加無料 ○受講資格一切不問

【注意】
今回は、給食はありませんが、お弁当の持ち込みはOKです。
おやつを持ってきたら、全部没収して、みんなで分け合います。

--------------------------------------------------------------------------------
[イルコモンズ・アカデミーへの行き方] もう一度、大きなJR京都駅から琵琶湖線の普通の電車にのる。湖西線にはやっぱり、のらない。たいへん間違いやすいので、もう一度、要注意が必ず必要。まちがえずに正しい電車に乗った者たちは、もう一度、問答無用で、滋賀方面に連れてゆかれる。京都アカデミーが、もう一度、京都であると思ったら大間違いである。泣いても叫んでも無駄である。たいていは、もう一度、米原行きか野洲行きである。こわい。こわいが二〇分後には瀬田駅が、もう一度、近づいてくる。迷わず、もう一度、途中下車する。ここで降りないと、もう一度、その先に連れてゆかれる。駅前にはやっぱり、運転手つきのバスがいる。名前は帝産バスである。帝産バスである。もう一度、よくみてもやっぱり、帝産バスなのである。帝産バスなので、金曜日には、12時4分・・・12時19分・・・12時34分になったら容赦なく発車するが、土曜日は話が別で、金曜の時刻表は無効である。週末には体制がかわるのだ。いずれにせよ、これに乗せてもらえなかった者たちは、もう一度、遅刻する者たちである。となりの滋賀県立美術館は、かつてイサム・ノグチであったが、それもいまは昔の話、つわものどものゆめのあとである。栄枯盛衰は世の必定。亡き児の齢をさめざめと指折り数えているひまはない。バスは10分以内に、もう一度、キャンパスにつっこむ。中央の噴水が、「またきたか」と、もう一度、水しぶきを噴水してくれる。その向こうに象徴的な一号館がまた存在する。一度目ほど、象徴的ではないが、象徴であることにはかわりがない。象徴とはそんなものである。一号館の右側に、もう一度、抜け道が用意されているので、そこを無言で突き進むと運命の十字路がある。ジャジャーーン。いうまでもないが、二度目のジャジャ-ンなので、迫力はない。歴史的な反復劇の運命として、もはや喜劇的ですらある。しかし、もし三度目のチャンスがあれば、そのときはもっと寸劇的になるはずである。そこを右方向に、ゆるやかに、かつ、慎重に、もう一度、カーブすると(図では③⑮のあいだ)、そこが四号館です。毎度のことながら、気の荒いキャンパス・マップもありますので、どうぞご自由にお使い下さい。なお、学術食堂の営業は午後2時5分前にオーダーストップですが、毎週、土曜日は労働者のしあわせのために48時間の時限ストを決行しています。初心者といえどノーサポート・ノーマ・ジーン・ノーリターンですので要注意。結論として、一度行けたからといって、次も行けるとは限りません。行く川の流れは絶えずして、よどみに浮かぶうたかたの夢に、夢よもう一度、バブルよもう一度、といっても、聞く耳もたぬのが、京都の怪僧・耳なし芳一ですので、重ねて厳重注意を呼びかけます。(以上、元・イルコモンズ・アカデミー京都担当者「小林将太郎」の懐かしい情報をもとに続・イルコモンズが旧イルコモンズに無断で再校正)
[PR]
by illcommonz | 2006-12-01 07:57
<< ▼あかない踏切はないが、 ▼ビッグヒットの年 >>